(ベータ) Airship Attributes 宛先

重要

Adobe Experience Platformの Airship Attributes 目的地は現在ベータ段階です。 ドキュメントと機能は変更される場合があります。

概要

Airship は、顧客関与プラットフォームをリードし、顧客のライフサイクルのあらゆる段階で、意味のあるパーソナライズされたチャネルのメッセージをユーザに届けるのに役立ちます。

この統合は、ターゲティングまたはトリガーのた Airship めに、Adobeプロファイルデータを 属性 としてに渡します。

詳しくは、 Airship航空船ドキュメント を参照してください

ヒント

このドキュメントページはチー Airship ムが作成したページです。 お問い合わせや更新のご依頼は、 support.airship.comから直接お問い合わせください

前提条件

オーディエンスセグメントをに送信する前に、次の操作を行う Airship必要があります。

  • プロジ Airship ェクトで属性を有効にします。
  • 認証用のベアラートークンを生成します。
ヒント

まだアカウントを作成していない場合は、 Airship こ のサインアップリンクを使用してアカウントを作成します

属性を有効にする

Adobe Experience Platformプロファイルの属性は Airship 属性に似ており、このページで後述するマッピングツールを使用して、プラットフォームで相互に容易にマッピングできます。

Airship プロジェクトには、定義済みの属性とデフォルトの属性がいくつかあります。 カスタム属性がある場合は、最初に定義する必要があり Airship ます。 詳細は、「属性 の設定と管理 」を参照してください。

ベアラートークン

設定 」に移動し、 Airshipダッシュボード の「APIs & Integrations」に移動し、左側のメニューで「 Tokens」を選択します。

「トークン を作成」をクリックします。

トークンにわかりやすい名前(例:「Adobe属性の保存先」)を指定し、ロールに「すべてのアクセス」を選択します。

「トークン の作成 」をクリックし、詳細を機密情報として保存します。

使用例

To help you better understand how and when you should use the Airship Attributes destination, here are sample use cases that Adobe Experience Platform customers can solve by using this destination.

使用例1

Adobe Experience Platform内で収集されたプロファイルデータを活用して、チャネル内のメッセージやリッチコンテンツをパーソナライズ Airshipできます。 例えば、 Experience Platform プロファイルデータを利用して、内で場所属性を設定し Airshipます。 これにより、ホテルのブランドで各ユーザーの最も近いホテルの場所の画像を表示できます。

使用例2

Adobe Experience Platformの属性を活用して、 Airship プロファイルをさらに豊富にし、SDKや Airship 予測データと組み合わせます。 例えば、ある小売業者は忠誠度のステータスと場所のデータ(プラットフォームの属性)を持つセグメントを作成し、高ターゲットのメッセージを、ネバダ州ラスベガスに住む金忠誠度のユーザーに送信するためにデータを変換すると予測できます。 Airship

Connect to Airship Attributes

Destinations / Catalog」で、「 Mobile Engagement 」カテゴリまでスクロールします。 を選択 Airship Attributes​し、「 設定」を選択します。

メモ

この宛先との接続が既に存在する場合は、宛先カードに 「アクティブ化 」ボタンが表示されます。 「 アクティブ化 」と「 設定」の違いについて詳しくは、表示先ワークスペースのドキュメントの「 カタログ 」セクションを参照してください。

Airship属性に接続

In the Account step, if you had previously set up a connection to your Airship Attributes destination, select Existing Account and select your existing connection. Or, you can select New Account to set up a new connection to Airship Attributes. 「宛先 に接続 」を選択し、 Airship ダッシュボードから生成したベアラトークンを使用して、Adobe Experience Platformを Airship プロジェクトに接続します。

メモ

Adobe Experience Platform supports credentials validation in the authentication process and displays an error message if you input incorrect credentials to your Airship account. このため、間違った資格情報を使用すると、ワークフローを完了することができません。

Airship属性に接続

Once your credentials are confirmed and Adobe Experience Platform is connected to your Airship project, you can select Next to proceed to the Setup step.

In the Authentication step, enter a Name and a Description for your activation flow.

また、この手順では、米国またはEUのデータセンターを選択し、この宛先に適用する Airship データセンターに応じて選択できます。 最後に、データをエクスポート先にエクスポートする1つ以上のマーケティングの使用例を選択します。 Adobe定義のマーケティングの使用例から選択するか、独自の使用例を作成することができます。 マーケティングの使用例の詳細については、Real-time CDP (リアルタイムCDP)ページの「 Data Governance(データ・ガバナンス)」を参照してください。 個々のAdobe定義マーケティングの使用例について詳しくは、 データ使用ポリシーの概要を参照してください

Select Create Destination after you have filled in the fields above.

Airship属性に接続

これで宛先が作成されました。後でセグメントをアクティブにする場合は、「保存して終了」を選択します。また、「次へ」を選択してワークフローを続行し、アクティブ化するセグメントを選択することもできます。In either case, see the next section, Activate segments, for the rest of the workflow.

セグメントのアクティブ化

セグメントをアクティブ化するに Airship Attributesは、次の手順に従います。

宛先/参照​で、セグメントをアクティブ化する宛先を選択します。Airship Attributes

活性化流

宛先の名前をクリックします。これにより、「アクティブ化」のフローに移動します。

宛先に対するアクティベーションフローが既に存在する場合は、その宛先に現在送信されているセグメントを確認できます。右側のパネルで「アクティベーションの編集」を選択し、以下の手順に従ってアクティベーションの詳細を変更します。

活性化流

Select Activate. In the Activate destination workflow, on the Select Segments page, select which segments to send to Airship Attributes.

segments-to-destination

マッピング 手順でXDM スキーマから、宛先スキーマにマップする属性とIDを選択します。 ​新しいマッピングを追加選択してスキーマを参照し、対応するターゲットIDにマッピングします。

IDマッピング初期画面

Airship 属性は、デバイスインスタンスを表すチャネル(iPhoneなど)またはユーザー名(ユーザー名)のいずれかに設定できます。このユーザーは、すべてのユーザーのデバイスを顧客IDなどの共通の識別子にマップします。 スキーマで主IDとしてテキスト形式の(ハッシュ化されていない)電子メールアドレスが存在する場合、「 ソース属性 」で電子メールフィールドを選択し、 Airship ターゲットID (ID)の右の列の指定されたユーザーにマップします。

名前付きユーザーマッピング

チャネルにマップする必要がある識別子(デバイスなど)の場合、ソースに基づいて適切なチャネルにマップします。 次の画像は、2つのマッピングの作成方法を示しています。

  • IDFA iOS広告IDとiOS Airship チャネル
  • Adobe fullName 属性を「フルネーム」 Airship 属性に設定
メモ

属性マッピングのターゲットフィールドを選択する際に、 Airship ダッシュボードに表示されるわかりやすい名前を使用します。

IDのマップ

ソースフィールドの選択:

Airship属性に接続

ターゲットフィールドの選択:

Airship属性に接続

マップの属性

ソース属性を選択:

ソースフィールドの選択

ターゲット属性を選択:

ターゲットフィールドの選択

マッピングの検証:

チャネルマッピング

現在、 セグメントスケジュール ページでは、スケジュールは無効になっています。 「 次へ 」をクリックしてレビュー手順に進みます。

現在、スケジュールは無効です

確認」ページには、選択の概要が表示されます。「キャンセル」を選択してフローを分割するか、「戻る」を選択して設定を変更する、または、「完了」を選択して確定し、宛先へのデータの送信を開始します。

重要

この手順では、Adobe Experience Platformがデータ使用ポリシーの違反を確認します。 次に、ポリシー違反の例を示します。 セグメントアクティベーションのワークフローは、違反を解決するまで完了できません。 ポリシー違反の解決方法について詳しくは、「データ管理ドキュメント」の「 ポリシーの適用 」を参照してください。

confirm-selection

ポリシー違反が検出されなかった場合は、「 Finish 」を選択して、選択を確定し、開始が宛先にデータを送信することを確認します。

レビュー

データの使用とガバナンス

すべての Adobe Experience Platform 宛先は、データ処理時のデータ使用ポリシーに準拠しています。 データ・ガバナンスの Adobe Experience Platform 実施方法の詳細については、「 Data Governance in Real-time CDP」を参照してください。

このページ