Oracle Responsys 接続

概要

Responsys Oracle は、 が提供するクロスチャネルマーケティングキャンペーン用の大規模法人向け電子メールマーケティングツールで、電子メール、モバイル、ディスプレイおよびソーシャルでのインタラクションをパーソナライズします。

セグメントデータをに送信するには、以下を実行します。 Oracle Responsys、最初に 宛先に接続 Adobe Experience Platformで データインポートの設定 ストレージの場所から Oracle Responsys.

エクスポートのタイプと頻度

宛先の書き出しのタイプと頻度について詳しくは、次の表を参照してください。

項目 タイプ 備考
書き出しタイプ プロファイルベース セグメントのすべてのメンバーを、目的のスキーマフィールド ( 例:(電子メールアドレス、電話番号、姓)。「プロファイル属性を選択」画面で選択します。 宛先のアクティベーションワークフロー.
書き出し頻度 バッチ バッチ宛先では、ファイルが 3 時間、6 時間、8 時間、12 時間、24 時間の単位でダウンストリームプラットフォームに書き出されます。 詳細を表示 バッチファイルベースの宛先.

IP アドレス許可リスト

SFTP ストレージを使用した電子メールマーケティングの宛先を設定する場合、Adobeでは、特定の IP 範囲を許可リストに追加することをお勧めします。

参照: クラウドストレージの宛先の IP アドレス許可リスト 許可リストにAdobeIP を追加する必要がある場合。

宛先への接続

重要

宛先に接続するには、 宛先の管理 アクセス制御権限. 詳しくは、 アクセス制御の概要 または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

この宛先に接続するには、宛先設定のチュートリアルの手順に従ってください。

この宛先では、次の接続タイプをサポートしています。

  • パスワード付き SFTP
  • SSH キーを使用した SFTP

接続パラメーター

この宛先を設定するとき、次の情報を指定する必要があります。

  • の場合 パスワード付き SFTP 接続には、次を指定する必要があります。
    • ドメイン
    • ポート
    • ユーザー名
    • パスワード
  • の場合 SSH キーを使用した SFTP 接続には、次を指定する必要があります。
    • ドメイン
    • ポート
    • ユーザー名
    • SSH キー
  • 必要に応じて、RSA 形式の公開鍵を添付し、PGP/GPG を使用して、 キー 」セクションに入力します。 公開鍵は、 Base64 エンコードされた文字列。
  • 名前:宛先の名前を選択します。
  • 説明:宛先の説明を入力します。
  • フォルダーパス:Platform が書き出しデータを CSV ファイルとして格納するストレージの場所のパスを指定します。
  • ファイル形式:選択 CSV を使用して、CSV ファイルをストレージの場所に書き出します。

この宛先に対してセグメントをアクティブ化

重要

データをアクティブ化するには、 宛先の管理, 宛先のアクティブ化, プロファイルの表示、および セグメントを表示 アクセス制御権限. 詳しくは、 アクセス制御の概要 または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

詳しくは、 プロファイルの一括書き出し先に対するオーディエンスデータのアクティブ化 を参照してください。

宛先属性

この宛先に対してセグメントをアクティブ化する場合は、Adobeでは、 和集合スキーマ. 宛先に書き出す一意の ID およびその他の XDM フィールドを選択します。詳しくは、 電子メールマーケティングの宛先に対してオーディエンスをアクティブ化する際のベストプラクティス.

書き出したデータ

の場合 Oracle Responsys 宛先、Platform は、 .csv ファイルを指定したストレージの場所に保存します。 ファイルの詳細については、 セグメントのアクティベーションを検証 (セグメントのアクティベーションに関するチュートリアル)。

へのデータインポートの設定 Oracle Responsys

接続後 Platform を SFTP ストレージの場合は、ストレージの場所から次の場所へのデータインポートを設定する必要があります。 Oracle Responsys. これを実現する方法については、「 連絡先またはアカウントのインポート 内 Oracle Responsys Help Center.

このページ