SFTP の宛先

概要

SFTP サーバーへのライブアウトバウンド接続を作成し、区切られたデータファイルを定期的に Experience Platform から書き出します。

書き出しタイプ

プロファイルベース — セグメントのすべてのメンバーを、必要なスキーマフィールド(例:電子メールアドレス、電話番号、姓)。 宛先アクティベーションワークフローの属性を選択画面で選択

SFTPプロファイルベースのエクスポートタイプ

宛先の接続

SFTP を含むクラウドストレージの宛先への接続方法については、「クラウドストレージの宛先のワークフロー」を参照してください。

SFTP の宛先については、宛先の作成ワークフローの​認証​手順で次の情報を入力します 。

  • ホスト:SFTPストレージの場所のアドレス
  • ユーザー名:SFTPストレージの場所にログインするためのユーザー名
  • パスワード:SFTPストレージの場所にログインするためのパスワード

書き出されたデータ

For SFTP destinations, Real-time CDP creates a tab-delimited .txt or .csv file in the storage location that you provided. これらのファイルについて詳しくは、セグメントアクティベーションチュートリアルの 電子メールマーケティングの宛先とクラウドストレージの宛先 (英語)を参照してください。

このページ