(ベータ版)Google Cloud Storage 接続

重要

この宛先は現在ベータ版で、一部のお客様のみご利用いただけます。Google Cloud Storage 接続へのアクセスをリクエストするには、アドビ担当者に連絡し、Organization ID を提供します。

概要

Google Cloud Storage へのライブアウトバウンド接続を作成して、Adobe Experience Platform から独自のバケットにデータファイルを定期的に書き出します。

書き出しのタイプと頻度

宛先の書き出しのタイプと頻度について詳しくは、以下の表を参照してください。

項目 タイプ メモ
書き出しタイプ プロファイルベース 宛先のアクティベーションワークフローのプロファイル属性の選択画面で選択したように、セグメントのすべてのメンバーを該当するスキーマフィールドと共に書き出します。
書き出し頻度 バッチ バッチ宛先では、ファイルが 3 時間、6 時間、8 時間、12 時間、24 時間の単位でダウンストリームプラットフォームに書き出されます。 詳しくは、バッチ(ファイルベース)宛先を参照してください。

Google Cloud Storage アカウントを接続するための前提条件の設定

Platform を Google Cloud Storage に接続するには、最初に Google Cloud Storage アカウントの相互運用性を有効にする必要があります。相互運用性設定にアクセスするには、Google Cloud Platform を開き、ナビゲーションパネルの「クラウドストレージ」オプションから「設定」を選択します。

「クラウドストレージ」と「設定」がハイライト表示された Google Cloud Platform ダッシュボード。

設定​ページが表示されます。ここから、Google プロジェクト ID に関する情報と Google Cloud Storage アカウントの詳細を確認できます。相互運用性設定にアクセスするには、上部のヘッダーから「相互運用性」を選択します。

Google Cloud Platform ダッシュボードでハイライト表示された「相互運用性」タブ。

相互運用性​ページには、認証、アクセスキーおよびサービスアカウントに関連付けられたデフォルトプロジェクトに関する情報が含まれています。サービスアカウントの新しいアクセスキー ID と秘密アクセスキーを生成するには、「サービスアカウントのキーを作成」を選択します。

Google Cloud Platform ダッシュボードでハイライト表示された「サービスアカウントのキーを作成」コントロール。

新しく生成されたアクセスキー ID と秘密アクセスキーを使用して、Google Cloud Storage アカウントを Platform に接続できます。

宛先への接続

重要

宛先に接続するには、宛先の管理 アクセス制御権限が必要です。詳しくは、アクセス制御の概要または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

この宛先に接続するには、宛先設定のチュートリアルの手順に従ってください。宛先の設定ワークフローで、以下の 2 つの節でリストされているフィールドに入力します。

宛先に対する認証

宛先に対して認証するには、必須フィールドに入力し、「宛先に接続」を選択します。

  • アクセスキー ID:Google Cloud Storage アカウントを Platform に認証するために使用される 61 文字の英数字の文字列。この値の取得方法について詳しくは、上記の前提条件の節を参照してください。

  • 秘密アクセスキー:Google Cloud Storage アカウントを Platform に認証するために使用される 40 文字の base64 エンコード文字列。この値の取得方法について詳しくは、上記の前提条件の節を参照してください。

  • 暗号化キー:必要に応じて、RSA 形式の公開鍵を添付して、書き出したファイルに暗号化を追加できます。以下の画像で、正しく書式設定された暗号化キーの例を参照してください。

    UI での正しく書式設定された PGP キーの例を示す画像

これらの値について詳しくは、Google Cloud Storage の HMAC キーガイドを参照してください。独自のアクセスキー ID と秘密アクセスキーを生成する手順については、Google Cloud Storage ソースの概要を参照してください。

宛先の詳細を入力

宛先の詳細を設定するには、以下の必須フィールドとオプションフィールドに入力します。UI のフィールドの横のアスタリスクは、そのフィールドが必須であることを示します。

  • 名前:この宛先に希望する名前を入力します。
  • 説明:オプション。例えば、この宛先を使用しているキャンペーンを指定できます。
  • バケット名:この宛先が使用する Google Cloud Storage バケット名を入力します。
  • フォルダーパス:書き出したファイルをホストする保存先フォルダーのパス。
  • ファイルタイプ:書き出すファイルに使用する形式Experience Platformを選択します。 選択時に、 CSV オプションを選択する場合は、 ファイル形式設定オプションの設定.
  • 圧縮形式:書き出したファイルにExperience Platformが使用する圧縮タイプを選択します。

アラートの有効化

アラートを有効にすると、宛先へのデータフローのステータスに関する通知を受け取ることができます。リストからアラートを選択して、データフローのステータスに関する通知を受け取るよう登録します。アラートについて詳しくは、UI を使用した宛先アラートの購読についてのガイドを参照してください。

宛先接続の詳細の入力を終えたら「次へ」を選択します。

この宛先に対してセグメントをアクティブ化

重要

データをアクティブ化するには、宛先の管理宛先のアクティブ化プロファイルの表示​および​セグメントの表示に対するアクセス制御権限が必要です。詳しくは、アクセス制御の概要または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

この宛先にオーディエンスセグメントを有効化する手順については、プロファイル書き出しのバッチ宛先に対するオーディエンスデータの有効化を参照してください。

スケジュール設定

スケジュール設定​手順では、Google Cloud Storage 宛先の書き出しスケジュールを設定し、書き出したファイルの名前を設定することもできます。

属性と ID のマッピング

マッピング​手順では、プロファイルに書き出す属性および ID フィールドを選択できます。 また、書き出したファイル内のヘッダーを選択して、任意のわかりやすい名前に変更することもできます。詳しくは、「バッチの宛先をアクティベート」UI チュートリアルのマッピング手順を参照してください。

(ベータ版)データセットの書き出し

この宛先では、データセットの書き出しをサポートしています。 データセットの書き出し設定方法について詳しくは、データセットの書き出しチュートリアルを参照してください。

データの正常な書き出しの検証

データが正常に書き出されたかどうかを確認するには、Google Cloud Storage バケットを確認し、書き出したファイルに、期待されたプロファイルの母集団が含まれていることを確認します。

このページ