Amazon S3 接続

概要

へのライブアウトバウンド接続を作成します Amazon Web Services (AWS)S3 ストレージを使用し、Adobe Experience Platformから独自の S3 バケットに CSV データファイルを定期的に書き出します。

書き出しタイプ

プロファイルベース — セグメントのすべてのメンバーを、目的のスキーマフィールド ( 例:電子メールアドレス、電話番号、姓 )。 宛先のアクティベーションワークフロー.

Amazon S3 プロファイルベースの書き出しタイプ

宛先に接続

この宛先に接続するには、 宛先設定のチュートリアル.

接続パラメーター

While 設定 この宛先には、次の情報を指定する必要があります。

  • Amazon S3アクセスキー および Amazon S3秘密鍵:In Amazon S3、 access key - secret access key ペアを使用して、 Amazon S3 アカウント 詳しくは、 Amazon Web Servicesドキュメント.
  • 名前:この宛先を識別するのに役立つ名前を入力します。
  • 説明:この宛先の説明を入力します。
  • バケット名:名前を入力 Amazon S3 この宛先で使用するバケット。
  • フォルダーパス:書き出したファイルをホストする保存先フォルダーのパスを入力します。

必要に応じて、RSA 形式の公開鍵を添付して、書き出したファイルに暗号化を追加できます。 公開鍵は、 Base64 エンコードされた文字列。

ヒント

「宛先の接続」ワークフローでは、書き出したセグメントファイルごとにAmazon S3 ストレージにカスタムフォルダーを作成できます。 読み取り マクロを使用して、ストレージの場所にフォルダーを作成する 」を参照してください。

必須 Amazon S3 権限

データを正常に接続してに書き出すには、以下を実行します。 Amazon S3 ストレージの場所、次の IAM (Identity and Access Management) ユーザーを作成する Platform in Amazon S3 次のアクションに対する権限を割り当てます。

  • s3:DeleteObject
  • s3:GetBucketLocation
  • s3:GetObject
  • s3:ListBucket
  • s3:PutObject
  • s3:ListMultipartUploadParts

この宛先へのセグメントのアクティブ化

詳しくは、 プロファイルの一括書き出し先に対するオーディエンスデータのアクティブ化 を参照してください。

書き出されたデータ

の場合 Amazon S3 宛先、 Platform を作成 .csv ファイルを指定したストレージの場所に保存します。 ファイルの詳細については、 プロファイルの一括書き出し先に対するオーディエンスデータのアクティブ化 (セグメントのアクティベーションに関するチュートリアル)。

このページ