Amazon S3 接続

概要

へのライブアウトバウンド接続を作成します Amazon Web Services (AWS)S3 ストレージを使用し、Adobe Experience Platformから独自の S3 バケットに CSV データファイルを定期的に書き出します。

エクスポートのタイプと頻度

宛先の書き出しのタイプと頻度について詳しくは、次の表を参照してください。

項目 タイプ 備考
書き出しタイプ プロファイルベース セグメントのすべてのメンバーを、目的のスキーマフィールド ( 例:(電子メールアドレス、電話番号、姓)。「プロファイル属性を選択」画面で選択します。 宛先のアクティベーションワークフロー.
書き出し頻度 バッチ バッチ宛先では、ファイルが 3 時間、6 時間、8 時間、12 時間、24 時間の単位でダウンストリームプラットフォームに書き出されます。 詳細を表示 バッチファイルベースの宛先.

Amazon S3 プロファイルベースの書き出しタイプ

宛先への接続

重要

宛先に接続するには、 宛先の管理 アクセス制御権限. 詳しくは、 アクセス制御の概要 または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

この宛先に接続するには、宛先設定のチュートリアルの手順に従ってください。宛先設定ワークフローで、以下の 2 つのセクションにリストするフィールドに入力します。

宛先に対する認証

宛先を認証するには、必須フィールドに入力し、「 」を選択します。 宛先に接続.

  • Amazon S3アクセスキー および Amazon S3秘密鍵:In Amazon S3、 access key - secret access key ペアを使用して、 Amazon S3 アカウント 詳しくは、 Amazon Web Servicesドキュメント.
  • 暗号化キー:必要に応じて、RSA 形式の公開鍵を添付して、書き出したファイルに暗号化を追加できます。 公開鍵は、 Base64-encoded 文字列。
    • 例: ----BEGIN PGP PUBLIC KEY BLOCK---- {Base64-encoded string} ----END PGP PUBLIC KEY BLOCK----. 簡潔にするために中央部を短くした、正しくフォーマットされた PGP キーの例を以下に示します。

      PGP キー

宛先の詳細を入力

宛先の詳細を設定するには、必須フィールドに入力し、「 」を選択します。 次へ.

  • 名前:この宛先を識別するのに役立つ名前を入力します。
  • 説明:この宛先の説明を入力します。
  • バケット名:名前を入力 Amazon S3 この宛先で使用するバケット。
  • フォルダーパス:書き出したファイルをホストする保存先フォルダーのパスを入力します。
ヒント

「宛先の接続」ワークフローでは、書き出したセグメントファイルごとにAmazon S3 ストレージにカスタムフォルダーを作成できます。 読み取り マクロを使用して、ストレージの場所にフォルダーを作成する 」を参照してください。

必須 Amazon S3 権限

データを正常に接続してに書き出すには、以下を実行します。 Amazon S3 ストレージの場所、次の IAM (Identity and Access Management) ユーザーを作成する Platform in Amazon S3 次のアクションに対する権限を割り当てます。

  • s3:DeleteObject
  • s3:GetBucketLocation
  • s3:GetObject
  • s3:ListBucket
  • s3:PutObject
  • s3:ListMultipartUploadParts

この宛先に対してセグメントをアクティブ化

重要

データをアクティブ化するには、 宛先の管理, 宛先のアクティブ化, プロファイルの表示、および セグメントを表示 アクセス制御権限. 詳しくは、 アクセス制御の概要 または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

詳しくは、 プロファイルの一括書き出し先に対するオーディエンスデータのアクティブ化 を参照してください。

書き出したデータ

の場合 Amazon S3 宛先、 Platform を作成 .csv ファイルを指定したストレージの場所に保存します。 ファイルの詳細については、 プロファイルの一括書き出し先に対するオーディエンスデータのアクティブ化 (セグメントのアクティベーションに関するチュートリアル)。

このページ