Amazon S3 connection

概要

Amazon Web Services (AWS) S3ストレージへのライブアウトバウンド接続を作成し、タブ区切りファイルまたはCSVデータファイルをAdobe Experience PlatformからS3バケットに定期的にエクスポートします。

エクスポートの種類

プロファイルベース — セグメントのすべてのメンバーを、必要なスキーマフィールド(例:電子メールアドレス、電話番号、姓)。 宛先アクティベーションワークフローの属性を選択画面で選択

AmazonS3プロファイルベースの書き出しタイプ

宛先の接続

を含むクラウドストレージの接続先への接続方法については、Amazon S3クラウドストレージの接続先ワークフローを参照してください。

Amazon S3宛先に対して、宛先を作成ワークフローで次の情報を入力します。

  • Amazon S3アクセスキーと Amazon S3 秘密鍵:で、 Amazon S3ペアを生成して、プラットフォームに access key - secret access key Amazon S3 アカウントへのアクセスを許可します。詳しくは、AmazonWebサービスドキュメントを参照してください。

必要なAmazon S3権限

データをAmazon S3ストレージの場所に正常に接続して書き出すには、Amazon S3にPlatformのIAMユーザーを作成し、次の操作に対するアクセス許可を割り当てます。

  • s3:DeleteObject
  • s3:DeleteObjectVersion
  • s3:GetBucketLocation
  • s3:GetObject
  • s3:GetObjectVersion
  • s3:ListBucket
  • s3:ListBuckets
  • s3:PutBucketVersioning
  • s3:PutObject
  • s3:ReplicateObject
  • s3:RestoreObject

エクスポートされたデータ

Amazon S3宛先の場合、Platformは、指定したストレージーの場所にタブ区切りの.txtファイルまたは.csvファイルを作成します。 ファイルについて詳しくは、セグメントアクティベーションチュートリアルの「電子メールマーケティングの宛先とクラウドストレージの宛先」を参照してください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now