Google Ads 接続

概要

Google Ads(旧称) Google AdWordsは、テキストベースの検索、グラフィックディスプレイ、ビデオ、アプリ内モバイルディスプレイをまたいで、企業がクリック課金広告を利用できるオンライン広告サービスで YouTube す。

宛先の詳細

次の Google Ads の宛先に固有の詳細に注意してください。

  • アクティブ化されたオーディエンスは、Google プラットフォームでプログラムによって作成されます。
  • Platform 現在、アクティベーションの成功を検証するための測定指標は含まれていません。統合を検証し、オーディエンスターゲット設定サイズについて理解するには、Google でのオーディエンス数を参照します。
重要

Google Ads で最初の宛先を作成したい場合で、以前に (Audience Managerや他のアプリケーションで )Experience CloudID サービスで ID 同期機能 を有効にしていない場合は、Adobeコンサルティングまたはカスタマーケアに問い合わせて ID 同期を有効にしてください。 以前にAudience ManagerでGoogle統合を設定していた場合、設定した ID 同期は Platform に引き継がれます。

サポートされる ID

Google Ad Manager supports the activation of identities described in the table below.

ターゲット ID 説明 注意点
GAID Google Advertising ID ソース ID が GAID 名前空間の場合は、このターゲット ID を選択します。
IDFA Apple ID for Advertisers ソース ID が IDFA 名前空間の場合は、このターゲット ID を選択します。
AAM UUID Adobe Audience Manager Unique User ID(別名) Device ID。数値型で 38 桁のデバイス ID。Audience Manager はこの値を、操作するデバイスのそれぞれに関連付けます。 Googleは AAM UUID を使用してカリフォルニアのユーザーをターゲットし、他のすべてのユーザーのGoogle Cookie ID を使用します。
Google cookie ID Google cookie ID Google は、この ID を使用してカリフォルニア以外のユーザーをターゲット設定します。
RIDA 広告用の Roku ID。 この ID は、Roku デバイスを一意に識別します。
MAID Microsoft Advertising ID。 この ID は、Windows 10 を実行しているデバイスを一意に識別します。
Amazon Fire TV ID この ID は、Amazon Fire TV を一意に識別します。

書き出しタイプ

セグメントの書き出し — セグメント(オーディエンス)のすべてのメンバーをGoogleの宛先に書き出します。

前提条件

既存の Google Ads アカウント

重要

Google では、サードパーテ Google Ads ィベンダーとの新しい cookie 統合が非推奨(廃止予定)となりました。次の節の許可リスト手順を実行するには、Google Ads との既存の統合が必要です。 その結果、Google Ads を使用する場合の推奨アプローチは、Google Customer Match 統合を設定することです。 Google Customer Match 統合の作成の詳細については、Google Customer Match 接続の作成に関するチュートリアルを参照してください。

許可リストへの登録

メモ

許可リストは、Platform で最初の Google Ads 宛先を設定する前に必須です。 宛先を作成する前に、Google が以下に説明する許可リストプロセスを完了していることを確認してください。

Platform で Google Ads の宛先を作成する前に、Google に問い合わせて、許可されたデータプロバイダーのリストにAdobeを登録し、お使いのアカウントを許可リストに追加する必要があります。 Google に問い合わせ、次の情報を入力します。

  • アカウント ID:AdobeのGoogleアカウント ID。アカウント ID:87933855.
  • 顧客 ID:Adobeの顧客アカウント ID とGoogle。顧客 ID:89690775.
  • アカウントのタイプ:AdWords
  • Google AdWords ID:これは、を使用した ID で Googleす。通常、ID の形式は 123-456-7890 です。

宛先に接続

この宛先に接続するには、 宛先の設定に関するチュートリアル で説明されている手順に従います。

接続パラメーター

この宛先を設定 する際は、次の情報を指定する必要があります。

  • 名前:この宛先の名前を入力します。
  • 説明:オプション。例えば、この宛先を使用しているキャンペーンを指定できます。
  • アカウントのタイプ:AdWords は利用可能な唯一のオプションです。
  • アカウント ID:アカウント ID にを入力しま Google Adsす。通常、ID の形式は 123-456-7890 です。

この宛先へのセグメントのアクティブ化

この宛先に対してオーディエンスセグメントをアクティブ化する手順については、 ストリーミングセグメントの書き出し先へのオーディエンスデータのアクティブ化 を参照してください。

エクスポートされたデータ

データが Google Ads の宛先に正常に書き出されたかどうかを確認するには、Google Ads アカウントを確認します。 アクティブ化に成功した場合は、オーディエンスがアカウントに入力されます。

トラブルシューティング

400 Bad Request エラーメッセージ

この宛先を設定すると、次のエラーが発生する場合があります。

{"message":"Google Error: AuthorizationError.USER_PERMISSION_DENIED","code":"400 BAD_REQUEST"}

このエラーは、顧客アカウントが 前提条件 に従っていない場合、または顧客が既存の Google Ads アカウントを使用せずに宛先を設定しようとした場合に発生します。

Google では、サードパーテ Google Ads ィベンダーとの新しい cookie 統合が非推奨(廃止予定)となりました。allow-list 手順を実行するには、Google Ads との既存の統合が必要です。

Google Ads を使用する場合の推奨アプローチは、Google Customer Match 統合を設定することです。

このページ