Google Ads 宛先

概要

Google Ads (旧称 Google AdWords)は、企業がテキストベースの検索、グラフィックディスプレイ、 YouTube ビデオ、アプリ内モバイルディスプレイにわたってペイパークリック広告を行えるようにするオンライン広告サービスです。

宛先の仕様

Note the following details that are specific to Google Ads destinations:

  • You can send the following identities to Google Ads destinations: Google cookie ID, IDFA, GAID, Roku IDs, Microsoft IDs, and Amazon Fire TV IDs.
  • Activated audiences are created programmatically in the Google platform.
  • Real-time CDP には、現在、アクティベーションの成功を検証するための測定指標は含まれていません。統合を検証し、オーディエンスターゲット設定サイズについて理解するには、Google でのオーディエンス数を参照します。
重要

If you are looking to create your first destination with Google Ads and have not enabled the ID sync functionality in Experience Cloud ID Service in the past (with Audience Manager or other applications), please reach out to Adobe Consulting or Customer Care to enable ID syncs. 以前にAudience ManagerでGoogle統合を設定した場合、Real-time CDPに繰り越しを設定したID同期。

書き出しタイプ

セグメントエクスポート — セグメント(オーディエンス)のすべてのメンバーをGoogleのエクスポート先にエクスポートします。

前提条件

既存の Google Ads アカウント

重要

Google では、サードパーティベンダーとの新しい Google Ads cookie統合が廃止されました。 次の節の許可リスト手順を実行するには、との既存の統合が必要で Google Adsす。 その結果、を使用するための推奨される方法は、 Google AdsGoogle Customer Match 統合を設定することです。 統合の作成の詳細については、 Google Customer Match 接続の作成に関するチュートリアルを参照してくだ Google Customer Match さい。

許可リスト

メモ

この許可リストは、リアルタイムCDPで最初の Google Ads 宛先を設定する前に必須です。 Please ensure the allow list process described below has been completed by Google before creating a destination.

リアルタイムCDPで Google AdsGoogle 宛先を作成する前に、許可されているデータプロバイダのリストにAdobeを置くため、お客様のアカウントを許可リストに追加するために、に問い合わせる必要があります。 Contact Google and provide the following information:

  • アカウントID :これは、AdobeのアカウントID Googleです。 アドビカスタマーケアまたは Adobe 担当者に問い合わせて、この ID を取得してください。
  • 顧客ID :これは、Adobeの顧客アカウントID Googleです。 この ID を取得するには、アドビカスタマーケアまたはアドビの担当者に問い合わせてください。
  • アカウントのタイプ:AdWords
  • Google AdWords ID :これはお客様のIDで Googleす。 通常、ID の形式は 123-456-7890 です。

宛先の設定

接続 / 宛先、を選択し、「 Google Ads設定 」を選択します。

Google 広告の宛先への接続

メモ

この宛先との接続が既に存在する場合は、宛先カードに 「アクティブ化 」ボタンが表示されます。 「 アクティブ化 」と「 設定」の違いについて詳しくは、表示先ワークスペースのドキュメントの「 カタログ 」セクションを参照してください。

In the Setup step of the create destination workflow, fill in the Basic Information for the destination.

Google 広告の基本情報

  • 名前:この宛先の名前を入力します。
  • 説明:オプション。例えば、この宛先を使用しているキャンペーンを指定できます。
  • アカウントのタイプ:AdWords は利用可能な唯一のオプションです。
  • アカウントID:アカウントIDをに入力し Google Adsます。 通常、ID の形式は 123-456-7890 です。
  • マーケティングの使用例:マーケティングの使用例は、データがエクスポート先にエクスポートされる意図を示します。 Adobe定義のマーケティングの使用例から選択するか、独自のマーケティングの使用例を作成することができます。 マーケティングの使用例の詳細については、Real-time CDP (リアルタイムCDP)ページの「 Data Governance(データ・ガバナンス)」を参照してください。 個々のAdobe定義マーケティングの使用例について詳しくは、 データ使用ポリシーの概要を参照してください

Activate segments to Google Ads

For instructions on how to activate segments to Google Ads, see Activate Data to Destinations.

書き出されたデータ

データが正常に宛先にエクスポートされたかどうかを確認するには、アカウントを確認して Google Ads く Google Ads ださい。 アクティベーションに成功すると、オーディエンスがアカウントに入力されます。

このページ