データフローの概要

Adobe Experience Platform では、様々なソースからデータを取り込み、Experience Platform 内で分析し、様々な目的でアクティブ化します。Platform では、データフローに透明性を提供することで、この非線形の可能性があるデータフローのトラッキングプロセスを容易にします。

データフローの使用

データフローは、Platform 間でデータを移動するデータジョブを表します。これらのデータフローは、異なるサービス間で設定されるので、ソースコネクタからターゲットデータセットにデータを移動し、その後、 ID サービスとリアルタイム顧客プロファイルで利用されてから、最終的に宛先にアクティブ化されます。

ソースコネクタでのデータフローの使用について詳しくは、ソースの概要を参照してください。

データの準備

Data Prep を使用すると、データエンジニアはエクスペリエンスデータモデル(XDM)との間でデータのマッピング、変換、検証をおこなうことができます。

データの取り込み後にデータを準備する方法の詳細については、Data Prep の概要を参照してください。

データフローの監視

データフローの監視は、Platform API または Platform UI を使用しておこなうことができます。API を使用してデータフローを監視する方法について詳しくは、データフロー API の監視チュートリアルをお読みください。Platform UI 内のデータフローを監視する方法を学ぶには、ソースのデータフロー監視および出力先のデータフロー監視のチュートリアルをお読みください。

このページ