データ準備 UI ガイド

このドキュメントでは、Adobe Experience Platform ユーザーインターフェイスのデータ準備関数を使用して CSV ファイルを XDM スキーマにマッピングする方法について説明します。

はじめに

このチュートリアルでは、次の Platform コンポーネントに関する十分な知識が必要です。

  • Experience Data Model (XDM) システム:Platform が顧客体験データを編成する際に使用される標準化されたフレームワーク。
  • ID サービス:デバイスやシステム間で ID を関連付けることで、個々の顧客とその行動への理解を深めることができます。
  • Real-time Customer Profile:複数のソースからの集計データに基づいて、統合されたリアルタイムの顧客プロファイルを提供します。
  • ソース:Adobe Experience Platform を使用すると、データを様々なソースから取得しながら、Platform サービスを使用して受信データの構造化、ラベル付け、拡張を行うことができます。

データフローの詳細

ヒント

ソースカタログから任意のソースを選択することで、データフローの詳細にアクセスできます。 詳しくは、ソースの概要を参照してください。

CSV データを XDM スキーマにマッピングする前に、まずデータフローの詳細を確立する必要があります。

このデータフローの詳細ページでは、CSV データを既存のターゲットデータセットに取り込むか、新しいターゲットデータセットに取り込むかを選択できます。既存のデータセットには、データのマッピング先となる事前定義済みのターゲットスキーマが付属していますが、新しいデータセットでは、データのマッピング先として既存のスキーマを選択するか、新しいスキーマを作成する必要があります。

既存のデータセットを使用する

CSV データを既存のデータセットに取り込むには、「既存のデータセット」を選択します。既存のデータセットは、「詳細検索」オプションを使用するか、ドロップダウンメニュー内の既存のデータセットのリストをスクロールして取得することができます。

データセットを選択し、データフローの名前と説明(オプション)を入力します。

このプロセスの間に、エラー診断および部分取り込みを有効にすることもできます。エラー診断は、データフローで発生するエラーレコードに対して、詳細なエラーメッセージ生成を有効にします。部分取り込みでは、手動で定義した特定のしきい値に到達するまで、エラーを含むデータを取り込むことができます。詳しくは、バッチ取り込みの概要を参照してください。

existing-dataset

新しいターゲットデータセットを使用

CSV データを新しいデータセットに取り込むには、「新しいデータセット」を選択します。次に、出力データセット名とオプションの説明を入力します。次に、「詳細検索」オプションを使用するか、ドロップダウンメニュー内の既存のスキーマのリストをスクロールすることで、マッピングするスキーマを選択します。

スキーマを選択し、データフローの名前とオプションの説明を入力して、データフローのエラー診断および部分取り込みの設定を適用します。終了したら、「次へ」を選択します。

new-dataset

データを選択

データの選択手順が表示され、ローカルファイルをアップロードおよび構造と内容をプレビューするためのインターフェイスが表示されます。「ファイルを選択」をクリックして、ローカルシステムから CSV ファイルをアップロードします。または、アップロードする CSV ファイルをファイルをドラッグ&ドロップパネルにドラッグ&ドロップすることもできます。

ヒント

現在、ローカルファイルのアップロードでは CSV ファイルのみがサポートされています。 各ファイルの最大ファイルサイズは 1 GB です。

choose-files

ファイルがアップロードされると、プレビューインターフェイスが更新され、ファイルの内容と構造が表示されます。

preview-sample-data

ファイルに応じて、ソースデータの列区切り文字(タブ、コンマ、パイプ、カスタム列区切り文字など)を選択できます。区切り文字​ドロップダウン矢印をクリックし、メニューから適切な区切り文字を選択します。

終了したら、「次へ」を選択します。

区切り文字

マッピング

この​マッピング​インターフェイスには、ソーススキーマのソースフィールドを、ターゲットスキーマ内の適切なターゲット XDM フィールドにマッピングする包括的なツールが用意されています。

map-csv-to-xdm

マッピングインターフェイスについて

マッピングインターフェイスには、取り込みワークフローのコンテキスト内のマッピングフィールドの状態に関する情報を提供するダッシュボードが含まれます。ダッシュボードには、マッピングフィールドに関する次の詳細が表示されます。

プロパティ 説明
マッピングされたフィールド エラーに関係なく、ターゲット XDM フィールドにマッピングされたソースフィールドの合計数を表示します。
必須フィールド 必須マッピングフィールドの数を表示します。
ID フィールド ID として定義されたマッピングフィールドの合計数を表示します。 これらのマッピングフィールドは、指紋アイコンで表されます。
エラー エラーが発生したマッピングフィールドの数を表示します。

上部パネル

また、マッピングインターフェイスには、インタラクションを向上したり、マッピングフィールドを通じてフィルタリングしたりするためのオプションのパネルも用意されています。

second-panel

特定のマッピングセットを検索するには、検索ソースフィールド​をクリックし、分離するソースデータの名前を入力します。

検索

すべてのソースフィールド」をクリックして、マッピングインターフェイスの表示をより細かく絞り込むためのフィルタリングオプションのドロップダウンメニューを表示します。

フィルタリングオプションは以下のとおりです。

ソースフィールド 説明
すべてのソースフィールド このオプションは、ソーススキーマのすべてのソースフィールドを表示します。 このオプションは、デフォルトで選択されています。
必須フィールド このオプションでは、ソーススキーマをフィルタリングして、マッピングの完了に必要なフィールドのみを表示します。
ID フィールド このオプションでは、ソーススキーマをフィルタリングして、ID としてマークされたフィールドのみを表示します。
マッピングされたフィールド このオプションでは、ソーススキーマをフィルタリングして、既にマッピングされているフィールドのみを表示します。
マッピングされていないフィールド このオプションでは、ソーススキーマをフィルタリングして、まだマッピングされていないフィールドのみを表示します。
レコメンデーションのあるフィールド このオプションでは、ソーススキーマをフィルタリングして、マッピングレコメンデーションを含むフィールドのみを表示します。

エラーのあるフィールド​をクリックすると、エラーが発生したすべてのマッピングフィールドが表示されます。

フィルター

エラーが発生したマッピングフィールドが分離して表示され、インテリジェントマッピングレコメンデーションまたは手動マッピングツリーを使用してエラーに対処できます。

fields-with-errors

新しいフィールドタイプを追加

新しいマッピングフィールドまたは計算フィールドを追加するには、「新しいフィールドタイプ」を選択します。

新しいマッピングフィールド

新しいマッピングフィールドを追加するには、「新しいフィールドタイプ」を選択した後、表示されるドロップダウンメニューから「新しいフィールドを追加」を選択します。

add-new-field

次に、表示されるソーススキーマツリーから追加するソースフィールドをクリックし、「選択」をクリックします。

select-new-field

マッピングインターフェイスは、選択したソースフィールドと空のターゲットフィールドを使用して更新されます。 「ターゲットフィールドをマッピング」をクリックして、新しいソースフィールドの適切なターゲット XDM フィールドへのマッピングを開始します。

map-target-field

インタラクティブなターゲットスキーマツリーが表示され、ターゲットスキーマを手動でトラバースして、ソースフィールドに適したターゲット XDM フィールドを見つけることができます。

manual-mapping

完了したら、スキーマアイコンを選択して、ターゲットスキーマインターフェイスを閉じます。

schema-tree

計算フィールド

計算フィールドでは、入力スキーマの属性に基づいて値を作成できます。 これらの値をターゲットスキーマの属性に割り当て、名前と説明を指定して参照を容易にできます。計算フィールドの長さの上限は 4096 文字です。

計算フィールドを作成するには、「新しいフィールドタイプ」を選択し、次に、「計算フィールドを追加」を選択します。

add-calculated-field

計算フィールドの作成 パネルが表示されます。 左側のダイアログボックスには、計算フィールドでサポートされるフィールド、関数、演算子が含まれています。タブの 1 つを選択して、式エディターに関数、フィールドまたは演算子を追加します。

タブ 説明
関数 「関数」タブには、データの変換に使用できる関数が一覧表示されます。計算フィールド内で使用できる関数の詳細については、 データ準備(マッパー)関数の使用 に関するガイドを参照してください。
フィールド 「フィールド」タブには、ソーススキーマで使用できるフィールドと属性が表示されます。
演算子 「演算子」タブには、データの変換に使用できる演算子が一覧表示されます。

タブ

中央にある式エディターを使用して、フィールド、関数、演算子を手動で追加できます。 式の作成を開始するには、エディターを選択します。完了したら、「保存」を選択して続行します。

create-calculated-field

マッピングを読み込み

既存のデータフローのマッピングを再利用して、データ取り込みの手動設定時間を短縮し、誤りを制限できます。 選択 マッピングを読み込み 既存のマッピングを再利用する。

import-mapping

この マッピングを読み込み ウィンドウが表示され、選択するデータフローのリストが表示されます。

プレビューアイコンを選択して、選択したデータフローのマッピングをプレビューします。

list-mapping

プレビューウィンドウを使用すると、データフローにインポートする前に既存のマッピングを調べることができます。 マッピングを確認したら、 戻る データフローのリストに戻って別のマッピングセットを調べるには、以下を選択します。 選択 をクリックして続行します。

preview-mapping

または、データフローのリストウィンドウから、インポートするマッピングを選択できます。 インポートするマッピングを含むデータフローを選択し、「 」を選択します。 選択 をクリックして続行します。

select-mapping

インターフェイスは、読み込んだマッピングで更新されます。

メモ

既存のマッピングセット(または ML マッピングの推奨)は、既存のデータフローからインポートしたマッピングに置き換えられます。

mapping-imported

データをプレビュー」をクリックし、選択したデータセットから最大 100 行のサンプルデータのマッピング結果を確認します。

preview-data

プレビュー中、ID 列はマッピング結果を検証する際に必要な重要情報なので、最初のフィールドとして優先されます。終了したら「閉じる」をクリックします。

プレビュー画面

すべてのマッピングフィールドを削除するには、「すべてのマッピングをクリア」を選択します。

すべてをクリア

マッピングインターフェイスの使用

Platform は、選択したターゲットスキーマまたはデータセットに基づいて、自動マッピングされたフィールドに対してインテリジェントなレコメンデーションを自動的に提供します。 マッピングルールをユースケースに合わせて手動で調整したり、重複したマッピングフィールドを修正してエラーをクリアしたりできます。

mapping-interface

調整するターゲットフィールドの電球アイコンを選択します。

mapping-recc

マッピングレコメンデーションポップアップパネルが開き、特定のソースフィールドにマッピングできる推奨ターゲットフィールドのリストが表示されます。デフォルトでは、最初のレコメンデーションが自動的に適用されます。

ソーススキーマに複数のレコメンデーションが使用できる場合があります。 これが発生すると、マッピングカードに最も目立つレコメンデーションが表示され、その後に使用可能なレコメンデーションの数を含むアイコンが表示されます。 電球アイコンを選択すると、追加のレコメンデーションのリストが表示されます。代わりに、マッピング先のレコメンデーションの横にあるチェックボックスをオンにして、代替レコメンデーションの 1 つを選択できます。

ここから、選択したターゲットフィールドを変更して、エラーを修正したり、ユースケースに合わせたりできます。

または、「手動で選択」をクリックして、インタラクティブターゲットスキーママッピングツリーを手動で使用できます。

recc-panel

ターゲットスキーママッピングインターフェイスは、マッピングフィールドと同じビューに表示され、同じ画面内でマッピングペアを変更できます。ユースケースに合うターゲットフィールドを選択するか、エラーを修正します。

select-target-field

終了したら、「完了」を選択して続行します。

終了

次の手順

このドキュメントを読むことで、Platform UI のマッピングインターフェイスを使用して、CSV ファイルをターゲット XDM スキーマに正常にマッピングできました。詳しくは、次のドキュメントを参照してください。

このページ