データガバナンスの概要

Adobe Experience Platform の主な機能の 1 つは、複数の企業システムのデータを統合して、マーケターが顧客を識別、理解し、惹きつけられるようにすることです。このデータは、組織または法規制によって定義された使用制限の対象となる場合があります。したがって、Platform 内のデータ操作が、データ使用ポリシーを確実に準拠できるようにすることが重要です。

Adobe Experience Platform Data Governanceを使用すると、顧客データを管理し、データの使用に適用される規制、制限、ポリシーへのコンプライアンスを確保できます。Experience Platform 内の様々なレベルで重要な役割を果たします(例えば、カタログ化、データ系列、データ使用ラベル、データ使用ポリシー、マーケティングアクションのデータの使用制御など)。

データガバナンスの役割

概念として、データガバナンスは自動的でも、単体でおこなわれるわけでもありません。一般的に、データ管理人と認識される役割は、始めは一個人の役割に過ぎませんでしたが、データガバナンスエコシステムの拡大に伴い、大きく成長しています。今日、データガバナンスを成功させるには継続的な管理と監視が必要です。また、データへの適切なラベル付け、、使用ポリシーの作成、およびそれらのポリシーのコンプライアンス準拠を実現できるツールを持っているかどうかは、データ管理人次第です。

データガバナンスは組織内のすべてユーザーの責任であるべきですが、データガバナンスサイクル内の重要な役割には、次のようなものがあります。

データガバナンスの役割

データ管理人

データ管理人は、データガバナンスの中心です。この役割は、規制、契約上の制限、およびポリシーを解釈し、それらをデータに直接適用します。データ管理人の役割は、これらの規制、制限、およびポリシーを理解することです。これには次が含まれます。

  • データ、データセット、データサンプルを確認し、メタデータ使用ラベルを適用および管理します。
  • データポリシーを作成し、データセットとフィールドに適用する。
  • 組織にデータポリシーについて伝える。

マーケター

マーケターは、データガバナンスのエンドポイントです。彼らは、データ管理人、科学者、エンジニアが作成したデータ管理インフラストラクチャからのデータを要求します。マーケターは、マーケティングの保護下において、多様な専門分野を網羅しています。

  • マーケティングアナリストは、顧客を個人としてもグループ(セグメントとも呼ばれる)としても理解できるするため、データを要求します。
  • マーケティングスペシャリストとエクスペリエンスデザイナーは、データを使用して新しい顧客体験を設計します。

Data Governance フレームワーク

Data Governance フレームワークは、データの分類プロセスや、データ使用ポリシーの作成プロセスを簡素化および効率化します。データラベルが適用され、データ使用ポリシーが設定されたら、マーケティングアクションを評価して、データが正しく使用されていることを確認できます。

Data Governance フレームワークには、ラベル、ポリシーおよび適用という 3 つの主要な要素があります。

  1. ラベル:​プライバシーに関する考慮事項や契約条件を反映したデータを分類し、規制や組織のポリシーに準拠するようにします。
  2. ポリシー:​特定のデータに対して許可されるマーケティングアクションや許可されないマーケティングアクションの種類について説明します。
  3. 実施:​ポリシーフレームワークを使用して、様々なデータアクセスパターンをまたいだポリシーを通知し、適用します。

データ使用ラベル

Data Governance を使用すると、データスチュワードは、適用されるポリシーのタイプに従ってデータを分類するために、使用ラベルをデータセットおよびフィールドレベルで適用できます。

Data Governance フレームワークには、次の 3 つの方法でデータを分類するために使用できる、事前定義されたデータ使用ラベルが含まれています。

データ使用ラベルのカテゴリ

  • 契約データの「C」ラベル:​契約上の義務を負うデータや、顧客データガバナンスポリシーに関連するデータにラベルを付け、分類します。
  • 識別データの「I」ラベル:​個人を特定できるデータまたは個人に連絡できるデータの分類に使用されます。
  • 機密データの「S」ラベル:​地理的データなどの機密データに関連するデータにラベルを付け、分類します。
メモ

使用可能なラベルの完全なリストと各ラベルタイプの定義については、サポートされるデータ使用ラベルのガイドを参照してください。

ラベルはいつでも適用でき、データの管理方法を柔軟に選択できます。ベストプラクティスとして、Experience Platform にデータを取り込んだらすぐに、または Platform でデータを使用できるようになったらすぐにデータにラベルを付けることを推奨します。

詳しくは、データ使用ラベルの概要を参照してください。

データ使用ポリシー

データ使用ラベルがデータのコンプライアンスを効果的にサポートするためには、データ使用ポリシーを実装する必要があります。データ使用ポリシーは、Experience Platform 内のデータに対して実行を許可または制限するマーケティングアクションの種類を記述するルールです。

マーケティングアクションの例としては、データセットをサードパーティのサービスにエクスポートする場合などがあります。設定されているポリシーで個人情報(PII)など特定の種類のデータはエクスポートできず、「I」ラベル(ID データ)がデータセットに適用された場合は、データ使用ポリシーの違反を知らせる応答が Policy Service から返されます。

データ使用ラベルが適用されると、データスチュワードは Policy Service API または Experience Platform ユーザーインターフェイスを使用してポリシーを作成することができます。

重要

すべてのデータ使用ポリシー(アドビが提供するコアポリシーを含む)は、デフォルトで無効になっています。個々のポリシーを適用対象と見なすには、そのポリシーを手動で有効にする必要があります。

データ使用ポリシーとマーケティングアクションについて詳しくは、ポリシーの概要を参照してください。

次の手順

このドキュメントでは、Data GovernanceとData Governanceフレームワークの概要について説明しました。これで、データ使用状況ラベルのユーザーガイドに進み、エクスペリエンスデータへの使用状況ラベルの追加を開始できます。

付録

次のセクションでは、Data Governanceに関する追加情報を示します。

Data Governance 用語

次のテーブルに、Data GovernanceとData Governanceフレームワークに関連する主な用語の概要を示します。

用語 定義
契約ラベル 「C」で始まる契約ラベルは、契約上の義務を負うデータや組織のデータガバナンスポリシーに関連するデータの分類に使用されます。
クロスサイトデータ クロスサイトデータは、複数のサイトのデータの組み合わせです。オンサイトデータとオフサイトデータの組み合わせ、または複数のオフサイトソースのデータの組み合わせが含まれます。
データガバナンス データガバナンスには、データがデータの使用に関する規制や企業ポリシーに準拠していることを保証するために使用される、戦略とテクノロジーが含まれます。
データ管理人 データ管理者とは、組織のデータアセットの管理、監視、および実施を担当する人物です。また、データガバナンスポリシーは、政府の規制や組織のポリシーに準拠するよう、保護および管理されます。
データ使用ラベル データ使用ラベルを使用すると、規制や企業のポリシーに準拠するためにプライバシー関連の注意事項や契約条件を反映したデータを分類できます。
データセットラベル データセットにはラベルを追加できます。データセット内のすべてのフィールドは、データセットのラベルを継承します。
フィールドラベル フィールドラベルは、データセットから継承されるデータガバナンスラベル、またはフィールドに直接適用されるデータガバナンスラベルです。フィールドに適用したデータガバナンスラベルは、データセットに継承されません。
ジオフェンス ジオフェンスは、GPS または RFID テクノロジーによって定義される仮想的な地理的境界で、モバイルデバイスが特定の領域に入る、または領域から離れるときにソフトウェアが応答をトリガーできるようにします。
ID ラベル 「I」で始まる ID ラベルは、個人を特定できるデータまたは個人に連絡できるデータの分類に使用されます。
興味ベースのターゲティング 次の3つの条件が満たされた場合、興味ベースのターゲット設定(パーソナライゼーションとも呼ばれます)が発生します。オンサイトで収集されたデータは、ユーザーの興味を引くために使用され、別のサイトやアプリ(オフサイト)などの別のコンテキストで使用され、それらの参照に基づいて提供されるコンテンツや広告を選択するために使用されます。
マーケティングアクション マーケティングアクションは、データガバナンスフレームワークの観点から言えば、Experience Platform のデータ消費者がおこなうアクションを示し、データ使用ポリシーに違反していないか確認する必要があります。
ポリシー データガバナンスのフレームワークにおいて、ポリシーとは、特定のデータに対してどのようなマーケティングアクションを実行できるかどうかを示すルールを表します。
機密ラベル 「S」で始まる機密ラベルは、自分自身および組織が機密性が高いと見なすデータの分類に使用されます。

その他のリソース

次のビデオは、Data Governanceフレームワークについて理解を深めるためのものです。

次のビデオでは、Experience Platform の様々なData Governance機能の紹介を行っています。

このページ