コンテンツフラグメントのオーサリング

最終更新日: 2024-02-07
  • 作成対象:
  • User
    Developer

コンテンツフラグメントのオーサリングは、ヘッドレス配信とページオーサリングの両方に焦点を当てています。

コンテンツフラグメントをオーサリングするためのエディターは 2 つあります。この節で説明するエディターは、

  • ヘッドレスコンテンツ配信用に開発されています(ただし、すべてのシナリオで使用できます)。
  • コンテンツフラグメント​コンソールから使用できます。

このエディターで提供する機能は次のとおりです。

警告

この節で説明するエディターは、オンライン​の Adobe Experience Manager(AEM)as a Cloud Service で​のみ​使用できます。

コンテンツフラグメントエディター

コンテンツフラグメントエディターを初めて開くと、次の 4 つの主なエリアが表示されます。

  • 上部のツールバー:主要な情報とアクション

  • 左側のパネル:コンテンツフラグメントの​バリエーション​およびその​フィールド​が表示されます。

  • 右側のパネル:プロパティ(メタデータ)とタグを表示するタブ、バージョン履歴および言語コピーに関する情報を表示します。

    • プロパティ」タブでは、フラグメントの​タイトル​および​説明​または​バリエーション​を更新できます
  • 中央パネル:選択したバリエーションの実際のフィールドとコンテンツを表示します

    • コンテンツの編集が可能
    • タブプレースホルダー」フィールドは、ここに表示されるモデル内で定義され、ナビゲーションに使用できる場合、フィールドは、水平方向に表示されるか、ドロップダウンリストとして表示されます。
    メモ

    基になるモデルの定義に応じて、フィールドは特定のタイプの検証の対象となる場合があります。

コンテンツフラグメントエディター - 概要

単一のコンテンツフラグメント。

  • 次の 2 つのレベルで構成されます。

    • コンテンツフラグメントの​バリエーション
    • フィールド - コンテンツフラグメントモデルで定義され、すべてのバリエーションで使用されます。
  • 様々な参照を含めることができます。

バリエーションおよびフィールド

左側のパネルには、次の情報が表示されます。

  • このフラグメントに作成された​バリエーション​のリスト。
    • メイン​は、コンテンツフラグメントの最初の作成時に存在するバリエーションです。後で他のバリエーションを追加できます
    • バリエーションを選択して開き、編集できます
    • また、バリエーションを作成できます
  • フラグメント内の​フィールド​とそのバリエーションは、次のとおりです。
    • アイコンは、データタイプを示します
    • テキストはフィールド名です
    • これらを組み合わせると、(現在のバリエーションの)中央パネルのフィールドコンテンツへの直接リンクが提供されます

エディターの様々な部分で、リンクアイコンが表示されます。これを使用して、コンテンツフラグメントモデル、親参照または参照されているフラグメントなど表示されている項目を開くことができます。

コンテンツフラグメントエディター - リンクアイコン

構造ツリー

エディターのツールバーから「構造ツリー」タブを開いて、コンテンツフラグメントの階層構造とその参照を表示します。リンクアイコンを使用して参照に移動します。

コンテンツフラグメントエディター - 構造ツリー

メモ

詳しくは、コンテンツフラグメント構造の分析 - 構造ツリーを参照してください。

保存と自動保存

更新を行うたびに、コンテンツフラグメントが自動的に保存されます。最後に保存した時間が上部のツールバーに表示されます。

バリエーション

バリエーションは、AEM のコンテンツフラグメントの重要な機能です。これにより、特定のチャネルやシナリオで使用する​メイン​コンテンツのコピーを作成および編集でき、ヘッドレスコンテンツ配信やページオーサリングをより柔軟に行うことができます。

エディターから、次の操作を実行できます。

バリエーションを作成

コンテンツフラグメントのバリエーションを作成するには、次の手順に従います。

  1. 左側のパネルで、バリエーション​の右側にある​プラス記号バリエーションを作成)を選択します。

    メモ

    最初のバリエーションを作成すると、既存のバリエーションが同じパネルに表示されます。

    コンテンツフラグメントエディター - 最初のバリエーションの作成

  2. ダイアログで、必要に応じて、バリエーションの​タイトル​および​説明​を入力します。

    コンテンツフラグメントエディター - バリエーションを作成ダイアログ

  3. バリエーションを​作成​します。作成したバリエーションがリストに表示されます。

バリエーションの名前の変更

バリエーション​の名前を変更するには、次の手順に従います。

  1. 必要なバリエーションを選択します。

  2. 右側のパネルの「プロパティ」タブをを開きます。

  3. バリエーション​タイトル​を更新します。

  4. 戻る」を押すか、別のフィールドに移動して、変更を自動保存します。左側の​バリエーション​パネルでタイトルが更新されます。

バリエーションを削除

コンテンツフラグメントのバリエーションを削除するには、次の手順に従います。

メモ

メイン​は削除できません。

  1. 「バリエーション」を選択します。

  2. バリエーション​パネルで、削除アイコン(ごみ箱)を選択します。

    コンテンツフラグメントエディター - バリエーションを削除アイコン

  3. ダイアログが表示されます。「作成」を選択して、アクションを確定します。

複数行テキストフィールドの編集 - プレーンテキストまたはマークダウン

複数行テキスト​フィールドは、次の 3 つの形式のいずれかを持つことができます。

「プレーンテキスト」または「マークダウン」として定義されたフィールドには、(画面上の)書式設定オプションのないシンプルなテキストボックスがあります。

コンテンツフラグメントエディター - 複数行テキスト - 全画面表示

複数行テキストフィールドの編集 - リッチテキスト

リッチテキスト​として定義された​複数行テキスト​フィールドでは、様々な機能を使用できます。

  • コンテンツを編集します。
    • 取り消し/やり直し
    • ペースト/テキストとしてペースト
    • コピー
    • 段落書式を選択
    • テーブルを作成/管理
    • テキストの書式設定(太字、斜体、下線、色)
    • 段落の整列を設定
    • リスト(箇条書き、番号付き)を作成/管理
    • テキストをインデント(減らす、増やす)
    • 現在の書式設定をクリア
    • リンクを挿入
    • 画像アセットへの参照を選択して挿入
    • 特殊文字を追加
  • 全画面表示エディター - 全画面とインフローの切り替え
  • 統計
  • 比較と同期

次に例を示します。

コンテンツフラグメントエディター - 複数行テキスト - 全画面表示切り替え

メモ

複数行テキストフィールドも、フィールド​パネルに適切なアイコンで示されます。

全画面表示エディター - リッチテキスト

全画面表示エディターでは、インフロー時と同じ編集オプションを提供しますが、テキスト用のスペースがより広くなります。

次に例を示します。

コンテンツフラグメントエディター - 複数行テキスト - 全画面表示

統計 - リッチテキスト

アクション​統計​は、「複数行」フィールドに、テキストに関する様々な情報を表示します。

次に例を示します。

コンテンツフラグメントエディター - 統計

比較と同期 - リッチテキスト

アクション​比較​は、バリエーション​を開いた際に「複数行」フィールドで使用できます。

これにより、「複数行」フィールドが全画面表示で開き、次のように表示されます。

  • メイン​と現在の​バリエーション​の両方のコンテンツを横に並べ、違いをハイライト表示する

  • 次の色で違いを示す:

    • 緑は(バリエーションに)追加されたコンテンツを示します
    • 赤は削除されたコンテンツを示します(バリエーションからの削除)
    • 青は置換されたテキストを示します
  • メイン​から現在のバリエーションにコンテンツを同期する​同期​アクションを提供する

    • メイン​が更新された場合、これらの変更はバリエーションに転送される
    • バリエーションが更新された場合、これらの変更は​メイン​からコンテンツによって上書きされる
    注意

    同期を使用できるのは、メインからバリエーションに​変更内容をコピーする場合のみです。

    バリエーションから​メインへの変更内容を転送することはオプションとして使用できません。

例えば、バリエーションコンテンツが完全に書き換えられたシナリオの場合、同期によってその新しいコンテンツが​メイン​からのコンテンツに置き換わります。

コンテンツフラグメントエディター - 比較と同期

参照の管理

フラグメント参照

フラグメント参照は、次の目的で使用できます。

既存のコンテンツフラグメントへの参照を作成する

既存のコンテンツフラグメントへの参照を作成するには、次の手順に従います。

  1. フィールドを選択します。

  2. 既存のフラグメントを追加」を選択します。

  3. フラグメントセレクターから必要なフラグメントを選択します。

    メモ

    一度に 1 つのフラグメントのみを選択できます。

コンテンツフラグメントおよび参照の作成

または、新規フラグメントを作成」を選択して、作成​ダイアログを開くことができます。作成後、このフラグメントは参照されます。

コンテンツ参照

コンテンツ参照は、画像、ページ、エクスペリエンスフラグメントなど、他の AEM コンテンツタイプを参照するのに使用されます。

参照画像

コンテンツ参照」フィールドでは、次の両方を実行できます。

  • リポジトリに既に存在するアセットを参照する

  • フィールドに直接アップロードするので、アセット​コンソールを使用せずにアップロードする

    メモ

    画像を直接「コンテンツ参照」フィールドにアップロードする際​必須​事項は、次のとおりです。

    • コンテンツフラグメントモデルに​ルートパス​が定義されていること画像を保存する場所を指定します。
    • 許可されたコンテンツタイプのリストに​画像​が含められていること

アセットを追加するには、次のいずれかを実行します。

  • 新しいアセットファイルを(例えば、ファイルシステムから)「コンテンツ参照」フィールドに直接ドラッグ&ドロップします

  • アセットを追加​アクションを選択して、「アセットを参照」または「アップロード」を選択して、使用する適切なセレクターを開きます。

    コンテンツフラグメントエディター - アセットオプションの追加

参照ページ

AEM ページ、エクスペリエンスフラグメントまたはその他のコンテンツタイプへの参照を追加するには、次の手順を実行します。

  1. コンテンツのパスを追加」を選択します。

  2. 入力フィールドに必要なパスを追加します。

  3. 追加」で確定します。

親参照の表示

上部のツールバーでリンクアイコンを選択すると、すべての親参照のリストが開きます。

次に例を示します。

コンテンツフラグメントエディター - 参照の表示

ウィンドウが開き、関連するすべての参照が表示されます。参照を開くには、名前、タイトルまたはリンクアイコンを選択します。

次に例を示します。

コンテンツフラグメントエディター - 参照の表示

プロパティおよびタグの表示

右側のパネルの「プロパティ」タブでは、プロパティ(メタデータ)とタグを表示できます。プロパティは次のいずれかになります。

  • コンテンツフラグメント - メイン​が現在選択されている場合
  • 特定の​バリエーション

コンテンツフラグメントエディター - プロパティ

プロパティおよびタグの編集

「プロパティ」タブ(右側のパネル)では、次の項目も編集できます。

  • タイトル

  • 説明

  • タグ:ドロップダウンリストまたは選択ダイアログを使用

    コンテンツフラグメントエディター - タグの管理

コンテンツフラグメントモデルを開く

メイン」を選択した場合、基になるコンテンツフラグメントモデルの名前が「プロパティ」セクションに表示されます。リンクアイコンを選択すると、モデルが別のタブで開きます。

次に例を示します。

コンテンツフラグメントエディター - コンテンツフラグメントモデルを開く

バージョン履歴の表示

右側のパネルの「バージョン履歴」タブに、現在のバージョンと以前のバージョンの詳細が表示されます。

メモ

コンテンツフラグメントの公開時に新しいバージョンが作成されます。

コンテンツフラグメントエディター - バージョン履歴の概要

特定のバージョンに戻す

どのバージョンにも戻すことができます。

特定のバージョンに戻すには、次の手順に従います。

  1. バージョンの横にある 3 つのドットのアイコンを選択します。

  2. 元に戻す」を選択します。

コンテンツフラグメントエディター - バージョン履歴を元に戻す

言語コピーの表示

関連する言語コピーの「言語プロパティ」タブの詳細が表示されます。リンクアイコンを選択すると、そのコピーが別のタブで開きます。

次に例を示します。

コンテンツフラグメントエディター - 言語コピーを開く

メモ

コンテンツフラグメントの翻訳と言語コピーの作成について詳しくは、AEM ヘッドレス翻訳ジャーニーを参照してください。

フラグメントのプレビュー

コンテンツフラグメントエディターは、編集内容を外部フロントエンドアプリケーションでプレビューするオプションを作成者に提供します。

この機能を使用するには、まず次の操作が必要です。

  • IT チームと協力して、JSON 出力を使用してコンテンツフラグメントをレンダリングする外部フロントエンドアプリケーションを設定します。
  • 外部フロントエンドアプリケーションが設定されると、デフォルトのプレビュー URL パターン​は、適切なコンテンツフラグメントモデルのプロパティとして定義される必要があります。

URL が定義されると、「プレビュー」ボタンがアクティブになります。このボタンを選択すると、(別のタブで)外部アプリケーションを起動して、コンテンツフラグメントをレンダリングできます。

フラグメントの公開

フラグメントを次のいずれかに​公開​できます。

  • プレビューインスタンス
  • パブリッシュインスタンス

フラグメントは、エディターまたはコンソールから公開できます。詳しくは、フラグメントの公開とプレビューを参照してください。

フラグメントを非公開

また、フラグメントを次のいずれかで​非公開​にすることができます。

  • プレビューインスタンス
  • パブリッシュインスタンス

フラグメントは、エディターまたはコンソールから非公開にすることができます。詳しくは、フラグメントの非公開を参照してください。

フィールド、データタイプおよびアイコン

フィールド​パネルには、コンテンツフラグメント内のすべてのフィールドが一覧表示されます。アイコンは、データタイプ​を示します。

1 行のテキスト

複数行テキスト

数値

ブール値

日時

列挙

タグ

コンテンツ参照

フラグメント参照

JSON オブジェクト

タブプレースホルダー

実際のアイコンでは表されませんが、タブプレースホルダー は左側のパネルに表示されます。
中央のパネルでも、図のように水平方向に表示されるか、ドロップダウンリストで表示されます(水平方向に表示するには数が多すぎる場合)。

役に立つ知識

  • コンテンツフラグメントを編集するには、適切な権限が必要になります。問題が発生している場合は、システム管理者にお問い合わせください。

    例えば、edit 権限を持っていない場合、エディターは読み取り専用になります。

  • コンテンツフラグメントモデルでは、多くの場合、タイトル​および 説明​の名前が付けられたデータフィールドを定義できます。これらのフィールドが存在する場合、それらはユーザー定義のフィールドであり、フラグメントの編集中に​中央パネル​で更新できます。

    コンテンツフラグメントとそのバリエーションには、タイトル​および 説明​とも呼ばれるメタデータフィールド(バリエーションのプロパティ)もあります。これらのフィールドは、コンテンツフラグメントの不可欠な部分で、フラグメントの作成時に最初に定義されます。これらは、フラグメントの編集中に​右パネル​で更新できます。

  • 元のコンテンツフラグメントエディターの完全な情報については、Assets ドキュメントを参照してください - Assets コンソールと​コンテンツフラグメント​コンソールのどちらからでも利用できます。

  • 必要に応じて、プロジェクトチームはエディターをカスタマイズできます。詳しくは、コンテンツフラグメントコンソールとエディターのカスタマイズを参照してください。

このページ