バリエーションの生成 generate-variations

デジタルチャネルを最適化し、コンテンツの作成を高速化する方法を探している場合は、バリエーションの生成を使用できます。 バリエーションを生成では、ジェネレーティブ人工知能(AI)を使用して、プロンプトに基づくコンテンツのバリエーションを作成します。これらのプロンプトは、Adobeから提供されるか、ユーザーが作成および管理します。 バリエーションを作成した後、web サイトでコンテンツを使用できます。また、を使用して成功を測定することもできます。 実験 機能 Edge Delivery Services.

次のことができます バリエーションの生成へのアクセス コピー元:

NOTE
どの場合でも「バリエーションを生成」を使用するには、以下を確認する必要があります。 アクセスの前提条件 満たされた。

これにより、以下のことが可能になります。

法的事項および使用上の注意 legal-usage-note

ジェネレーティブ AI とAEM用 Generate バリエーションは強力なツールですが、 あなた 出力の使用を担当します。

サービスへの入力は、コンテキストに関連付ける必要があります。 このコンテキストには、ブランディング資料、web サイトコンテンツ、データ、このようなデータのスキーマ、テンプレートまたはその他の信頼できるドキュメントを使用できます。

出力の精度は、ユースケースに合わせて評価する必要があります。

「バリエーションを生成」を使用する前に、に同意する必要があります Adobe生成 AI のユーザーガイドライン.

バリエーションを生成の使用 生成行動の消費に結び付けられています。

概要 overview

「バリエーションを生成」を開き(左側のパネルを展開して)、次の項目が表示されます。

バリエーションを生成 – メインパネル

  • 右側のパネル

    • これは、左側のナビゲーションで選択した内容によって異なります。
    • デフォルトでは プロンプトテンプレート が表示されます。
  • 左側のナビゲーション

    • ~の左側に バリエーションを生成 ​には、左側のナビゲーションパネルを展開または非表示にするオプション(サンドイッチメニュー)があります。

    • プロンプトテンプレート:

      • 様々なプロンプトへのリンクを表示します。これにはプロンプトを含めることができます。

        • コンテンツの生成に役立つようにAdobeによって提供されます。「Adobe」アイコンのフラグが付いています。
        • 自分で作成します。
        • IMS 組織内で作成されました。複数のヘッドを示すアイコンが付いています。
      • 次を含む 新しいプロンプト 独自のプロンプトを作成するためのリンク。

      • 次のことができます 削除 プロンプトは自分で、または IMS 組織内で作成します。 それには、該当するカードの楕円でアクセスしたメニューを使用します。

    • お気に入り:お気に入りとしてフラグを設定した、以前の世代からの結果を表示します。

    • 最近:最近使用したプロンプトへのリンクとその入力が表示されます。

    • ヘルプとよくある質問:FAQ を含むドキュメントへのリンク。

    • ユーザーガイドライン:法務ガイドラインへのリンク。

はじめに get-started

インターフェイスのガイドに従ってコンテンツを生成できます。 インターフェイスを開いた後、最初の手順は使用するプロンプトを選択することです。

プロンプトを選択 select-prompt

メインパネルから、次の項目を選択できます。

  • コンテンツの生成を開始するためにAdobeから提供されたプロンプトテンプレート。
  • この 新しいプロンプト 独自のプロンプトを作成するには、
  • 自身が使用するためにのみ作成したテンプレート
  • 自分または組織内のユーザーが作成したテンプレート。

区別するには:

  • Adobeが指定したプロンプトには、Adobeアイコンのフラグが付きます
  • IMS 組織全体で使用可能なプロンプトには、複数ヘッドのアイコンが付きます。
  • プライベートプロンプトには、特別なフラグは付きません。

バリエーションの生成 – プロンプトテンプレート

入力を指定 provide-inputs

ジェネレーティブ AI から適切なコンテンツを取り戻すことができるように、プロンプトごとに特定の情報を指定する必要があります。

入力フィールドの指示に従って、必要な情報を入力します。 そのため、特定のフィールドには、デフォルト値を使用したり、必要に応じて変更したり、要件を説明する説明を追加したりできます。

複数のプロンプトに共通する複数のキー入力フィールドがあります(特定のフィールドが常に使用できるとは限りません)。

  • カウント/

    • 1 つの世代で作成するコンテンツバリエーションの数を選択できます。
    • プロンプトに応じて、様々なラベル(カウント、バリエーション数、アイデア数など)の 1 つが表示される場合があります。
  • オーディエンスソース/ターゲットオーディエンス

    • 特定のオーディエンスに対してパーソナライズされたコンテンツを生成できます。
    • Adobeには、デフォルトオーディエンスが用意されています。または、追加のオーディエンスを指定できます。詳しくは、 オーディエンス.
  • 追加のコンテキスト

    • ジェネレーティブ AI が入力に基づいてより優れた応答を作成するのに役立つ、関連するコンテンツを挿入します。 例えば、特定のページや製品の web バナーを作成する場合に、そのページや製品に関する情報を含めることができます。
  • 温度
    を使用して、Adobe生成 AI の温度を変更します。

    • 温度が高いほど、プロンプトから逸脱し、より多くのバリエーション、ランダム性、創造性につながります。
    • 温度が低いほど、より決定的で、プロンプトに近い状態になります。
    • デフォルトでは、温度は 1 に設定されています。 生成された結果が気に入らない場合は、異なる温度を試すことができます。
  • プロンプトの編集

コピーを生成 generate-copy

入力フィールドに入力したり、プロンプトを変更したりしたら、コンテンツを生成して応答をレビューする準備が整います。

を選択 Generate ジェネレーティブ AI によって生成された応答を確認します。 生成されたコンテンツのバリエーションは、生成したプロンプトの下に表示されます。

バリエーションを生成 – コピーを生成

NOTE
ほとんどのAdobeプロンプトテンプレートには、 AI の根拠 バリエーション応答で。 これにより、生成 AI が特定のバリエーションを生成した理由が明確になります。

1 つのバリエーションを選択した場合、次のアクションを使用できます。

  • お気に入り
    • as a のフラグ お気に入り 今後の使用のため(に表示) お気に入り)に設定します。
  • サムズアップ/サムズダウン
    • サムズアップ/ダウンインジケーターを使用して、応答の質をAdobeに通知します。
  • コピー
    • クリップボードにコピーして、Web サイトのコンテンツをオーサリングする際や 実験.
  • 削除

入力またはプロンプトを調整する必要がある場合は、調整を行って選択できます。 Generate ここでも、新しい応答のセットを取得します。 新しいプロンプトと応答は、最初のプロンプトと応答の下に表示されます。上下にスクロールして、様々なコンテンツセットを表示できます。

バリエーションの各セットの上には、作成したプロンプトと、 再利用 オプション。 入力を含むプロンプトを再実行する必要がある場合、 再利用 再ロードするには 入力.

画像を生成 generate-image

テキストバリエーションを生成したら、Fireflyの生成 AI 機能を使用して、Adobe Expressで画像を生成できます。

NOTE
画像を生成 は、IMSAdmin Consoleの一部としてAdobe Express使用権限があり、組織でアクセス権が付与されている場合にのみ使用できます。

バリエーションを選択し、続いて「」を選択します 画像を生成、直接開く テキストから画像 。対象: Adobe Express. プロンプトはバリアントの選択に基づいて事前入力され、画像はそのプロンプトに従って自動的に生成されます。

バリエーションの生成 – 画像の表現

さらに次の変更を行うことができます。

を使用することもできます。 詳細を見る を参照してください。

完了したら、目的の画像を選択し、 保存 Adobe Expressを閉じます。 画像が返され、バリエーションと共に保存されます。

バリエーションを生成 – Express 画像を保存しました

画像の上にマウスポインターを置くと、次のアクション項目を表示できます。

NOTE
Content credentials ドキュメントベースのオーサリングで使用する場合、は保持されません。

コンテンツの使用 use-content

生成 AI で生成されたコンテンツを使用するには、コンテンツをクリップボードにコピーして、他で使用できるようにする必要があります。

これは、コピーアイコンを使用して行います。

  • テキストの場合:バリエーションパネルに表示されているコピーアイコンを使用します
  • 画像の場合:画像の上にマウスポインターを置くと、コピーアイコンが表示されます

クリップボードにコピーしたら、情報を貼り付けて、web サイトのコンテンツをオーサリングする際に使用できます。 を実行することもできます。 実験.

お気に入り favorites

コンテンツを確認した後、選択したバリエーションをお気に入りとして保存できます。

保存すると、下に表示されます。 お気に入り 左側のナビゲーションの お気に入りが保持されます( 削除 (または、ブラウザーのキャッシュをクリアします)。

  • お気に入りとバリエーションをクリップボードにコピー/貼り付けて、web サイトコンテンツで使用できます。
  • お気に入りは次のとおりです 削除済み.

最近使用したもの recents

このセクションには、最近のアクティビティへのリンクが表示されます。 A 最近 を選択すると、エントリが追加されます Generate. これには、プロンプト名とタイムスタンプがあります。 リンクを選択すると、プロンプトが読み込まれ、必要に応じて入力フィールドに値が入力され、生成されたバリエーションが表示されます。

プロンプトを編集する edit-the-prompt

基になるプロンプトは編集できます。 次の操作が可能です。

  • 生成された結果を取得する場合は、さらに絞り込む必要があります
  • とを変更する プロンプトを保存 将来の使用のために

を選択 プロンプトの編集:

バリエーションの生成 – プロンプトの編集

これによりプロンプトエディターが開き、変更を加えることができます。

バリエーションの生成 – プロンプトエディター

プロンプト入力の追加 add-prompt-inputs

プロンプトを作成または編集する際に、入力フィールドを追加できます。 入力フィールドはプロンプトの変数として機能し、同じプロンプトを様々なシナリオで柔軟に使用できるようにします。 これにより、ユーザーはプロンプト全体を記述しなくても、プロンプトの特定の要素を定義できます。

  • フィールドは、二重中括弧で定義されます {{ }} プレースホルダー名を含める。
    例えば、{{tone_of_voice}} のように指定します。

    note note
    NOTE
    二重中括弧の間にスペースを入れることはできません。
  • また、次の場所でも定義されます METADATA。次のパラメーターを使用します。

    • label
    • description
    • default
    • type

例:新しいテキストフィールドの追加 – 声のトーン example-add-new-text-field-tone-of-voice

という名前の新しいテキストフィールドを追加します。 声トーン ​を指定する場合、プロンプトで次の構文を使用します。

{{@tone_of_voice,
  label="Tone of voice",
  description="Indicate the desired tone of voice",
  default="optimistic, smart, engaging, human, and creative",
  type=text
}}

バリエーションの生成 – 音声トーンで編集されたプロンプト

プロンプトの作成 create-prompt

選択した場合 新しいプロンプト から プロンプトテンプレート ​新しいパネルでは、新しいプロンプトを入力できます。 その後、これらと共にを指定できます 温度、終了 Generate コンテンツ。

参照: 保存プロンプト プロンプトを保存する詳細については、を参照してください。

参照: プロンプト入力の追加 独自のプロンプト入力の追加について詳しくは、を参照してください。

UI での書式設定を保持し、ドキュメントベースのオーサリングフローにコピーして貼り付ける際に書式設定を保持する場合は、プロンプトに次の内容を含めます。

  • "Format the response as an array of valid, iterable RFC8259 compliant JSON"

次の画像は、この方法の利点を示しています。

  • 最初の例では、 Title および Description 組み合わせる
  • 2 つ目の例では別々にフォーマットされていますが、これはプロンプトに JSON リクエストを含めることで行われています。

バリエーションの生成 – タイトルと説明を個別に書式設定したプロンプト

プロンプトを保存 save-prompt

プロンプトを編集または作成した後、IMS 組織または自分自身のために、後で使用するためにプロンプトを保存することができます。 保存したプロンプトは、 プロンプトテンプレート カード。

プロンプトを編集すると、 保存 オプションは、「入力」セクションの下部(の左側)にあります。 Generate.

選択すると、 保存プロンプト ダイアログが開きます。

バリエーションを生成 – 保存プロンプトのダイアログ

  1. 一意のを追加 プロンプト名。内でプロンプトを識別するために使用します。 プロンプトテンプレート.

    1. 一意の新しい名前を指定すると、新しいプロンプト テンプレートが作成されます。
    2. 既存の名前を指定すると、プロンプトが上書きされ、メッセージが表示されます。
  2. 必要に応じて、説明を追加します。

  3. オプションのアクティベートまたはアクティベート解除 組織全体で共有 ​プロンプトをプライベートにするか、IMS 組織全体で使用できるようにするかによって異なります。 このステータスは、に表示されます プロンプトテンプレートに表示される結果カード.

  4. 保存 プロンプト、または キャンセル アクション。

NOTE
既存のプロンプトを上書きまたは更新すると、通知が送信されます(警告)。
NOTE
送信元 プロンプトテンプレート 自分で、または IMS 組織内で作成されたプロンプトを(楕円でアクセスしたメニューを使用して)削除できます。

対象読者 audiences

パーソナライズされたコンテンツを生成するには、ジェネレーティブ AI がオーディエンスを理解している必要があります。 Adobeには、多数のデフォルトオーディエンスが用意されています。独自のオーディエンスを追加することもできます。

オーディエンスを追加する場合は、自然言語でオーディエンスを記述する必要があります。 次に例を示します。

  • オーディエンスを作成するには:
    • Student
  • 次のようになります。
    • The audience consists of students, typically individuals who are pursuing education at various academic levels, such as primary, secondary, or tertiary education. They are engaged in learning and acquiring knowledge in diverse subjects, seeking academic growth, and preparing for future careers or personal development.

次の 2 つのオーディエンスソースをサポートしています。

バリエーションの生成 – オーディエンスソース

対象読者 – Adobe Target audience-adobe-target

を選択 Adobe Target プロンプトのオーディエンスを使用すると、そのオーディエンスに合わせてコンテンツを生成できます。

NOTE
このオプションを使用するには、IMS 組織がAdobe Targetにアクセスできる必要があります。
  1. Adobe Target」を選択します。

  2. 次に、必要なを選択します ターゲットオーディエンス ​表示されるリストから。

    note note
    NOTE
    を使用するには Adobe Target オーディエンス 「説明」フィールドには入力する必要があります。 そうでない場合、オーディエンスはドロップダウンリストで使用不可として表示されます。 説明を追加するには、Target に移動し、 オーディエンスの説明を追加.

    バリエーションの生成 – オーディエンスソース - Adobe Target

Adobe Target オーディエンスを追加 add-adobe-target-audience

参照: オーディエンスを作成 Adobe Targetでオーディエンスを作成します。

オーディエンス - CSV ファイル audience-csv-file

を選択 CSV ファイル プロンプトのオーディエンスを使用すると、選択したユーザーに合わせてコンテンツを生成できます ターゲットオーディエンス.

Adobeでは、使用するオーディエンスの数を用意しています。

  1. を選択 CSV ファイル.

  2. 次に、必要なを選択します ターゲットオーディエンス ​表示されるリストから。

    バリエーションの生成 – オーディエンスソース - CSV ファイル

オーディエンス CSV ファイルを追加 add-audience-csv-file

様々なプラットフォーム(Google ドライブ、Dropbox、SharePoint など)から CSV ファイルを追加できます。このプラットフォームでは、ファイルの公開後に、ファイルへの URL を指定できます。

NOTE
共有プラットフォームでは、 ファイルに公開でアクセスできるようにする

例えば、Google ドライブのファイルからオーディエンスを追加するには、次のようにします。

  1. Google Drive で、次の 2 つの列を持つスプレッドシートファイルを作成します。

    1. 最初の列がドロップダウンに表示されます。
    2. 2 番目の列はオーディエンスの説明です。
  2. ファイルを公開します。

    1. ファイル/共有/web に公開/CSV
  3. 公開されたファイルに URL をコピーします。

  4. バリエーションを生成に移動します。

  5. プロンプトエディターを開きます。

  6. 検索 Adobe Target メタデータ内のオーディエンスと URL の置き換え

    note note
    NOTE
    URL の両端に二重引用符(")が付いていることを確認してください。

    次に例を示します。

    バリエーションの生成 – オーディエンス CSV ファイルの追加

生成アクションの使用 generative-action-usage

使用状況の管理は、実行されるアクションに応じて異なります。

  • バリエーションの生成

    コピーバリアントの 1 つの世代は、1 つの生成アクションと等しくなります。 お客様は、AEM ライセンスに一定数の生成アクションが付属しています。 基本使用権限が消費されると、追加のアクションを購入できます。

    note note
    NOTE
    参照: Adobe Experience Manager:Cloud Service |製品の説明 基本権限の詳細については、アカウントチームに問い合わせてください。より生成アクションを購入したい場合。
  • Adobe Express

    画像生成の使用は、Adobe Expressの使用権限と 生成クレジット.

Access バリエーションを生成 access-generate-variations

前提条件を満たしたら、AEMas a Cloud ServiceまたはEdge Delivery ServicesのSidekickからバリエーションを生成にアクセスできます。

アクセスのための前提条件 access-prerequisites

バリエーションの生成を使用するには、前提条件を満たしていることを確認する必要があります。

Edge Delivery Servicesを使用したExperience Manageras a Cloud Serviceへのアクセス access-to-aemaacs-with-edge-delivery-services

バリエーションを生成するためのアクセス権を必要とするユーザーは、Edge Delivery Servicesを持つExperience Manageras a Cloud Service環境を利用できる権限が必要です。

NOTE
AEM Sitesas a Cloud Service版の契約にEdge Delivery Servicesが含まれていない場合は、新しい契約に署名してアクセスできるようにする必要があります。
Edge Delivery Servicesを使用してAEM Sites as a Cloud Service環境に移行する方法については、アカウントチームにお問い合わせください。

特定のユーザーにアクセス権を付与するには、そのユーザーアカウントをそれぞれの製品プロファイルに割り当てます。 参照: 詳しくは、AEM製品プロファイルの割り当てを参照してください.

AEMからのアクセスas a Cloud Service access-aemaacs

バリエーションを生成は、からアクセスできます。 ナビゲーションパネル (AEMas a Cloud Service中):

ナビゲーションパネル

AEM Sidekickからのアクセス access-aem-sidekick

(Edge Delivery Servicesの)Sidekickから「バリエーションを生成」にアクセスするには、ある程度の設定が必要です。

  1. ドキュメントを参照 AEM Sidekickのインストール (Sidekickのインストールおよび設定方法については)。

  2. (Edge Delivery Servicesの)Sidekickでバリエーションを生成を使用するには、の下のEdge Delivery Servicesプロジェクトに次の設定を含めます。

    • tools/sidekick/config.json

    これは、既存の設定に結合してからデプロイする必要があります。

    次に例を示します。

    code language-prompt
    {
      // ...
      "plugins": [
        // ...
        {
          "id": "generate-variations",
          "title": "Generate Variations",
          "url": "https://experience.adobe.com/aem/generate-variations",
          "passConfig": true,
          "environments": ["preview","live", "edit"],
          "includePaths": ["**.docx**"]
        }
        // ...
      ]
    }
    
  3. その後、ユーザーが以下を持っていることを確認する必要がある場合があります。 Edge Delivery Servicesを使用したExperience Manageras a Cloud Serviceへのアクセス.

  4. その後、を選択して、この機能にアクセスできます。 バリエーションを生成 Sidekickのツールバーから、次の操作を行います。

    バリエーションの生成 – AEM Sidekicj からのアクセス

その他の情報 further-information

詳しくは、次のリンクも参照してください。

FAQ faqs

フォーマットされた出力 formatted-outpu

生成された応答では、必要な形式の出力が提供されません。 形式を変更するにはどうすればよいですか? 例:タイトルとサブタイトルが必要ですが、応答はタイトルのみです

  1. 編集モードで実際のプロンプトを開きます。

  2. 要件に移動します。

  3. 出力について説明する要件があります。

    1. 例:「テキストは、タイトル、本文、ボタンラベルの 3 つの部分で構成する必要があります。」 または「属性「Title」、「Body」、「ButtonLabel」を持つオブジェクトの有効な JSON 配列として応答をフォーマットします。
  4. 要件をニーズに合わせて変更します。

    note note
    NOTE
    入力する新しい出力に対して単語数/文字数の制限がある場合は、要件を作成します。

    例:「タイトルテキストは、スペースを含めて 10 単語または 50 文字を超えないようにする」

  5. 今後の使用のためにプロンプトを保存します。

応答の長さ length-of-response

生成された応答が長すぎるか、短すぎます。 長さの変更方法

  1. 編集モードで実際のプロンプトを開きます。
  2. 要件に移動します。
  3. 各出力に対して、対応する単語/文字の制限があります。
    1. 例:「タイトルテキストは、スペースを含めて 10 単語または 50 文字を超えないようにする」
  4. 要件をニーズに合わせて変更します。
  5. 今後の使用のためにプロンプトを保存します。

回答の改善 improve-responses

求めている回答は正確には一致しません。 改善するにはどうすればよいですか?

  1. 詳細設定で温度を変更してみてください。

    1. 温度が高いほど、プロンプトから逸脱し、より多くのバリエーション、ランダム性、創造性につながります。
    2. 温度が低いほど、より決定論的であり、プロンプトの内容に従います。
  2. 編集モードで実際のプロンプトを開き、プロンプトを確認します。 声のトーンやその他の重要な基準を説明する要件の節に特に注意してください。

プロンプトのコメント comments-in-prompt

プロンプトでコメントを使用する方法

プロンプト内のコメントは、実際の出力の一部ではないメモ、説明、または指示を含めるために使用されます。 これらのコメントは特定の構文でカプセル化され、先頭と末尾を二重の中括弧で囲み、先頭をハッシュにします(例: {{# Comment Here }})に設定します。 コメントは、生成される応答に影響を与えることなく、プロンプトの構造や意図を明確にするのに役立ちます。

共有プロンプトの検索 find-a-shared-prompt

共有しているプロンプトテンプレートが見つからない場合はどうすればよいですか?

このような場合、確認すべき様々な詳細があります。

  1. 環境の URL を使用します。
    例:https://experience.adobe.com/#/aem/generate-variations
  2. 選択した IMS 組織が正しいことを確認します。
  3. プロンプトが共有として保存されたことを確認します。

v2.0.0 のカスタムプロンプト custom-prompts-v200

v.2.0.0 では、カスタムプロンプトが表示されなくなりました。どうすればよいですか?

v2.0.0 リリースに移行すると、カスタムプロンプトテンプレートが壊れ、使用できなくなります。

これらを取得するには:

  1. Sharepoint の prompt-template フォルダーに移動します。
  2. プロンプトをコピーします。
  3. バリエーションを生成アプリケーションを開きます。
  4. 新しいプロンプトカードを選択します。
  5. プロンプトを貼り付けます。
  6. プロンプトが機能することを確認します。
  7. プロンプトを保存します。

リリース履歴 release-history

現在および以前のリリースについて詳しくは、 バリエーションを生成するためのリリースノート

recommendation-more-help
fbcff2a9-b6fe-4574-b04a-21e75df764ab