Workfront for Experience Manager enhanced connector のインストール

拡張コネクタのインストールは、Cloud Service として Adobe Experience Manager への管理者アクセス権を持つユーザーが行います。インストールする前に、プラットフォームのサポートとコネクタのその他の 前提条件 を確認してください。

重要
  • Adobeは、認定パートナーまたは Adobe Professional Services を介してのみ Adobe Workfront for Experience Manager enhanced connector のデプロイメントと構成を必要とします。認定パートナーなしでデプロイおよび設定した場合、または Adobe Professional Servicesの場合、Adobe ではサポートされません。

  • アドビは、このコネクターを冗長にするAdobe Workfrontおよび Adobe Experience Manager の更新をリリースする可能性があります。この場合、お客様はこのコネクターの使用から移行する必要が生じることがあります。

  • Adobeは、拡張コネクタバージョン 1.7.4 以降をサポートしています。 以前のプレリリースおよびカスタムバージョンはサポートされていません。 拡張コネクタのバージョンを確認するには、次の手順 5(a) を参照してください: コネクタのインストール手順の強化.

  • 詳しくは、Workfront for Experience Manager Assets 拡張コネクタに関するパートナー認定試験を参照してください。試験について詳しくは、 試験ガイド.

コネクタをインストールする前に、次のプリインストール手順に従います。

  1. ファイアウォールの設定。Workfront の IP クラスターを調べるには、設定/システム/顧客情報に移動します。

  2. Dispatcher で、authorizationusername および apikey という名前の HTTP ヘッダーを許可します。/bin/workfront-tools への GETPOST および PUT リクエストを許可します。

  3. 次のパスが Experience Manager リポジトリーに存在しないことを確認します。

    • /apps/dam/gui/coral/components/admin/schemaforms/formbuilder
    • /apps/dam/gui/coral/components/admin/folderschemaforms/formbuilder
    • /apps/dam/gui/content/foldermetadataschemaeditor
    • /apps/dam/cfm/models/editor/components/datatypeproperties
    • /apps/settings/dam/cfm/models/formbuilderconfig
    • /apps/dam/gui/content/assets/jcr:content/actions/secondary/create/items/fileupload
  4. このインストールを行うには、Experience Manager の Maven プロジェクトを Cloud Service として設定するための知識が必要です。次のリソースを使用して、Maven プロジェクトにサードパーティパッケージを含める方法を理解します。

アドオンを Experience Manager に Cloud Service としてインストールするには、次の手順に従います。

  1. アドビのソフトウェア配布から拡張コネクタをダウンロードします。

  2. Cloud Manager から AEM as a Cloud Service リポジトリーにアクセスし、クローンを作成します。

  3. 任意の IDE を使用して、AEM as a Cloud Service リポジトリーのクローンを開きます。

  4. 手順 1 でダウンロードした拡張コネクタの zip ファイルを次のパスに配置します。

       /ui.apps/src/main/resources/<zip file>
    
    メモ

    resources フォルダーが存在しない場合は作成します。

  5. pom.xml 依存関係を追加します。

    1. pom.xml に依存関係を追加します。

      <dependency>
         <groupId>digital.hoodoo</groupId>
         <artifactId>workfront-tools.ui.apps</artifactId>
         <type>zip</type>
         <version>enhanced connector version number</version>
         <scope>system</scope>
         <systemPath>${project.basedir}/ui.apps/src/main/resources/workfront-tools.ui.apps.zip</systemPath>
      </dependency>
      
      メモ

      依存関係を親 pom.xml にコピーする前に、拡張コネクタのバージョン番号を必ず更新してください。

    2. all module pom.xml に依存関係を追加します。

         <dependency>
            <groupId>digital.hoodoo</groupId>
            <artifactId>workfront-tools.ui.apps</artifactId>
            <type>zip</type>
            <scope>system</scope>
            <systemPath>${project.basedir}/../ui.apps/src/main/resources/workfront-tools.ui.apps.zip</systemPath>
         </dependency>
      
  6. pom.xml 埋め込みを追加します。すべてのサブプロジェクトの pom.xmlembeddeds セクションに Workfront for Experience Manager enhanced connector パッケージを追加します。すべてのモジュール pom.xml に組み込む必要があります。

    <!-- Workfront Tools -->
    <embedded>
       <groupId>digital.hoodoo</groupId>
       <artifactId>workfront-tools.ui.apps</artifactId>
       <type>zip</type>
       <target>/apps/<path-to-project-install-folder>/install</target>
    </embedded>
    

    埋め込みセクションのターゲットが /apps/<path-to-project-install-folder>/install に設定されます。JCR パス /apps/<path-to-project-install-folder> を、all/src/main/content/META-INF/vault/filter.xml ファイルのフィルタールールに含める必要があります。リポジトリーのフィルタールールは、通常、プログラム名から派生します。フォルダーの名前を既存ルールのターゲットとして使用します。

  7. 変更をリポジトリーにプッシュします。

  8. パイプラインを実行して、変更内容を Cloud Manager にデプロイします。

  9. システムユーザー設定を作成するには、Experience Manager ユーザーグループに wf-workfront-users を作成し、権限 jcr:all/content/dam に割り当てます。システムユーザー workfront-tools が自動的に作成され、必要な権限が自動的に管理されます。拡張コネクタを使用する Workfront のすべてのユーザーは、このグループの一員として自動的に追加されます。

以前のバージョンから最新のバージョンに Workfront for Experience Manager enhanced connector を更新するための情報は、こちらにあります。

Experience Manager 間の接続を Cloud Service と Workfront のように設定します。

Workfront との接続を作成するには、次の手順に従います。

  1. Experience Manager で、ツールクラウドサービスWorkfront ツール設定 を選択します。

  2. 左パネルで workfront-tools を選択し、ページの右上の領域にある「作成 」オプションを選択します。

  3. Workfront 接続​ダイアログで、Workfront デプロイメントの必須の詳細事項を入力して、「Workfront に接続」オプションを選択します。正常に接続されると、Workfront ドキュメントのカスタム統合が Workfront 環境に自動的に作成されます。

    Experience Manager と Workfront の接続

  4. 詳細」タブに移動し、「Is the Server AEM as a Cloud Service」オプションを選択します。

このページ