インストール Workfront for Experience Manager enhanced connector

で管理者アクセス権を持つユーザー Adobe Experience Manager as a Cloud Service 拡張コネクタをインストールします。 インストールする前に、プラットフォームのサポートとその他を確認してください コネクタの前提条件.

重要

Adobeには、 Adobe Workfront for Experience Manager enhanced connector 認定パートナーまたは Adobe Professional Services. 認定パートナーなしでデプロイおよび設定した場合、または Adobe Professional Servicesの場合、Adobeではサポートされません。

Adobeが次の更新をリリースする可能性がある: Adobe Workfront および Adobe Experience Manager このコネクタを冗長にするこの場合、お客様はこのコネクタの使用から移行する必要が生じる場合があります。

コネクタをインストールする前に、次のプリインストール手順に従います。

  1. ファイアウォールの設定. の IP クラスタを知るには、以下を実行します。 Workfrontに移動します。 設定 > システム > 顧客情報.

  2. Dispatcher で、という名前の HTTP ヘッダーを許可します。 authorization, username、および apikey. 許可 GET, POST、および PUT リクエスト: /bin/workfront-tools.

  3. 次のパスがに存在しないことを確認してください。 Experience Manager リポジトリ:

    • /apps/dam/gui/coral/components/admin/schemaforms/formbuilder
    • /apps/dam/gui/coral/components/admin/folderschemaforms/formbuilder
    • /apps/dam/gui/content/foldermetadataschemaeditor
    • /apps/dam/cfm/models/editor/components/datatypeproperties
    • /apps/settings/dam/cfm/models/formbuilderconfig
  4. このインストールでは、で Maven プロジェクトを設定するための知識が必要です。 Experience Manager as a Cloud Service. Maven プロジェクトにサードパーティパッケージを含める方法については、次のリソースを参照してください。

アドオンをインストールするには、以下を実行します。 Experience Manager as a Cloud Serviceを使用する場合は、次の手順に従います。

  1. 追加 pom.xml 依存関係:

    1. 親に依存関係を追加 pom.xml.

      <dependency>
         <groupId>digital.hoodoo</groupId>
         <artifactId>workfront-tools.ui.apps</artifactId>
         <type>zip</type>
         <version>1.7.4</version>
      </dependency>
      
    2. すべてのモジュールに依存関係を追加 pom.xml.

         <dependency>
            <groupId>digital.hoodoo</groupId>
            <artifactId>workfront-tools.ui.apps</artifactId>
            <type>zip</type>
         </dependency>
      
  2. 追加 pom.xml 認証。

    1. 以下のリポジトリ設定を adobe-public プロファイル内の pom.xml に含めると、(上記の)コネクタの依存関係を(ローカルでも Cloud Manager でも)ビルド時に解決できます。 リポジトリアクセスの資格情報は、ライセンスの購入時に提供されます。 資格情報は、servers セクションの settings.xml ファイルに追加する必要があります。

      <repository>
         <id>hoodoo-maven</id>
         <name>Hoodoo Repository</name>
         <url>https://gitlab.com/api/v4/projects/12715200/packages/maven</url>
      </repository>
      
    2. という名前のファイルを作成します。 ./cloudmanager/maven/settings.xml 」と入力します。 パスワードで保護された Maven リポジトリをサポートするには、 プロジェクトの設定方法. また、例 settings.xml ファイルを参照してください。 最後に、ローカルの settings.xml ローカルでコンパイルする場合。

         <server>
            <id>hoodoo-maven</id>
            <configuration>
               <httpHeaders>
                     <property>
                        <name>Deploy-Token</name>
                        <value>xxxxxxxxxxxxxxxx</value>
                     </property>
               </httpHeaders>
            </configuration>
         </server>
      
  3. 追加 pom.xml 埋め込み を Workfront for Experience Manager enhanced connector パッケージ embeddeds セクション pom.xml すべてのサブプロジェクトの すべてのモジュールに組み込まれている必要がある pom.xml.

    <!-- Workfront Tools -->
    <embedded>
       <groupId>digital.hoodoo</groupId>
       <artifactId>workfront-tools.ui.apps</artifactId>
       <type>zip</type>
       <target>/apps/<path-to-project-install-folder>/install</target>
    </embedded>
    
  4. システムユーザー設定を作成するには、 wf-workfront-users in Experience Manager ユーザーグループと権限の割り当て jcr:all から /content/dam. システムユーザー workfront-tools が自動的に作成され、必要な権限が自動的に管理されます。 からのすべてのユーザー Workfront 拡張コネクタを使用するユーザーは、このグループの一部として自動的に追加されます。

次の間の接続を設定 Experience Manager as a Cloud Service および Workfront

との接続を作成するには Workfrontを使用する場合は、次の手順に従います。

  1. In Experience Managerを選択します。 ツール > Cloud Services > Workfront Tools Configuration.

  2. 選択 workfront-tools を選択し、 作成 」オプションを使用して、ページの右上に表示されます。

  3. Workfront Connection ダイアログで、 Workfront 配置、選択 Workfrontに接続 オプション。 正常に接続されると、 Workfront ドキュメントのカスタム統合が Workfront 環境。

    接続 Experience Manager および Workfront

  4. 次に移動: 詳細 」タブに移動してオプションを選択します。 Server AEM as a Cloud Service.

このページ