Workfront for Experience Manager enhanced connector のインストール assets-integration-overview

バージョン
記事リンク
AEM as a Cloud Service
ここをクリックしてください
AEM 6.5
この記事

Adobe Experience Manager の管理者アクセス権を持つユーザーが拡張コネクタをインストールします。インストールする前に、プラットフォームのサポートとその他のコネクタの前提条件を確認してください。

IMPORTANT
  • Adobeは、認定パートナーまたは Adobe Professional Services を介してのみ Adobe Workfront for Experience Manager enhanced connector のデプロイメントと構成を必要とします。認定パートナーなしでデプロイおよび設定した場合、または Adobe Professional Servicesの場合、Adobe ではサポートされません。

  • アドビは、このコネクターを冗長にするAdobe Workfrontおよび Adobe Experience Manager の更新をリリースする可能性があります。この場合、お客様はこのコネクターの使用から移行する必要が生じることがあります。

  • アドビでは、拡張コネクタバージョン 1.7.4 以降をサポートしています。以前のプレリリースバージョンやカスタムバージョンはサポートされていません。拡張コネクタのバージョンを確認するには、パッケージマネージャーの左側のパネルで使用可能な digital.hoodoo グループに移動します。

  • 詳しくは、Workfront for Experience Manager Assets 拡張コネクタに関するパートナー認定試験を参照してください。試験について詳しくは、試験ガイドを参照してください。

コネクタをインストールするには、次の手順に従います。

  1. Software Distribution リンクからコネクタをダウンロードします。

  2. ファイアウォールを設定します

  3. Dispatcher で、authorizationusername および apikey という名前の HTTP ヘッダーを許可します。/bin/workfront-tools への GETPOST および PUT リクエストを許可します。

  4. Experience Manager リポジトリに次のパスが存在しないことを確認します。

    • /apps/dam/gui/coral/components/admin/schemaforms/formbuilder
    • /apps/dam/gui/coral/components/admin/folderschemaforms/formbuilder
    • /apps/dam/gui/content/foldermetadataschemaeditor
    • /apps/dam/cfm/models/editor/components/datatypeproperties
    • /apps/settings/dam/cfm/models/formbuilderconfig
  5. パッケージマネージャーを使ってパッケージをインストールします。パッケージのインストール方法については、パッケージマネージャーのドキュメントを参照してください。

  6. Experience Manager ユーザーグループに wf-workfront-users を作成し、jcr:all 権限を /content/dam に割り当てます。

  7. の標準提供のインデックス定義にカスタムプロパティを追加します。 ntFolderDamLucene(/oak:index/ntFolderDamLucene). 次の手順を実行します。

    • を追加します。 nt:unstructured プロパティ名 wfReferenceNumber 移動先:

      /oak:index/ntFolderDamLucene/indexRules/nt:folder/properties/wfReferenceNumber

    • インデックスの再作成 index /oak:index/ntFolderDamLucene 再インデックスフラグを true.

システムユーザー workfront-tools が自動的に作成され、必須の権限が自動的に管理されます。このコネクタを使用するすべての Workfront ユーザーが、このグループの一部として自動的に追加されます。

Experience Manager と Workfront との接続の設定 configure-connection

Workfront との接続を作成するには、次の手順に従います。

  1. Experience Manager で、 ツールクラウドサービスWorkfront ツール設定 ​を選択します。

  2. 左パネルで workfront-tools を選択し、ページの右上の領域にある「作成 」オプションを選択します。

  3. Workfront 接続 ​ダイアログで、Workfront デプロイメントの必須の詳細事項を入力して、「Workfront に接続」オプションを選択します。正常に接続されると、Workfront ドキュメントのカスタム統合が Workfront 環境に自動的に作成されます。

    接続:Experience Manager と Workfront

  4. 接続を確認するには、Workfront でアクセスして、API キーが同じで接続が​ 有効 ​であることを確認します。それには、Workfront で 設定ドキュメントカスタム統合 ​を選択します。

更新 Workfront for Experience Manager enhanced connector update-enhanced-connector-for-workfront

Experience Manager Assets では、Workfront for Experience Manager enhanced connector を旧バージョンから最新バージョンに更新できます。

Workfront for Experience Manager enhanced connector を最新バージョンに変更する手順は次のとおりです。

  1. 拡張コネクタの最新バージョンをSoftware Distribution リンクからダウンロードします。
  2. パッケージマネージャーを使ってパッケージをインストールします。パッケージのインストール方法については、パッケージマネージャーのドキュメントを参照してください。
recommendation-more-help
19ffd973-7af2-44d0-84b5-d547b0dffee2