アセットソーシングの概要

アセットソーシング​を使用すると、追加の​アセット投稿​プロパティを持つ新しいフォルダーを AEM ユーザー(管理者/管理者以外のユーザー)が作成できるので、この新規作成フォルダーを Brand Portal ユーザーによるアセット送信に利用することができます。これにより、新しく作成された​投稿​フォルダー内に SHARED および NEW という 2 つのサブフォルダーを追加作成するワークフローが自動的にトリガーされます。次に、AEM 管理者はプロジェクトの要件を定義します。それには、投稿フォルダーに追加する必要があるアセットのタイプの簡単な説明と一連のベースラインアセットを SHARED フォルダーにアップロードして、BP ユーザーが必要な参照情報を確実に入手できるようにします。その後、管理者は、アクティブな Brand Portal ユーザーに投稿フォルダーへのアクセスを許可してから、新しく作成した​投稿​フォルダーを Brand Portal に公開することができます。NEW フォルダーへのコンテンツの追加を完了したら、ユーザーは、投稿フォルダーを AEM オーサー環境に公開できます。なお、読み込みが完了し、新しく公開したコンテンツが AEM Assets 内に反映されるまでに数分かかる場合があります。

また、既存の機能はすべてそのままで変わりません。Brand Portal ユーザーは、投稿フォルダーおよび許可された他のフォルダーからアセットを表示、検索およびダウンロードできます。さらに、管理者は投稿フォルダーの共有、プロパティの変更、コレクションへのアセットの追加をおこなうことができます。

前提条件

  • Cloud ServiceインスタンスとしてのAEM Assets、AEM Assets6.5.2以降。
  • AEM Assets インスタンスと Brand Portal の連携が設定されていることを確認します。AEM Assets と Brand Portal の連携の設定を参照してください。
  • Brand Portal テナントが 1 つの AEM Assets オーサーインスタンスで構成されていることを確認します。

Brand Portal アセットソーシング

メモ

AEM Assets6.5.4には既知の問題があります。Brand Portalユーザーは、Adobeデベロッパーコンソールにアップグレードする際に、貢献度フォルダーのアセットをAEM Assetsに公開できません。

この問題は AEM 6.5.5 で修正されました。お使いの AEM Assets インスタンスを最新のサービスパック AEM 6.5.5 にアップグレードし、Adobe 開発者コンソールで設定をアップグレードしてください。

AEM 6.5.4 の即時修正をおこなうには、ホットフィックスをダウンロードして、オーサーインスタンスにインストールすることをお勧めします。

アセットソーシングの設定

アセット ソースは、AEM Assetsの作成者インスタンス内から設定します。管理者は、AEM Web Console Configuration​からアセットソーシング機能のフラグ設定を有効にし、AEM Assets​にアクティブなBrand Portalユーザーリストをアップロードできます。

メモ

資産調達は、デフォルトで、Cloud ServiceとしてAEM Assetsで有効になっています。 AEM管理者は、アクティブなBrand Portalユーザを直接アップロードして、アセットソーシング機能へのアクセスを許可できます。

メモ

設定を開始する前に、AEM Assets インスタンスと Brand Portal の連携が設定されていることを確認します。AEM Assets と Brand Portal の連携の設定を参照してください。

次のビデオでは、AEM Assets作成者インスタンスでアセットソーシングを設定する方法を示します。

アセットソーシングの有効化

AEM管理者は、AEM Web Console Configuration(Configuration Managerなど)内でアセットソーシング機能フラグを有効にできます。

メモ

この手順は、Cloud ServiceとしてのAEM Assetsには適用されません。

アセットソーシングを有効にするには:

  1. AEM Assets作成者インスタンスにログインし、Configuration Managerを開きます。
    デフォルトURL:http:// localhost:4502/system/console/configMgr.
  2. キーワード​アセットソーシング​を使用して​アセットソーシング機能フラグConfig​を検索します。
  3. アセットソーシング機能フラグ設定」をクリックして設定ウィンドウを開きます。
  4. feature.flag.active.status」チェックボックスをオンにします。
  5. 保存」をクリックします。

Brand Portal ユーザーリストのアップロード

AEM 管理者は、AEM Assets のアクティブな Brand Portal ユーザーリストを含む Brand Portal ユーザー設定(.csv)ファイルをアップロードできます。投稿フォルダーは、ユーザーリストで定義されたアクティブな Brand Portal ユーザーのみ共有できます。管理者は、設定ファイルに新しいユーザーを追加し、変更したユーザーリストをアップロードすることもできます。

メモ

CSVファイルの形式は、一括Admin Consoleインポートのためのユーザーでサポートされている形式と同じです。 電子メールと氏名は必須です。

管理者はAEMAdmin Consoleで新しいユーザーを追加できます。詳しくは、ユーザーの管理を参照してください。 Admin Console でユーザーを追加したら、これらのユーザーを Brand Portal ユーザー設定ファイルに追加して、投稿フォルダーへのアクセス権を割り当てることができます。

Brand Portal ユーザーリストをアップロードするには:

  1. AEM Assetsインスタンスにログインします。

  2. ツール​パネルで、アセット/ブランドポータルユーザー​に移動します。

  3. Brand Portal 投稿者をアップロードウィンドウが開きます。ローカルマシンから参照して、アクティブな Brand Portal ユーザーリストを含む​設定(.csv)ファイル​をアップロードします。

  4. 保存」をクリックします。

管理者は、貢献度フォルダーの設定時に、このユーザーリストーから特定のユーザーへのアクセスを提供できます。 貢献度フォルダーに割り当てられたユーザーのみが、貢献度フォルダーにアクセスし、Brand PortalからAEM Assetsにアセットを公開できます。

関連トピック

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free