ページプロパティの一括編集のためのページの設定

ページプロパティの一括編集を使用すると、複数のページのプロパティを一度に編集できます。

様々な値が存在する可能性があるので、ページプロパティの一括編集はデフォルトでは有効になっていません。明示的に許可する(有効にする)必要があります。一括編集できるようにページプロパティを定義する場合は、次のような避けられない影響を考慮する必要があります。

  • ページタイトルなど、通常は一意なフィールドがあります。1 つの値が適用される場合に、そのようなフィールドの一括編集を有効にして意味があるかどうかを判断する必要があります。

  • 特定のフィールドには、複数の値を持たせることができます。そのためには、レンダリング時に意味のある表現が必要です。

    例えば、「公開の準備ができました」を示すチェックボックスが表示されます。 この値は、一括編集の前に複数の値を持つ場合があります(例:準備済み、レビュー中、処理中)。

注意

ページプロパティの一括編集には次の特徴があります。

  • クラシック UI では使用できません。
  • ライブコピー内のページでは使用できません。
  • リソースタイプが同じページでのみ使用できます。
メモ

一括編集は、アセットに対しても使用できます。非常に似ていますが、いくつかの点が異なります。詳しくは、複数のアセットのプロパティの編集を参照してください。スキーマエディターを使用して、アセットの一括メタデータエディターのフィールドをカスタマイズできます。

フィールドの有効化

メモ

特定のフィールドには、複数の値を持たせることができます。そのためには、レンダリング時に意味のある表現が必要です。このため、次のフィールドタイプのみを有効にしてください。

  • /libs/granite/ui/components/foundation/form/textfield
  • /libs/granite/ui/components/foundation/form/textarea
  • /libs/granite/ui/components/foundation/form/tagspicker
  • /libs/granite/ui/components/foundation/form/datepicker
  • /libs/granite/ui/components/foundation/form/pathbrowser
  • /libs/granite/ui/components/foundation/form/checkbox

フィールドは、(テンプレートではなく)ページコンポーネントで有効化します。**

  1. CRXDE Lite(または同等のメソッド)を使用して、ページコンポーネントを開きます。

    例:/apps/core/wcm/components/page/v1/page

    メモ

    この例では、コアコンポーネントがインスタンスにインストールされ、インスタンスが We.Retail サンプルコンテンツと共に実行されていることを想定しています。詳しくは、コアコンポーネントのドキュメントを参照してください。

  2. cq:dialog定義内の必須フィールドに移動します。

  3. フィールドノードで次のプロパティを定義します。

    • 名前allowBulkEdit
    • Boolean
    • : true

    例えば、標準的なページの基盤コンポーネントの場合:

    /libs/foundation/components/page

    プロパティは次の場所で定義されます。

    cq:dialog/content/items/tabs/items/basic/items/column/items/onofftime/items/ondate

    注意

    /libs パス内の設定は​一切​変更しないでください。

    /libs コンテンツは、インスタンスを次回アップグレードするとき(場合によってはホットフィックスまたは機能パックを適用したとき)に上書きされるからです。

    設定およびその他の変更に推奨される方法は次のとおりです。

    1. /appsの下で、必要な項目(/libsに存在)を再作成します。
    2. /apps 内で変更作業をおこないます。
  4. すべて保存」を選択して更新内容を保持します。

このページ