繰り返し可能なテクスチャ

繰り返し可能なテクスチャには、布地(衣料品と表装品の両方)、壁と壁の間の床の覆い、壁紙、カウンタートップ材、木目のテクスチャ、屋根とサイディング材、その他の一般的なテクスチャなどの内外のマテリアルが含まれます。

繰り返し可能なテクスチャは、フラット、フローライン、スケッチ、平面、壁、キャビネットの各オブジェクトに適用できます。 テクスチャ不可能なオブジェクトに適用すると、 color=(またはcolor=が指定されていない場合はbgc=)でペイントされます。

イメージを指定するsrc=属性が含まれ、デカールや壁の境界以外のMSSに存在する場合、マテリアルはテクスチャと見なされます。

レンダリング時に、テクスチャマテリアルのanchor=点と、(ビネットで作成した)オブジェクトのテクスチャ原点とを一致させることで、テクスチャとオブジェクトの位置が合わされます。

属性

説明

初期設定

src=

繰り返し可能なテクスチャイメージ必須

なし

res=

テクスチャの解像度

attribute::Resolution

anchor=

テクスチャの整列ポイント

左上隅。

repeat=

繰り返しモード

0 (ストレートリピート)

sharp=

シャープ

0(シャープなし)

繰り返し可能なテクスチャは、これらの基本アトリビュートに加えて、高度なアプリケーションに対して次の特殊用途のアトリビュートをサポートします。

属性

説明

初期設定

グラウト=

グラウトの色と厚さ;セラミック/石タイル材に有用である

既にイメージ内にグラウトが存在します

align=

整列モード(オブジェクト間)表皮材の用途に用いられる

中央に一致

rotate=

テクスチャの回転角度;壁オブジェクトに対してはサポートされない

0 (回転なし)

このページ