10進数

デカル転写のマテリアルには、アプリケ、tシャツの印刷、刺繍や印刷ロゴなどのアパレル構成、およびエリアラグ、壁掛けアート、看板などの内部や外部の用途で使用される繰り返し不可能なフラットオブジェクトが含まれます。

デカールのMSSで指定されている場合、マテリアルはデカールと見なされます。 デカル転写は通常RGBAイメージで、デカル転写の形状を定義するアルファチャネルを持ちます。

各フラット、フローライン、スケッチ、平面、または壁オブジェクトに1つのデカールを適用できます([テクスチャなし]フラグが設定されていない場合)。 デカル転写のanchor=をビネットオブジェクトのデカル接触チャネル点に合わせて、デカル転写をオブジェクトに適用します。 位置はpos=を使ってさらに調整できます。

デカル転写マテリアルで厚みを定義し、ビネットオブジェクトでライトベクトルを定義する場合は、ドロップシャドウがレンダリングされます。

属性

説明

初期設定

src=

画像(通常はアルファ付き);必須。

なし

サイズ=

デカル転写の幅、高さ、厚さ(ドロップシャドウの場合)

imageWidth x res imageHeight x res、0

res=

テクスチャの解像度(size=が指定されている場合は無視)

attribute::Resolution

anchor=

デカールの位置合わせ点

画像センター

pos=

デカールの相対位置

0, 0

opac=

デカールの不透明度

100%

sharp=

シャープ.

0(シャープなし)

このページ