配信品質のベストプラクティスの概要

E メールの配信品質は、あらゆる送信者のマーケティングプログラムの成功にとって重要な要素ですが、基準やルールが常に変化し続ける特徴があります。ISP は継続的にスパムの発生を防がなければならず、顧客保護のために高度なフィルタリング技術を開発する必要があります。E メールの送信者は、意図せずその取り組みに巻き込まれる可能性があります。デジタル世界で効果的な活動をおこなうには、配信品質の重要なトレンドを考慮したうえで E メール戦略を定期的に調整し、オーディエンスへの最適な配信をする必要があります。

Lifewire によれば、現在存在する E メールアドレスの数は 38 億以上に上ります。そのうえ、ソーシャルメディアコンサルタントの Lori Lewis と Chad Callahan は、毎分 1 億 8800 万通の E メールが送信され、これには世界人口の半分以上が含まれると報告しています。しかし、コンバージョンが低いために最大限の量の E メールを送信する戦略は時代遅れとなりました。実際は、ボリュームのみを考慮していたのでは、関心度の高い顧客が E メールを受け取らない危険性が生まれます。これは、送信者の売上高に多大な影響を与える可能性があります。低コストで無制限の可能性を持つチャネルとして E メールをとらえることには問題があります。

このデジタル時代においては、人々は簡単に嬉しい驚きを得られることを当然と考えています。インタラクションを持つことにした相手全員との満足できる瞬間を求めており、そのための競争は熾烈です。コンピューター、携帯電話、スマートホーム機器などのデバイスおよびそれらがサポートする、インスタントメッセージング、E メール、Web、プッシュ通知、ソーシャルメディアなどのコンテンツにより、消費者は絶え間なく大量のコンテンツを受け取っています。メッセージに説得力がなければ、消費者はメッセージを削除するか、完全に興味を失ってしまうでしょう。

現実に目を向けましょう。今日では、これまで以上に目立つ存在になる必要があります。これは、パーソナライズされた、非常に関連性の高いユニークな体験を顧客に提供することを意味します。そうしなければ、顧客を永久に失ってしまう危険性があります。オーディエンスの関心を引き続き高める、統合的で動的なマルチチャネル戦略の構築が不可欠です。

このガイドを使用して、時代を先取りするための配信品質に関する主な用語、概念、アプローチについて学習します。これを使用して、配信品質、インボックスの配置および売上高に高い優先順位を置き、E メールチャネルをマーケティングミックスの最前線に保ちます。

『配信品質のベストプラクティスガイド』では、以下のトピックについて説明します。

  1. 配信品質の戦略と定義
  2. 配信品質の指標
  3. エンゲージメント
  4. トランジションプロセス - E メールプラットフォームの切り替え
  5. 最初のインプレッション - リストの収集とようこそ E メール
  6. 最適な配信品質を実現するためのコンテンツのベストプラクティス
  7. 送信者の永続性
  8. インターネットサービスプロバイダーの詳細
  9. 継続的な監視
  10. 実際の利用
メモ

ソース

Heinz Tschabitscher、『How Many People Use Email Worldwide?』、Lifewire、2019 年 6 月 24 日

Lori Lewis、『2019: This Is What Happens in an Internet Minute』、Merge、2019 年 3 月 5 日。

その他のリソース

付録:追加のリソース

このページ