内部および外部FTPサーバの検証

内部FTPと外部FTPの設定を検証するために必要な最小限の手順を簡単に説明します。

内部FTPは、アドビ内部のコンサルタント/アーキテクトがファイルのアップロードまたはダウンロードのためにFTPサイトに接続する必要がある場合に使用されます。一方、外部FTPは、主にユーザが必要なデータファイルをアップロードする際に使用します。

FTPサーバーの設定について詳しくは、 File Transfer Protocolを参照してください

検証手順 — 外部FTP

  1. コマンドプロンプトを開きます。 (Windows + Rキーを押し、「cmd」と入力)

  2. Type ftp <ftp server>

  3. ユーザー名とパスワードを入力します。

  4. 一部のファイルを移動できるローカルディレクトリを変更します。 次のコマンドを使用します。

ftp> lcd C:\Users\andixit\Desktop

ローカルディレクトリに移動しま C:\Users\andixit\Desktopした。

  1. ローカルからリモートの場所にファイルをコピーします。

  2. リモートサーバーからログアウトします。 (次のコマンドを使用)

ftp> bye

221 Goodbye

メモ

FTPを検証する別の方法は、Filezillaを使用する方法です。 ホスト名、ユーザー名、パスワード、ポートを指定します。 パネルの右側はリモートサイトで、左側はローカルサイトです。 ローカルサイトからリモートサイトへ、およびv.vからFTPドラッグ&ドロップしたファイルを検証するには、次の手順に従います。

検証手順 — 内部FTP

上記の手順に従って、アドビの任意のサーバーからの内部ftpを検証できます。

このページ