強制隔離管理について

強制隔離について

例えば、メールボックスの容量が超過している場合や、アドレスが存在しない場合などに、E メールアドレスや電話番号を強制隔離できます。

どのような場合でも、強制隔離手順は、こので説明する特定のルールに従います。

強制隔離による配信の最適化

E メールアドレスまたは電話番号が強制隔離されているプロファイルは、メッセージ準備の際に自動的に除外されます(配信用の強制隔離アドレスの識別を参照)。これによって配信が迅速になります。エラー率は配信の速度に大きく影響するからです。

一部のインターネットアクセスプロバイダーは、無効なアドレスの割合が高すぎる場合、E メールを自動的にスパムと見なします。したがって、強制隔離を使用すると、これらのプロバイダーによってブロックリストに追加されるのを回避できます。

また、強制隔離は、誤りのある電話番号を配信から除外することで、SMS の送信コスト削減にも役立ちます。

配信を保護および最適化するベストプラクティスについて詳しくは、このページを参照してください。

強制隔離とブロックリスト

強制隔離とブロックリストは、同じオブジェクトには適用されません。

  • 強制隔離住所 (または電話番号など)。プロファイル自体には適用されません。 例えば、E メールアドレスが強制隔離されているプロファイルは、プロファイルを更新して新しいアドレスを入力し、再び配信アクションのターゲットにされる可能性があります。 同様に、2 つのプロファイルの電話番号が同じ場合、その番号が強制隔離されると、両方のプロファイルが影響を受けます。

    強制隔離されたアドレスまたは電話番号は、 除外ログ (配信の場合)または 強制隔離リスト (プラットフォーム全体に対して)。

  • を使用している ブロックリスト​一方、 profile 特定のチャネルの購読解除(オプトアウト)後など、配信のターゲットにされなくなりました。 例えば、E メールチャネルの上のプロブロックリストファイルに 2 つの E メールアドレスがある場合、両方のアドレスが配信から除外されます。 プロブロックリストセスについて詳しくは、 Campaign のオプトインとオプトアウトについて.

    プロファイルが上にあブロックリストり、 No longer contact (on denylist) プロファイルのセクション General タブをクリックします。 詳しくは、この節を参照してください。

メモ

強制隔離には ステータス。受信者がメッセージをスパムとして報告したり、「STOP」などのキーワードを含む SMS メッセージに返信したりする場合に適用されます。 この場合、プロファイルに関係するアドレスまたは電話番号は、 On denylist ステータス。 SMS 停止メッセージの管理について詳しくは、 この節.

強制隔離アドレスの識別

強制隔離されたアドレスは、特定の配信に対して、またはプラットフォーム全体に対して表示できます。

配信の強制隔離アドレスの識別

特定の配信について強制隔離されたアドレスのリストは、配信準備フェーズの途中で、配信ダッシュボードの「Exclusion logs」タブに記録されます(この節を参照)。配信準備について詳しくは、この節を参照してください。

プラットフォーム全体の強制隔離アドレスの識別

管理者は、プラットフォーム全体の強制隔離された E メールアドレスの詳細なリストに、 Administration > Channels > Quarantines > Addresses メニュー

メモ

強制隔離数の増加は、データベースの「老朽化」に関連する、正常な影響です。 例えば、E メールアドレスの寿命が 3 年と考えられ、受信者テーブルが毎年 50%増加する場合、強制隔離の増加は次のように計算できます。1 年目の終了時:(10.33)/(1+0.5)=22%、2 年目の終了時:((1.220.33)+0.33)/(1.5+0.75)=32.5%

リストを参照する際に役立つフィルターを使用できます。 アドレス、ステータスまたはチャネルに基づいてフィルタリングできます。

編集または 削除 各エントリに加えて、新しいエントリを作成します。

エントリを編集するには、対応する行をクリックし、必要に応じてフィールドを変更します。

新しいエントリを手動で追加するには、 Create 」ボタンをクリックします。

住所(または電話番号など)を定義し、 およびチャネルタイプ。 強制隔離リストに含まれるステータスとエラー理由を設定できます。 また、エラーが発生した日付、エラー数を指定し、エラーテキストを入力することもできます。 必要に応じて、アドレスに最後に送信された配信をドロップダウンリストから選択します。

強制隔離アドレスの削除

必要に応じて、強制隔離リストから手動でアドレスを削除できます。これに加えて、特定の条件に一致するアドレスは、 Database cleanup ワークフロー。 ( テクニカルワークフローについて詳しくは、 この節.)

強制隔離リストからアドレスを手動で削除するには、以下のいずれかの操作を実行します。

重要

強制隔離から E メールアドレスを手動で削除すると、このアドレスへの配信が再び開始されます。 その結果、配信品質と IP のレピュテーションに重大な影響が及ぶ可能性があり、最終的に IP アドレスや送信ドメインがブロックされる可能性があります。 強制隔離からアドレスを削除することを検討する場合は、追加の注意を払う必要があります。 不明な点がある場合は、配信品質のエキスパートにお問い合わせください。

  • 次の中からアドレスを選択します: Administration > Channels > Quarantines > Addresses リストと選択 Delete element.

  • アドレスを選択して変更 Status から Valid.

    ステータスを On allowlist. この場合、アドレスは強制隔離リストに残りますが、エラーが発生した場合でも、自動的にターゲットに設定されます。

次の場合、アドレスは強制隔離リストから自動的に削除されます。

  • アドレス Erroneous 配信が成功すると、ステータスが強制隔離リストから削除されます。
  • アドレス Erroneous 最後のソフトバウンスが 10 日以上前に発生した場合、ステータスは強制隔離リストから削除されます。 ソフトエラー管理について詳しくは、この節を参照してください。
  • アドレス Erroneous ~で跳ね返った状態 Mailbox full エラーは、30 日後に強制隔離リストから削除されます。

ステータスは「 Valid.

重要

アドレスが Quarantine または On denylist ステータスは、電子メールを受信した場合でも自動的には削除されません。

実行する再試行の最大回数: Erroneous 再試行間のステータスと最小遅延は、IP が特定のドメインでどの程度過去に実行され、現在どの程度の動作を実行しているかに基づくようになりました。

アドレスを強制隔離に送信するための条件

Adobe Campaign は、エラーメッセージの選定時に割り当てられた配信エラーのタイプと理由に従って強制隔離を管理します(配信エラーのタイプと理由およびバウンスメールの選定を参照)。

  • 無視のエラー:アドレスを強制隔離しません。

  • ハードエラー:対応する E メールアドレスがただちに強制隔離されます。

  • ソフトエラー:ただちにアドレスが強制隔離されることはありませんが、エラーカウンターがインクリメントされます。詳しくは、ソフトエラー管理を参照してください。

ユーザーが E メールをスパム(フィードバックループ)と見なした場合、メッセージは、アドビが管理するテクニカルメールボックスに自動的にリダイレクトされます。さらに、その E メールアドレスは自動的に強制隔離され、ステータスが「On denylist」となります。このステータスはアドレスのみを表し、プロファイルは上にないのブロックリストで、ユーザーは引き続き SMS メッセージやプッシュ通知を受信します。

メモ

Adobe Campaign の強制隔離では、大文字と小文字が区別されます。後から再度ターゲットされることのないよう、E メールアドレスは必ず小文字でインポートしてください。

隔離されたアドレスのリスト(プラットフォーム全体の強制隔離されたアドレスの識別を参照)の「Error reason」フィールドは、選択したアドレスが強制隔離された理由を示します。

ソフトエラー管理

ハードエラーとは異なり、ソフトエラーでただちにアドレスが強制隔離されることはありませんが、エラーカウンターがインクリメントされます。

再試行は 配信期間. エラーカウンターが制限しきい値に達すると、アドレスが強制隔離されます。詳しくは、一時的な配信エラーの後の再試行を参照してください。

最後に重大なエラーが発生したのが 10 日以上前の場合、エラーカウンターが再初期化されます。アドレスのステータスが「有効」に変わり、データベースクリーンアップ​ワークフローが強制隔離のリストからアドレスを削除します。( テクニカルワークフローについて詳しくは、 この節.)

このページ