トランザクションメッセージのベストプラクティスと制限事項

この節では、トランザクションメッセージの作成を開始する前に注意する必要があるベストプラクティスと制限事項を示します。

権限

トランザクションイベントを設定し、トランザクションメッセージにアクセスできるのは、管理の役割を持つユーザーのみです。

イベントの設定と公開

トランザクションイベントを設定して公開する際に、実行する必要がある一部の手順を元に戻すことはできません。 次の制限事項に留意してください。

  • トランザクションメッセージに使用できるチャネルは次のとおりです。EmailMobile (SMS)​および​Push notification
  • 各イベント設定で使用できるチャネルは 1 つだけです。詳しくは、イベントの作成を参照してください。
  • イベントを作成した後は、チャネルを変更できません。したがって、メッセージが正常に送信されない場合は、ワークフローを使用して別のチャネルからメッセージを送信できるメカニズムを設計する必要があります。ワークフローのデータとプロセス.
  • イベントの作成後にターゲティングディメンション(Real-time event または Profile)を変更することはできません。詳しくは、イベントの作成を参照してください。
  • 公開をロールバックすることはできませんが、イベントを非公開にすることは可能です。この操作により、イベントとそれに関連するトランザクションメッセージにアクセスできなくなります。詳しくは、イベントの非公開を参照してください。
  • イベントに関連付けることができる唯一のトランザクションメッセージは、そのイベントの公開時に自動的に作成されるメッセージです。詳しくは、イベントのプレビューと公開を参照してください。

トランザクションメッセージ数

公開済みトランザクションメッセージの数は、プラットフォームに大きな影響を与える可能性があります。 最適なパフォーマンスを得るために、公開されたトランザクションメッセージの数は100未満に抑える必要があります。 これを確実におこなうには、未使用のトランザクションメッセージを非公開にするか、削除します。 トランザクションメッセージの非公開およびトランザクションメッセージの削除を参照してください。

最高のパフォーマンスを確保するために、未使用のイベントを非公開または削除することもできます。 実際、イベントを非公開または削除すると、対応するトランザクションメッセージと、その送信ログおよびトラッキングログ(ある場合)も非公開または削除されます。 イベントの非公開およびイベントの削除を参照してください。

パーソナライズ機能

メッセージの内容をパーソナライズする方法は、トランザクションメッセージの種類によって異なります。特殊性を以下に示します。

イベントベースのトランザクションメッセージ

  • パーソナライゼーションに関する情報は、イベント自体に含まれるデータから取得されます。イベントベースのトランザクションメッセージ設定を参照してください。
  • イベントトランザクションメッセージでは、​コンテンツブロックを使用​Unsubscription link​できません。
  • イベントベースのトランザクションメッセージでは、受信者とメッセージコンテンツのパーソナライゼーションを定義するために、送信イベント内のデータのみを使用することが想定されています。ただし、Adobe Campaign データベースの情報を使用して、トランザクションメッセージの内容をエンリッチメントすることができます。イベントのエンリッチメントおよびトランザクションメッセージのパーソナライズを参照してください。
  • イベントトランザクションメッセージにはプロファイル情報が含まれないので、プロファイルのエンリッチメントの場合でも、疲労ルールとの互換性はありません。

プロファイルベースのトランザクションメッセージ

製品リスト

製品リストは、トランザクションの​Eメールメッセージ​でのみ利用できます。 詳しくは、トランザクションメッセージでの製品リストの使用を参照してください。

ブランディング

ブランディング管理の場合、トランザクションメッセージは標準のメッセージよりも柔軟性が低くなります。トランザクションメッセージで使用されるすべてのブランドを​All​組織単位にリンクすることをお勧めします。詳しくは、以下の詳細を参照してください。

トランザクションメッセージを編集する際に、ブランドにリンクして、ブランド名やブランドロゴなどのパラメーターを自動的に適用できます。トランザクションメッセージプロパティでは、デフォルトで Default brand が選択されています。

トランザクションメッセージで使用されるすべてのオブジェクト(ブランドを含む)は Message Center 組織単位で表示されている必要があります。つまり、これらのオブジェクトは Message Center 組織単位または All 組織単位に属する必要があります。

ただし、メッセージプロパティで選択したブランドが、Message Center または All とは異なる組織単位にリンクされている場合、これはエラーの原因となり、トランザクションメッセージを送信できなくなります。

したがって、トランザクションメッセージのコンテキストでマルチブランディングを使用する場合は、すべてのブランドを Message Center 組織単位または All 組織単位にリンクする必要があります。

トランザクションメッセージのエクスポートとインポート

  • トランザクションメッセージをエクスポートするには、パッケージのエクスポートを作成する際に、対応するイベント設定を含める必要があります。
  • トランザクションメッセージがパッケージからインポートされると、トランザクションメッセージリストには表示されなくなります。関連するトランザクションメッセージを使用可能にするには、イベント設定を公開する必要があります。

このページ