トランザクションメッセージのライフサイクル

トランザクションメッセージを送信する準備ができたら、それを公開できます。

トランザクションメッセージを公開、一時停止、非公開、削除する手順は、次のとおりです。

重要

管理ロールを持つユーザーのみが、トランザクションメッセージにアクセスして発行できます。

トランザクションメッセージの公開プロセス

以下の表に、トランザクションメッセージングの公開プロセス全体を示します。

関連トピック:

トランザクションメッセージの公開

トランザクションメッセージを編集してテストした後は、その画像を公開できます。 「Publish」ボタンをクリックするだけです。

これで、「買い物かごの放棄」イベントがトリガーされるとすぐに、受信者のタイトルと姓、買い物かごの URL、最後に参照した製品、または製品のリスト(製品リストを定義した場合)と送信される買い物かごの総数を含むメッセージが自動的に表示されます。

トランザクションメッセージに関するレポートにアクセスするには、「Reports」ボタンを使用します。動的レポートを参照してください。

関連トピック

トランザクションメッセージ公開の一時停止

トランザクションメッセージに含まれるデータを変更する場合など、「Pause」ボタンを使用してメッセージの公開を中止できます。したがって、イベントは処理されず、Adobe Campaign データベースのキューに保持されます。

キューに格納されたイベントは、REST APIで定義された期間(REST APIドキュメントを参照)またはトリガーコアサービスを使用している場合はトリガーイベントに保持されます(Adobe Experience Cloud Triggersについてを参照)。

Resume」をクリックすると、キューに格納されているすべてのイベント(期限切れでない場合)が処理されます。テンプレートのパブリケーションが停止されている間に実行されたすべての変更が含まれています。

トランザクションメッセージの非公開

Unpublish」をクリックすると、トランザクションメッセージの公開をキャンセルするだけでなく、対応するイベントの公開もキャンセルします。これにより、REST API から、以前に作成したイベントに対応するリソースが削除されます。

これで、Web サイトを通じてイベントがトリガーされた場合でも、対応するメッセージは送信されなくなり、データベースには保存されません。

メモ

メッセージを再度公開するには、対応するイベント設定に戻り、イベントを公開し、メッセージを公開する必要があります。

一時停止したトランザクションメッセージを非公開にする場合は、再度公開するまで 24 時間待たなければならない場合があります。これは、キューに送信されたすべてのイベントを「Database cleanup」ワークフローで消去するためです。

メッセージを一時停止する手順について詳しくは、トランザクションメッセージ公開の一時停止の節を参照してください。

毎日午前 4 時に実行される「Database cleanup」ワークフローは、AdministrationApplication settingsWorkflows からアクセスできます。

トランザクションメッセージの削除

トランザクションメッセージが非公開になっている場合、またはトランザクションメッセージがまだ公開されていない場合は、トランザクションメッセージリストから削除できます。手順は次のとおりです。

  1. 左上隅の Adobe Campaign ロゴをクリックし、Marketing plansTransactional messagesTransactional messages を選択します。
  2. 選択したメッセージにマウスを合わせます。
  3. Delete element」ボタンをクリックします。

ただし、トランザクションメッセージの削除は、次の特定の状況でのみ実行できます。

  • トランザクションメッセージのステータスが「Draft」であることを確認してください。そうでない場合、削除できません。この「Draft」ステータスは、まだ公開されていないメッセージ、または非公開にする(または一時停止されていない)メッセージに適用されます。

  • トランザクションメッセージ:対応するイベントに別のトランザクションメッセージがリンクされている場合を除き、トランザクションメッセージが非公開の場合は、イベントを正常に削除するために、トランザクションメッセージ設定も非公開にする必要があります。詳しくは、イベントの非公開を参照してください。

    重要

    既に通知を送信したトランザクションメッセージを削除すると、その送信およびトラッキングログも削除されます。

  • 標準搭載のイベントテンプレート(内部トランザクションメッセージ):内部トランザクションメッセージが、対応する内部イベントに関連付けられている唯一のものである場合、削除できません。別のトランザクションメッセージを作成する場合は、まず複製するか、ResourcesTemplatesTransactional message templates メニューを使用します。

このページ