基本分析の実行

メモ

Customer Journey Analytics 内の Analysis Workspace に関するドキュメントを表示しています。この機能セットは、従来の Adobe Analytics の Analysis Workspace とは少し異なります。詳細情報…

接続とデータビューを作成した後、Analysis Workspace の機能と柔軟性を使用して、取得したデータを分析します。ディメンションや指標を自由に試してドラッグし、ディメンションや指標のアトリビューション設定、フレンドリ名、タイムゾーン、セッション設定などを変更できます。

Workspace の基本的なビジュアライゼーションの例を以下に示します。例えば、次のことができます。

  • 最も多くのイベント、セッションおよび訪問者を示すデータソースのランクレポートを作成する。

  • 2 つのデータソースを時間の経過と共に比較した、オンラインの売上高と実店舗の売上高のトレンドレポートを作成する。

  • 広告インプレッションデータ、Customer Journey Analyticsデータ、電子メールデータ、POSデータ、コールセンターデータ、調査データなど、データソース別にオーディエンスサイズを表現します。

このページ