データをGoogle AnalyticsからCustomer Journey Analyticsに移行

Customer Journey Analyticsを初めておこなう場合は、組織が別の Analytics プラットフォーム (Google Analyticsなど ) に既にデータを持っている可能性があります。 次の包括的な手順に従って、そのデータをAdobe Experience Platformに移動し、レポートをCustomer Journey Analyticsで表示できます。

ワークフローは、履歴データと現在のデータ収集の両方に対して提供されます。 組織のデータニーズに応じて、これらのワークフローのどちらかまたは両方を実行できます。

Google Analyticsの履歴データをAdobe Experience Platformに取り込む

履歴(バックフィル)データを取り込むには、Googleからデータをエクスポートし、そのデータをAdobe Experience Platformに読み込みます。 詳しくは、 Adobe Experience PlatformでのGoogle Analyticsデータの取り込み.

履歴データを Platform に正常に取り込んだら、次のいずれかを実行できます。 現在のデータのストリーミングの設定または、CJA でバックフィルしたデータに関するレポートをすぐに開始できます。その際には、次のようにします。 接続の作成.

Adobe Experience Platformの既存のGoogle Analytics実装の設定

現在の(ストリーミング)データを取り込むには、Adobe Experience Edge にデータを送信する必要があります。その後、Adobe Experience Edge はそのデータをAdobe Experience Platformに転送します。 詳しくは、 Adobe Experience PlatformでのストリーミングGoogle Analyticsデータの設定.

CJA での接続とデータビューの設定

履歴データの取り込みやAdobe Experience Platformへのデータ収集の設定が完了したら、 接続の作成 を使用して、Customer Journey Analyticsがそのデータを参照できるようにします。

接続を使用して 1 つ以上の データビュー Analysis Workspaceで使用します。

レポートの作成

データビュー内でディメンションと指標を設定したら、Analysis Workspaceを使用して目的のレポートを生成できます。 詳しくは、 Customer Journey AnalyticsのGoogle Analyticsデータのレポート.

このページ