Advertising DSPの Audience Management について

最終更新日: 2023-12-21
  • 作成対象:
  • User

DSPでは、オーディエンスセグメントとオーディエンスセットを作成および管理できます。これらは、配置のターゲットとして使用できます。

  • セグメントを作成および実装することで、独自のファーストパーティオーディエンスデータを収集できます。 後で、広告を含むセグメント内のユーザーを再ターゲット化したり、セグメント内のユーザーが広告を受け取らないようにしたりできます。 次のタイプのセグメントを作成できます。

  • オーディエンスライブラリを作成するには、 再利用可能なオーディエンス. 保存されたオーディエンスは、使用可能なオーディエンスセグメントと、その他の保存されたオーディエンスで構成されます。 保存したオーディエンスに加えた変更は、そのオーディエンスをターゲットにしたすべてのプレースメントに自動的に適用されたり、オーディエンスを除外したりします。また、保存したオーディエンスを含む他のすべてのオーディエンスにも適用されます。

    保存されたオーディエンスを使用すると、メディアプランナーは、複雑なブール論理を使用して複数のセグメントを含めたり除外したりすることで、必要に応じてオーディエンスをグループ化できます。 オーディエンスの作成時に、各セグメントのサイズと合計オーディエンスサイズが示されます。 その後、キャンペーン実行者は、各プレースメントに対してオーディエンスターゲットを手動で設定する代わりに、1 つ以上の保存済みオーディエンスをプレースメントターゲットとして選択するだけで済みます。

プレースメントのターゲティングには、追加のオーディエンスタイプも使用できます。

ファーストパーティおよびサードパーティのデータセグメントの読み込み

DSPでは、必要に応じて、データ管理プラットフォーム (DMP) から独自のファーストパーティデータセグメントを読み込み、それらを任意の広告主セットに提供できます。

DSPは、 の Adobe Real-Time Customer Data Platform (CDP):認証済みのファーストパーティセグメントを承認済みの広告主やユーザーと共有して、キャンペーンをアクティベートできます。 Real-Time CDP統合について詳しくは、 ソースセクション.

DSPでは、サードパーティセグメントの複雑な組み合わせを含む、カスタムサードパーティセグメントを読み込むこともできます。 必要に応じて、任意の広告主セットにセグメントを提供できます。

詳しくは、Adobeアカウントチームにお問い合わせください。

プレースメントターゲットとして使用可能なオーディエンス

配置は、次のすべてのタイプのオーディエンスにターゲット設定できます。

  • DSPに保存されたすべてのユーザー作成オーディエンスセット。

  • DSPで作成されたすべてのユーザー作成オーディエンスセグメント:

    • 特定の Web ページを訪問したユーザーと、特定の広告のインプレッションにさらされたユーザーのカスタムセグメント。

    • カリフォルニア州消費者プライバシー法 (CCPA) に従って、Web サイトで販売のオプトアウトリクエストを送信したユーザーに対する CCPA の販売のオプトアウトオーディエンスセグメント。

  • 読み込まれたすべてのファーストパーティデータセグメント。

  • 読み込まれたすべてのカスタムサードパーティデータセグメント。

  • (米国をターゲットとするプレースメントのみ) 30 を超えるプロバイダーからDSPのお客様が利用できるすべてのサードパーティデータセグメントを含む Acxiom, Datalogix, eXelate (Nielsen), Lotame, Oracle, Quantcast、その他多数

    特定のセグメントをターゲット設定し、オーディエンスデータ(特定の人口統計、興味、目的、行動プロファイルを持つユーザーなど)に基づいてユーザーをターゲット設定できます。 データプロバイダーとカテゴリで参照したり、名前またはセグメント ID でセグメントを検索したり、データプロバイダー、合計セグメントサイズ、Web ブラウザー数またはデバイス数で結果をフィルタリングしたりできます。

    サードパーティセグメントには、追加料金が発生します。各セグメント名の横に表示されます。

  • (Adobe Experience Platform、 Real-Time CDP、Adobe Audience Manager、またはAdobe AnalyticsでAdobe Advertisingの JavaScript コンバージョンタグのみを使用する場合 ) Real-Time CDP、Audience Managerで作成、またはAudience ManagerからAdobe Experience Cloudに公開 Analytics.

    セグメントを使用するための価格は事前にネゴシエートされており、DSPでは表示されません。

    セグメントの元 Analytics は、Experience Cloudオーディエンスとして作成または公開してから約 1 時間後に使用可能になります。 セグメントはAudience Managerまたは Real-Time CDP は、共有後 24 時間以内に利用できます。

    メモ

    以下のドキュメントを参照してください。 Audience Manager, Analytics、および の Real-Time CDP を参照してください。

オーディエンスサイズデータ

保存したオーディエンス設定および配置設定内で、詳細なオーディエンスサイズデータを確認できます。

  • 選択したすべてのセグメントおよび保存済みのオーディエンスに関する重複を除外した合計オーディエンスサイズとアクティブなオーディエンスサイズが表示され、デバイスタイプ(ブラウザー、モバイル、または接続された TV)別に詳細を表示できます。

    結合オーディエンスのサイズ

  • 個々のセグメントおよび保存したオーディエンスの場合、合計オーディエンスサイズと CPM(該当する場合)がセグメント名の横に表示されます。 デバイスタイプ別のサイズ(ブラウザー、モバイル、または接続された TV)を含む、セグメントに関する詳細を表示できます。 保存されたオーディエンスの合計サイズは、重複を除外した合計です。

    個々のセグメントのサイズ

オーディエンスビュー

「すべてのオーディエンス」表示

Adobe Analytics の All Audiences オーディエンスライブラリを表示する場合は、再利用可能なオーディエンスを保存および管理できます。このオーディエンスには、オーディエンスセグメントのグループや、他の保存済みのオーディエンスも含まれます。 オーディエンスを複数の配置のターゲットとして使用できます。 各オーディエンスが使用される配置の数は、配置名の横に表示されます。

任意のオーディエンスを編集、複製、削除、書き出し、共有できます。

セグメントビュー

Adobe Analytics の Segments すべてのユーザーが追加のカスタムセグメントを作成できます。

The Segments また、表示には次のセグメントタイプも表示されます。

  • ユーザーが作成したすべてのカスタムセグメントが、そのユーザーに対して使用可能です。

    作成した任意のカスタムセグメントのトラッキングタグを表示して、それらのセグメントを他のユーザーと共有できます。 また、作成したカスタムセグメントを編集または削除することもできます。

    他のユーザーが自分と共有しているカスタムセグメントを編集または共有することはできません。

  • 読み込まれたすべてのファーストパーティセグメントが、ユーザーが使用できます。

    自分と共有されていたファーストパーティセグメントを編集または共有することはできません。 ファーストパーティAdobeを追加のユーザーと共有する必要がある場合は、ユーザーアカウントチームにお問い合わせください。

  • ユーザーが使用できるすべてのカスタムサードパーティセグメント。

    自分と共有されていたサードパーティのセグメントを編集または共有することはできません。 サードパーティのセグメントを追加のAdobeと共有する必要がある場合は、ユーザーアカウントチームにお問い合わせください。

このページ