広告ターゲティング用のAdobe Audience Managerセグメントのインポート

Advertising DSP and Advertising Search, Social, & Commerce は、すべての広告主や代理店のメタデータ、階層データ、一意のオーディエンスデータを取り込むことができます Adobe audiences. これには、以下のデータが含まれます。

  • Adobe Audience Managerセグメント

  • Adobe Experience Cloudに公開されたAdobe Analyticsセグメント

  • Adobe Experience Cloud Audience Library

  • Adobe Experience Platformで作成され、Audience Managerを介してAdobe広告に送信されるセグメント

アクセスするには Adobe DSPまたは Creativeの場合、オーディエンスをDSPにインポートする必要があります。 アクセスするには Adobe オーディエンス Search, Social, & Commerceの場合、オーディエンスを Search, Social, & Commerce.

前提条件

  • 広告主は、 の Adobe Experience Cloud Identity (ECID) Service バージョン 2.0 以降。 この Identity Service は、Experience Cloudのすべてのソリューションにわたって訪問者を識別する、普遍的、永続的な ID を提供します。

    実装には、 Identity service コードを広告主のサイトの各 web ページに追加します。

  • 組織は Experience Cloudサービス そしてExperience Cloud Organization ID ( 以前の IMS org ID) をクリックします。

    この Organization ID を使用すると、複数のAdobe Experience Cloud製品を持つ組織が一部の製品でデータを共有できます。

  • ( Analytics) 広告主は 実装する Analytics using appMeasurement.js バージョン 1.6.4 以降。

  • 広告主の Web サイトの訪問者数が多くを含んでいない Apple Safari ユーザー。

  • ( 広告主がAudience Managerと Analytics) 各 Web ページへの呼び出しを減らすには、既存のAudience Managerを削除します Data Integration Library データ収集用のコードと、各 Analytics レポートスイートを使用します。 詳しくは、サーバー側転送の概要.

  • (推奨)一致率を高めるには、ファーストパーティの Web サイトデータのみをAdobe広告に送信します。 広告主が顧客関係管理システムのサードパーティのデータやオフラインのデータをバンドルする場合、データの漏洩によって一致率が低下する可能性があります。

Audience ManagerオーディエンスをDSPにインポート

オーディエンスをDSPにインポートする手順

この Adobe アカウントおよびデータ操作チームは、次の手順を実行します。

  1. Adobeアカウントチームは、広告主レベルの設定「Adobe Analytics Cloud."

  2. Adobeアカウントチームはリクエストを送信する必要があります データ運用チームに :Advertising DSPのネイティブ API 統合を使用して、組織のAudience Managerセグメントを読み込みます。

どのような変更がAudience Managerに

API は自動的に以下をおこないます。

  • 次の 2 つのDSPの宛先をAudience Managerに作成します。

    • Adobe Ad Cloud Cross-Channel (real-time)

    • Adobe AdCloud Cross-Channel (batch))

  • 2 つの宛先をすべてのAudience Managerセグメントにマッピングし、Audience Managerは、同じExperience Cloudに関連付けられているDSP広告主アカウントとセグメントを共有できます Organization ID Audience Managerに使用

    組織は、必要のないセグメントをオプションで、Audience Manager内の宛先から削除できます。

  • 顧客キャンペーンのリーチを向上させるために、組織のAudience Managerコンテナに次の exchange cookie-sync ピクセルを追加します。

    • AdobeAdCloud:411 ( 標準で、 Identity Service バージョン 2.0. Identity Service 2.0 より前のバージョンでは、このピクセルをAudience Managerコンテナに追加する必要があります。

Audience Managerオーディエンスのインポート先 Search, Social, & Commerce

オーディエンスのインポート手順 Search, Social, & Commerce

Adobe の担当者は、次の手順のほとんどまたはすべてを実行します。

  1. Adobeアカウントチームは、データ運用チームにリクエストを送信して、 Search, Social, & Commerce とAudience Manager。 書き出し先のAudience Managerセグメントの名前を含めます Search, Social, & Commerce.

  2. Audience Manager内で、 Search, Social, & Commerce:

    1. 次の 2 つの新しい宛先を作成します。 Adobe Media Optimizer (HTTP) および Adobe Media Optimizer Batch Destination.

      Media Optimizer は、 Search, Social, & Commerce.

    2. 各宛先のセグメントを指定します。

      を使用 Automatically map all current and future segments 」オプションを使用すると、すべてのセグメントが毎日マッピングおよび同期されます。

      この Manually map segments オプションを使用すると、バッチ保存先 (Adobe Media Optimizer Batch Destination) をクリックします。 HTTP 宛先にセグメントを手動でマッピングする必要はありません。

  3. 内 Search, Social, & Commerce、 Search, Social, & Commerce 直接アクセスクライアントマネージャーの役割を持つ実装チームまたはユーザーは、 Search > Admin > Audience Manager Setup.

    組織のExperience Cloudを入力する必要があります Organization ID (IMS org ID) をクリックします。 この ID は、組織の組織アカウントで使用される ID と同じである必要がありますAudience Manager。

どのような変更がAudience Managerに

組織には 2 つの Search, Social, & Commerce Audience Manager内の宛先:

  • Adobe Media Optimizer (HTTP)
  • Adobe Media Optimizer Batch Destination)

データの同期

最初の読み込みには約 24 時間かかります。 最初のインポートの後、データはリアルタイムで同期され、1~2 秒の遅延が生じます。

同期されたセグメントの場所

DSP内

DSPでは、セグメント名はAudience Managerの分類別に整理され、で対応するセグメントメンバーシップカウントと共に使用できます。

Advertising Creative 内

In Creativeの場合、セグメントはターゲットノードのエクスペリエンス設定で使用できます。

In Advertising Search, Social, & Commerce

In Search, Social, & Commerceを使用する場合、セグメントは Google オーディエンスを Data Source "Adobe Audienceから Campaigns > Audiences > Library.

各 Google オーディエンスを作成します。 Google は、オーディエンスサイズを提供します。

recommendation-more-help
fbbdcc36-f208-41e5-b715-a077abaec5c3