アラートの基本を学ぶ alerts

アラートへのアクセスと購読 alerting-capabilities

エラーが発生した場合は、Journey Optimizer 通知センター(アプリ内アラート)でシステムアラートを受信したり、メールを受信したりできます。

アラート ​メニューから、使用可能なアラートを表示して購読できます。操作の特定の条件(システムがしきい値に達した場合に問題が発生する可能性があるなど)に達すると、その条件を購読している組織内のユーザーにアラートメッセージが配信されます。

Adobe Experience Platform のアラートについて詳しくは、Adobe Experience Platform ドキュメントを参照してください。

左側のメニューの​ 管理 ​で、「アラート」をクリックします。Journey Optimizerには、2 つの事前設定済みアラートがあります。 ジャーニーカスタムアクションエラー アラートと オーディエンスの読み取りトリガーに失敗しました アラート。 次に、これらのアラートについて詳しく説明します。

アラート ​ダッシュボードから「購読」オプションを選択すると、ユーザーインターフェイスから各アラートを個別に購読できます。登録解除する場合も同じ方法を使用します。

また、I/O イベント通知を通じてアラートを購読することもできます。アラートルールは、様々な購読パッケージに整理されます。特定の Journey Optimizer アラートに対応するイベント購読については、以下で詳しく説明します。

予期しない動作が発生した場合は、購読者にアラート通知が送信されます。ユーザーの環境設定に基づいて、アラートはメールで送信されるか、ユーザーインターフェイスの右上隅にある Journey Optimizer 通知センター内で直接送信されます。デフォルトでは、アプリ内アラートのみが有効になっています。メールアラートを有効にするには、Adobe Experience Platform ドキュメントを参照してください。

アラートが解決されると、購読者に「解決済み」通知が届きます。

CAUTION
Adobe Journey Optimizer に特定のアラートは、ライブ ​ジャーニーにのみ適用されます。 テストモードのジャーニーでは、アラートはトリガーされません。

ジャーニーカスタムアクションエラー alert-custom-actions

このアラートは、カスタムアクションが失敗した場合に警告を表示します。過去 5 分間に特定のカスタムアクションで 1%以上のエラーが発生した場合、エラーが発生したとみなします。これは 30 秒ごとに評価されます。

カスタムアクションに関するアラートは、過去 5 分間ににわたり次の場合に解決されます。

  • そのカスタムアクションに関するエラー(または 1%のしきい値を下回るエラー)が発生していない。

  • または、そのカスタムアクションに到達したプロファイルがない。

カスタムアクションアラートに対応する I/O イベント登録名は、ジャーニーカスタムアクションエラー ​です。

オーディエンストリガーの読み取りが失敗しました alert-read-audiences

このアラートは、スケジュールされた実行時間から 10 分経過しても、「オーディエンスを読み取り」アクティビティでプロファイルを処理されなかった場合に警告します。このエラーは、技術的な問題やオーディエンスが空であることが原因で発生する可能性があります。

オーディエンスを読み取り」アクティビティに関するアラートは、繰り返しジャーニーにのみ適用されます。1 回 ​または​ できるだけ早く ​実行するスケジュールが設定されているライブジャーニーの「オーディエンスを読み取り」アクティビティは無視されます。

オーディエンスを読み取り ​に関するアラートは、プロファイルが​ オーディエンスを読み取り ​ノードにエントリすると解決されます。

に対応する I/O イベント購読名 オーディエンスの読み取りトリガーに失敗しました アラートは ジャーニー読み取りオーディエンスの遅延、失敗、エラー.

トラブルシューティング alert-troubleshooting

オーディエンスの読み取り ​アラートのトラブルシューティングをするには、Experience Platform インターフェイスでオーディエンス数を確認します。

カスタムアクション ​アラートのトラブルシューティングをするには:

  • 別のジャーニーでテストモードを使用してカスタムアクションを確認:

  • ジャーニーレポートを調べて、アクションに関するエラー理由を確認します。

  • ジャーニーの stepEvents で「failureReason」の詳細を確認します。

  • カスタムアクション設定を確認し、認証が正常であることを検証します。例えば、
    Postman で手動チェックを実行します。

recommendation-more-help
b22c9c5d-9208-48f4-b874-1cefb8df4d76