ID サービスの実装ガイド

このドキュメントでは、ID サービスが特定の顧客の ID グラフを作成するためにAdobe Experience Platformに提供されるデータがどのように処理されるかに関する情報を提供します。

ID フィールドの決定

エンタープライズデータ収集戦略に応じて、ID としてラベルを付けるデータフィールドによって、ID マップに含めるデータが決まります。Experience Platformの最大限のメリットと、可能な限り包括的な顧客 ID を得るには、オンラインとオフラインの両方のデータをアップロードする必要があります。

  • オンラインデータは、ユーザー名やメールアドレスなど、オンラインでの存在と動作を説明するデータです。

  • オフラインデータは、CRM システムの ID など、オンラインプレゼンスに直接関連しないデータを指します。このタイプのデータは、ID をより堅牢にし、異なるシステム間でのデータの統合をサポートします。

追加の ID 名前空間

Experience Platform オファーには様々な標準名前空間がありますが、ID を適切に分類するために、追加の名前空間を作成する必要がある場合があります。詳しくは、 組織のカスタム名前空間の作成.

NOTE
ID 名前空間は ID の修飾子です。その結果、一度作成した名前空間は削除できません。

エクスペリエンスデータモデル(XDM)に ID データを含める

Experience Platformが顧客データを整理する標準化されたフレームワークであるエクスペリエンスデータモデル (XDM) を使用すると、Experience Platformや他のサービスをまたいでExperience Platformとやり取りする際に、データを共有し、理解できます。 詳しくは、 XDM システムの概要.

レコードスキーマと時系列スキーマは両方、ID データを含める手段を備えています。データが取得されると、異なる名前空間のデータフラグメントが共通の ID データを共有していることが判明した場合、ID グラフはデータフラグメント間に新しい関係を作成します。

ID としての XDM フィールドのラベル付け

レコードまたは時系列の XDM クラスを実装するスキーマ内の string タイプのフィールドは、ID フィールドとしてラベル付けできます。その結果、そのフィールドに取得されたすべてのデータは、ID データと見なされます。

ID フィールドでは、共通の PII データを共有している ID をリンクすることもできます。
例えば、電話番号フィールドを ID フィールドとしてラベル付けすると、同じ電話番号を使用している他の個人との関係が自動的にグラフ化されます。

NOTE
  • 配列およびマップタイプのフィールドはサポートされておらず、ID フィールドとしてマークおよびラベル付けできません。
  • 結果の ID の名前空間は、フィールドにラベルが付けられた時点で提供されます。

詳しくは、 UI での id フィールドの定義.

データセットの ID サービスに対する設定

ストリーミング取得プロセス中、ID サービスはレコードおよび時系列データから ID データを自動的に抽出します。ただし、データを取得する前に、ID サービスを有効にする必要があります。に関するチュートリアルをお読みください。 API を使用したリアルタイム顧客プロファイルおよび ID サービスのデータセットの設定 を参照してください。

ID サービスへのデータの取得

ID サービスは、次のいずれかの方法でExperience Platformに送信される XDM 準拠のデータを使用します。 バッチ取得 または ストリーミング取得.

次のビデオは、 ID サービスを理解できるようサポートすることを目的としています。このビデオでは、データフィールドに ID としてラベルを付け、ID データを取り込んで、データが Adobe Experience Platform ID サービスのプライベートグラフに到達したことを確認する方法を説明します。

WARNING
次のビデオに示すExperience PlatformUI は最新ではありません。 最新の UI のスクリーンショットと機能については、ドキュメントを参照してください。
recommendation-more-help
64963e2a-9d60-4eec-9930-af5aa025f5ea