Adobe Experience Manager 6.5 の最新のサービスパックのリリースノート aem-service-pack-release-notes

リリース情報 release-information

製品
Adobe Experience Manager 6.5
バージョン
6.5.19.0
タイプ
サービスパックのリリース
日付
2023 年 12 月 07 日(木)
ダウンロード URL
ソフトウェア配布

Experience Manager 6.5.19.0 の内容 what-is-included-in-aem-6519

Experience Manager 6.5.19.0 には、2019年4月の 6.5 の初公開以降にリリースされた新しい機能、お客様から要望のあった主な機能強化、バグ修正およびパフォーマンスや安定性、セキュリティの向上が含まれています。Experience Manager 6.5 でこのサービスパックをインストールします。

主な機能および機能強化

このリリースの主な機能と機能強化は次のとおりです。

  • Sites ページエディター/画像コンポーネントユーザーがリモート Assets Cloud Service からアセットを参照できるようにしました。(Sites-13448、Sites-13433)
  • AEMでサーバー側の並べ替えがサポートされ、リスト表示でのプロジェクトのナビゲーションをより迅速におこなえるようになりました。 プロジェクトノードは、インターフェイスに表示される前に、ユーザが選択した列に基づいて並べ替えられます。

Forms

  • 新しいアダプティブフォームコアコンポーネント:フォームのスケーラビリティを高めるために、縦並びのタブ、「利用条件」および「チェックボックス」が追加されました。

    • チェックボックスコンポーネント:コアコンポーネントに基づくアダプティブFormsで、チェックボックスコンポーネントを含めることができるようになりました。 ユーザーは、特定のオプションの選択または選択解除を行い、バイナリ選択をおこなうことができます。 これは通常、小さなボックスとして表示され、クリックまたはタップすると、2 つの状態(チェック済みとオフ)を切り替えることができます。 このチェックボックスは、はい/いいえ、真/偽の選択肢を提示するために使用される一般的なフォーム要素です。

    • 利用条件コンポーネント:コアコンポーネントに基づくアダプティブFormsで、利用条件コンポーネントを含めることができるようになりました。 Formsの作成者は、フォーム内に特定のセクションを導入し、サービス、製品、プラットフォームの使用に関連する利用条件、または法的契約をユーザーに提示できます。 このコンポーネントは、フォームを送信することで、同意するルール、規制、義務をユーザーに通知するように設計されています。

      垂直タブ、利用条件およびチェックボックスコンポーネント

    • 垂直タブコンポーネント:コアコンポーネントに基づくアダプティブFormsで、フォームコンテンツをタブの縦並びのリストに整理でき、構造化されたナビゲーション可能なレイアウトが提供されるようになりました。 フォーム内で縦置きのタブを使用すると、ナビゲーションが簡単になり、フォームコンテンツの構成が改善され、特にフォームに複数のセクションや複雑な情報が含まれる場合に、ユーザーの操作性が向上します。

  • 64 ビット版のAEM Forms Designer: 64 ビット版のAEM Forms Designer では、パフォーマンス、拡張性、メモリ管理の機能が強化され、フォーム作成エクスペリエンスが強化されます。 64 ビットアーキテクチャを使用すると、より大規模で複雑なプロジェクトに簡単に取り組むことができ、シームレスな設計ワークフローと最適化された効率を確保できます。 フォームデザインの機能を向上させ、この最先端リリースでAEM Forms Designer の将来を受け入れます。

  • Microsoft® SharePointリストとのアダプティブFormsの接続:AEM Formsは、すぐに使用できる統合機能を備えており、フォームデータをSharePointリストに直接送信して、SharePointのリスト機能を使用できます。 Microsoft® SharePointリストをフォームデータモデルのデータソースとして設定し、「フォームデータモデルを使用して送信」送信アクションを使用して、アダプティブフォームをSharePointリストに接続することができます。

  • アダプティブフォームフラグメントのレコードのドキュメントプロパティの設定をサポート:アダプティブフォームエディターで、アダプティブフォームフラグメントとそのフィールドを簡単にカスタマイズできるようになりました。

  • 64 ビット XMLFM:XMLFM の 64 ビット版では、パフォーマンス、拡張性、メモリ管理の改善が導入されています。 これは、サーバー側にデプロイされる最初の 64 ビットネイティブサービスです。 XMLFM 64 ビットは、32 ビット対応のメモリリソースに比べて大きなメモリリソースにアクセスする独自の機能を備えており、より大きなレンダリングワークロードをシームレスに処理できます。 このマイルストーンは、パフォーマンスの飛躍を表すだけでなく、AEM Forms Server 内のネイティブサービスフレームワークに対する主な機能強化も導入します。 このアップデートでは、AEM Forms Server が 64 ビットのネイティブサービスをシームレスにサポートするようになっています。

サービスパック 19 で修正された問題 fixed-issues

Sites sites-6519

アクセシビリティ sites-accessibility-6519

  • AEM Sites ページで、ページを 200%拡大すると、参照レールの​ 言語コピー ​と CSV レポート ​のリンクが非表示になります。(SITES-11011)

管理ユーザーインターフェイス sites-adminui-6519

  • AEM Screens チャネルの​ プレビュー ​機能が機能しないか、ダッシュボードに表示されません。(SITES-15730)
  • ページの移動操作中に、ユーザーインターフェイスに参照が表示されないにもかかわらず、参照が自動的に再公開されると表示されている場合、参照は再公開​ されません。(SITES-16435)
  • Service Pack 16 または 17 を適用した AEM 6.5 では、「ワークフロー」列が有効なサイトのリスト表示で、その列の項目に基づいてリストを並べ替えることができません。並べ替えは実行されません。(SITES-15385)
  • リダイレクトページテンプレートの場合、リダイレクトフィールドは必須になりました。ただし、必須フィールドの検証は、必須のリダイレクト値を指定せずにページを作成した場合と、リダイレクトページを作成できない場合の 2 つのシナリオでは適用されず、機能しません。キーボードショートカットを使用して移動する場合、検証は機能せず、フィールドが無効としてマークされている場合、検証は続行しません。(SITES-15903)
  • 一部の​ 受信リンク ​は、参照 ​パネルに表示される数に含まれていませんでした。例えば、パネルには​ 受信リンク(6) ​と表示されていましたが、実際には 9 つの受信リンクがありました。(SITES-14816)

クラシック UI sites-classicui-6519

  • SITES-15827 のホットフィックスをインストールすると、単語の間に空白があるダイアログボックスのタイトルが " " に置き換えられました。また、改行も削除されていました。(SITES-16089)
  • エンコードされたダイアログボックスのタイトルでは、タイトルが二重にエンコードされるようになりました。(SITES-15841)
  • AEM サーバーをサービスパック 6.5.16 から 6.5.17 に更新すると、クラシック UI ダイアログボックスのタイトルが二重にエンコードされるようになりました。(SITES-15634)

Content Fragments sites-contentfragments-6519

  • コンテンツフラグメントエディターに内部サーバーエラーメッセージが表示されます。(SITES-13550)
  • NPR-41291 による org.json ライブラリの更新により、cfm-impl バンドルの DefaultDataTypeConverter でデータエラー変換が発生しました。データタイプの変換は、より柔軟に行う必要があります。(SITES-16473)
  • 「コンテンツに互換性がないため、このコンテンツフラグメントのバージョンは現在のバージョンと比較できません」というエラーポップアップメッセージが表示されます。コンテンツフラグメントは比較できるはずですが、実際はそうではありません。(SITES-16317)
  • アセットセレクターの JS URL を次から変更しました
    https://experience.adobe.com/solutions/CQ-assets-selectors/assets/resources/assets-selectors.js
    コピー先:
    https://experience.adobe.com/solutions/CQ-assets-selectors/static-assets/resources/assets-selectors.js(SITES-16068)
  • 新しい Polaris メタデータ API 応答スキーマを CFM-Polaris 統合に適応させます。(SITES-15166)
  • 選択したコンテンツフラグメントが参照される場所に、すべてのコンテンツフラグメントをリストする必要があります。代わりに、コンテンツフラグメント参照パネルのアセット参照には 0(ゼロ)の参照が表示されます。(SITES-15036)

コアバックエンド sites-core-backend-6519

  • StyleImpl を改善します。(SITES-15164)
  • WCM パイプラインの release/650 ブランチを改善し、そのモジュールの統合テストを実行できるようにします。(SITES-12938)

Campaign 統合 sites-campaign-integration-6519

  • 署名コンポーネント(/apps/fpl/components/campaign/signature)では、Link Externalizer が機能していませんでした。画像タグの上の HTML コメントを削除した場合、ドメインが画像ソースに追加されませんでした。この問題は、ステージング環境ではなく、実稼動環境の署名コンポーネントでのみ発生しました。(SITES-16120)

基盤コンポーネント(レガシー) sites-foundation-components-legacy-6519

  • Adobe Experience Manager(AEM)Sites 検索コンポーネントによりユーザーインターフェイスが破損します。(SITES-15087)

GraphQL クエリエディター sites-graphql-query-editor-6519

  • GraphQL エディターのユーザーインターフェイスでは、クエリの数が多い場合(例えば、25 を超える場合)、永続化されたクエリをすべてスクロールすることはできません。(SITES-16008)
  • GraphQL Editor は、永続化されたクエリの公開ステータスを保存しません。 GraphQL エディターに非公開ボタンが表示されますが、永続クエリが公開されていることを示すアイコンは表示されません。ページを更新すると、永続クエリが公開されていないことがわかります。(SITES-15858)

ローンチ sites-launches-6519

  • 複数のページの編集中またはコンテンツの作成中に、Oak0001 の競合が発生するので、リポジトリ内の変更は保存されません。このようなイベントでは再試行を実行するのが通常ですが、これは行われません。(SITES-14840)

MSM - ライブコピー sites-msm-live-copies-6519

  • MSM ロールアウトボタンは、タッチグラフィックユーザーインターフェイスでは機能しません。(SITES-16991)
  • ライブコピーの作成時またはクスペリエンスフラグメントのロールアウト時に、エクスペリエンスフラグメント内でリンク参照が更新されません。(SITES-15460)

ページエディター sites-pageeditor-6519

  • Forms/テーマで、テーマエディターでテーマを開き、いくつかの変更を加えて保存し、「プレビュー」をクリックすると、読み込みアイコンが表示されますが、実際のプレビューは読み込まれません。(SITES-17164)
  • ページコンソールのアセットタイプフィルターで、複数のドキュメントファイルタイプの選択が機能しません。1 つの特定のファイルタイプの結果が利用可能な場合でも、結果が見つかりません。その結果、作成者は複数のドキュメントをフィルタリングできなくなります。複数のドキュメントタイプを使用し、一度に 1 つずつフィルタリングする必要があります。(SITES-14047)
  • AEM 6.5.17 および AEM 6.5.18 からインスタンスをアップグレードした後、ページエディター内で「ページを公開」を選択すると、存在しない URL にリダイレクトされます。ユーザーは、公開ウィザードにリダイレクトされます。(SITES-15856)
  • オペレーティングシステムのクリップボードからのペースト中の AEM のクリップボードからの冗長コピー。(SITES-15704)
  • Assets で、選択 ドキュメント ​次に、 Filtertype,選択 Microsoft®® Word または Microsoft®® Excel は、両方のタイプのファイルが存在する場合でも結果を表示しません。 (SITES-14837)

Assets assets-6519

  • 公開フォルダーを作成または保存すると、管理ダッシュボードに 3 つのグループが作成されます。(ASSETS-26700)
  • 公開アセットを Experience Manager または Brand Portal に区別できません。(NPR-41320)
  • 検索パネルでチェックボックスをオンにし、いずれかのチェックボックスをオフにすると、すべてのチェックボックスがオフになります。(ASSETS-26377)

Dynamic Media assets-dm-6519

  • アセットを AEM にアップロードすると、update_asset ワークフローがトリガーされます。ワークフローが完了することはありません。ワークフローインスタンスを見ると、ワークフローは製品のアップロード手順まで完了します。次の手順は、Scene7 のバッチアップロードです。ユーザーは、Dynamic Media Classic アプリからアセットが Scene7 にあることを確認できます。(ASSETS-30443)
  • カスタムサーブレット(API エンドポイント)が正しくない Dynamic Media(Scene7)ファイル名を返します。これは、アセットが削除され、同じ名前のアセットに置き換えられる場合に発生します。カスタムサーブレットは古いDynamic Media(Scene7)ファイル名を返しますが、「jcr」API 呼び出しが正しいファイル名を返します。(ASSETS-29476)
  • フォルダーレベルで同期がオフになった後でも、ログには「Scene7 ReplicateOnModifyListener」のトリガーが表示されます。ReplicateOnModifyListener/Worker では、Dynamic Media 以外のフォルダーアセットとコンテンツフラグメントの処理をスキップする必要があります。(ASSETS-26705)
  • コントラストの高い白黒モードでドロップダウン要素(コンテンツのみ、表示、その他のオプション)にフォーカスが表示されない場合、視覚障害のあるユーザーは影響を受けます。(ASSETS-25759)
  • ページ上のテキストの輝度コントラスト比が 4.5:1 未満の場合、視覚障害のあるユーザーは影響を受けます。(ASSETS-25756)
  • スクリーンリーダーでは、データの送信後に表示されるポップアップメッセージのナレーションを行いません。(ASSETS-25755)
  • ランドマーク/地域のショートカットキー D/R を使用して移動すると、スクリーンリーダーではページ(Dynamic Media、ビデオエンコードプロファイルの作成)内のランドマークを認識しません。(ASSETS-25752)
  • スクリーンリーダーがランドマーク/領域のショートカットキーを使用して移動すると、ページ内の複数のランドマーク(Dynamic Media、インタラクティブビデオの作成)を認識できません D/R。(ASSETS-25750)
  • スクリーンリーダー(NVDA/JAWS/ナレーター)がショートカットキーを使用して移動している間、アセットを編集 ​ページのランドマークを認識しません D/R。(ASSETS-25744)
  • ユーザーは空/偽の非同期ジョブメッセージを受け取りますが、接続されたアセットは正常に公開されます。(ASSETS-29342)

Forms forms-6519

Adaptive Forms

  • ユーザーがアダプティブフォームにツールバーを追加すると、フォームコンテナラベルには、作成者がForms用に選択した優先言語に変更されないので、異常な動作が表示されます。 (FORMS-11371)
  • AEM Forms Workspace では、ドロップダウンフィールドにより、UI の最初のオプションがデフォルトで選択されます。 (FORMS-11346)
  • 5 文字のロケールを使用し、小数点文字がレター内で正しくレンダリングされない場合、AEMの言語設定は影響を受けません。 (FORMS-11344)
  • ユーザーが Workbench プロセスを使用して XML 出力を生成する場合、一部のファイルで失敗します。 (FORMS-11314)
  • ユーザーが英語以外の言語でレコードのドキュメント (DOR) のプレビューを生成した場合、そのレコードは機能しません。 (FORMS-11106)
  • ユーザーが、JDK11 を使用して Linux®に基づく OSGi インスタンス上の PDFG で一部の画像ファイルを変換しても、変換はおこなわれません。 (FORMS-11105)
  • ユーザーがAEM Formsアドオンをインストールすると、AEM Sitesのコンテンツツリーパネルが壊れます。 (FORMS-10912)
  • ユーザーが日付選択コンポーネントから NVDA スクリーンリーダーを使用して日付をコピーすると、正しく読み取れません。 (FORMS-10805)
  • Formsのルールエディターで、データ値タイプが Boolean の場合、ユーザーはラジオボタン/チェックボックスの値を設定できません。 (FORMS-10713)
  • ユーザーがアダプティブフォームに追加した項目は、ドロップダウンリストの逆の順序で追加されます。 (FORMS-10456)
  • ルールエディターでドロップダウンをクリアした場合、最初に指定した値は、値がクリアされていても表示されます。 (FORMS-9963)
  • ユーザーは、NVDA などのスクリーンリーダーを使用してフォームタイトルにアクセスできません。 (FORMS-8815)
  • ユーザーがにアクセスできない Sub Title NVDA などのスクリーンリーダーを使用したフォーム。 (FORMS-8814)
  • HTML フォームのページソースでは、アクセスキー属性が空で、機能しません。 (FORMS-5753)
  • Workspace についてダイアログでは、「Adobe Experience Manager - Forms」というテキストがテキストとして表示されます。 (FORMS-5748)

Forms Designer forms-designer-6519

  • ユーザーがスクリーンリーダーで非インタラクティブPDF formsを読み上げようとすると、一部のリスト項目が読み上げられず、スキップされません。 (LC-3921645)
  • ユーザーが編集可能フィールド内をタブで移動しても、一貫してすべてのPDFフォームフィールドを横断するわけではありません。 (LC-3921631)
  • Forms Designer でのタグ付けが正しい場合でも、PDFでタグの順序がランダムに変更されます。 (LC-3921313)
  • Adobe Acrobat ReaderまたはAdobe Acrobat DC のタグで、リストが正しく表示されません。 (LC-3921306)
  • Forms Designer で正しく割り当てられた見出しレベルは、 <P> タグをAdobe Acrobatに追加します。 (LC-3921305)
  • テーブルでは、オブジェクトを割り当てた後にその ID を変更することはできません。 (LC-3921134)
  • 結合されたセルがテーブル内にある場合、AEM Forms Designer の複雑なテーブルで span(行と列)と scope を設定する GUI は使用できません。 (LC-3919532)
  • AEM Forms Service Pack 6.5.15.0に forms アドオンパッケージをインストールした後にPDFドキュメントを生成しようとすると、断続的に失敗し、次のエラーが表示されます。
    • OutputServiceException AEM_OUT_001_003:Unexpected Exception: 0 Out of Memory Caused by: org.omg.CORBA.COMM_FAILURE: null (LC-3921530)

基盤 foundation-6519

  • 言語ルートレベルで言語コピーを作成しても、ページ内のパスは調整されません。言語コピーが言語ルートではなくその下のページに対して作成された場合でも、パスは正しく変更されました。(NPR-41364)
  • 「相対的な日付の表示」ツールチップを閉じるには、キーボードの Esc キー(ESC)を押します。ユーザがユーザーインターフェイスの任意の部分を選択すると、ツールチップが閉じます。(NPR-41394)
  • ユーザーを編集キーストア ​で間違った秘密鍵ファイルを追加すると、ローカライズされていない文字列 Something went wrong while adding the private key. が発生します。(NPR-41366)
  • アイコンは、AEM 6.5 環境の Microsoft® SharePoint と Microsoft® One Drive に必要です。(NPR-41354)
  • 「UserId/Password mismatch」がローカライズされていません。 セキュリティユーザー作成 ​ダイアログボックス内の文字列。(NPR-41245)
  • ポップオーバーコードとイベントハンドラーが 2 回読み込まれ、ユーザーが作成した Coral3 ベースのユーザーインターフェイスが機能しなくなります。(NPR-41171)
  • AEM Sites コンソールで「すべてを選択」を使用しても、選択解除が正しく機能しません。(NPR-41304)

統合 integrations-6519

  • AEM メールキャンペーンの SMS リンクが正しく書き込まれていません。リンクには HTML アンカー要素が含まれています。(NPR-41211)
  • アカウント設定画面で使用する文言では、新しい資格情報の種類を使用しないでください。(NPR-41210)
  • Analytics レポート読み込みスケジューラーを ManagedPollConfig から Sling ジョブに移動します。2 つの異なるサイトに異なるレポートスイートを使用して、2 つの異なる分析フレームワークを接続すると、ManagedPollConfig はそのうちの 1 つだけをポーリングします。(NPR-41209)
  • 値がデフォルトにリセットされても、以前に選択した期間ボタンは有効なままです。AEM のコンテンツインサイトダッシュボードでは、デフォルトで期間が週に設定され、コンテンツインサイトが週別データとして表示されます。現在、ユーザーが時間、日、月、年などの他の時間枠オプションを選択すると、選択した値に応じてデータが変更されます。ただし、値がリセットされた場合、デフォルトで表示される期間は週ですが、以前に選択した時間枠オプションが選択されたままになります。(NPR-41246)

Oak oak-6519

  • 非同期インデックス作成が遅延した場合に、AEM への書き込みレートを制限するバックポートユーティリティ。(NPR-40985)

プラットフォーム foundation-platform-6519

  • 角括弧で囲まれた QueryBuilder クエリが、誤って xpath に変換されます。(NPR-41298)

翻訳プロジェクト foundation-translation-6519

  • ページ「A」の言語コピーを作成する際に、参照されるページ、エクスペリエンスフラグメント、コンテンツフラグメント、アセットの言語コピーが自動的に作成されます。また、新しいパスにあるページ「A」の新しく作成した言語コピーの参照は、ページ、エクスペリエンスフラグメント、コンテンツフラグメント、アセットのそれぞれで新しく作成した言語コピーに更新する必要があります。(NPR-41076)

ワークフロー foundation-workflow-6519

  • インボックスでタスクを完了できません。タスクを完了してアクションを選択しようとすると、ドロップダウンメニューに「未定義」の値のみが表示されます。つまり、ユーザーは AEM 6.5.18 サービスパックを適用できません。(NPR-41402 および NPR-41473)
  • インボックスでタスクを完了できません。zip ファイル、アセットレポート、移動(成功または失敗)またはアセットの有効期限に関するタスクを完了しようとすると、ドロップダウンリストに値が表示されません (「未定義」のみ)。(NPR-41305)
  • ユーザーが​ ツールワークフロー/インスタンスを選択し、実行中のワークフローを選択してから「ペイロードを表示」を選択すると、500 エラーページが表示されます。(NPR-41325)

Experience Manager 6.5.19.0 のインストール install

  • Experience Manager 6.5.19.0 には Experience Manager 6.5 が必要です。手順について詳しくは、アップグレードに関するドキュメントを参照してください。
  • サービスパックは、アドビのソフトウェア配布からダウンロードできます。
  • MongoDB と複数のインスタンスを含むデプロイメントでは、パッケージマネージャーを使用して、オーサーインスタンスの 1 つに Experience Manager 6.5.19.0 をインストールしてください。
IMPORTANT
アドビでは、Experience Manager 6.5.19.0 パッケージを削除またはアンインストールすることを推奨しません。したがって、パッケージをインストールする前に、ロールバックする必要がある場合に備えて crx-repository のバックアップを作成する必要があります。

Experience Manager 6.5 へのサービスパックのインストール install-service-pack

  1. インスタンスが更新モードの場合(インスタンスが以前のバージョンから更新された場合)、インストール前にインスタンスを再起動します。インスタンスの現在の稼動時間が長い場合、アドビは再起動することを推奨します。

  2. インストールする前に、Experience Manager インスタンスのスナップショットまたは新しいバックアップを作成します。

  3. ソフトウェア配布からサービスパックをダウンロードします。

  4. パッケージマネージャーを開き、「パッケージをアップロード」を選択して、パッケージをアップロードします。詳しくは、パッケージマネージャーを参照してください。

  5. パッケージを選択して、「インストール」を選択します。

  6. S3 コネクタを更新するには、サービスパックのインストール後にインスタンスを停止し、既存のコネクタをインストールフォルダーに用意されている新しいバイナリファイルに置き換えて、インスタンスを再起動します。Amazon S3 データストアを参照してください。

NOTE
サービスパックのインストール中に、パッケージマネージャー UI のダイアログが終了することがあります。Adobeでは、エラーログが安定するのを待ってから、デプロイメントにアクセスすることをお勧めします。アップデーターバンドルのアンインストールに関連する特定のログが表示されるのを待ってから、インストールが成功したことを確認してください。この問題は、通常 Safari ブラウザーで発生しますが、どのブラウザーでも断続的に発生する場合があります。

自動インストール

Experience Manager 6.5.19.0 の自動インストールに使用できる方法は 2 つあります。

  • サーバーがオンラインで使用可能な場合、パッケージを ../crx-quickstart/install フォルダーに配置します。パッケージが自動的にインストールされます。
  • パッケージマネージャーの HTTP API を使用します。ネストされたパッケージがインストールされるように、cmd=install&recursive=true を使用します。
NOTE
Experience Manager 6.5.19.0 では、Bootstrap のインストールをサポートしていません。

インストールの検証

このリリースでの動作が認定されたプラットフォームについては、技術要件を参照してください。

  1. 製品情報ページ(/system/console/productinfo)のインストール済み製品に、更新されたバージョン文字列 Adobe Experience Manager (6.5.19.0) が表示されます。

  2. すべての OSGi バンドルは、OSGi コンソールで アクティブ または フラグメント です(web コンソールを使用:/system/console/bundles)。

  3. OSGi バンドル org.apache.jackrabbit.oak-core はバージョン 1.22.17 以降です(Web コンソールを使用:/system/console/bundles)。

Experience Manager Forms へのサービスパックのインストール install-aem-forms-add-on-package

AEM Forms にサービスパックをインストールする手順については、AEM Forms サービスパックのインストール手順を参照してください。

NOTE
AEM 6.5 クイックスタートで使用できるアダプティブフォーム機能は、探索と評価のみを目的として設計されています。アダプティブフォームの機能には適切なライセンスが必要なので、実稼動環境で使用する場合は、AEM Forms の有効なライセンスを取得することが不可欠です。

Experience Manager コンテンツフラグメント用の GraphQL インデックスパッケージのインストール install-aem-graphql-index-add-on-package

GraphQL を使用しているお客様は、Experience Manager コンテンツフラグメントと GraphQL インデックスパッケージ 1.1.1 をインストールする必要があります。

これにより、実際に使用する機能に基づいて、必要なインデックス定義を追加できます。

このパッケージをインストールしないと、GraphQL クエリが遅くなったり失敗したりする場合があります。

NOTE
このパッケージは、インスタンスごとに 1 度だけインストールします。サービスパックごとに再インストールする必要はありません。

UberJar uber-jar

Experience Manager 6.5.19.0 の UberJar は、Maven Central リポジトリで入手できます。

Maven プロジェクトで UberJar を使用するには、UberJar の使用方法を参照し、プロジェクト POM に次の依存関係を含めます。

<dependency>
     <groupId>com.adobe.aem</groupId>
     <artifactId>uber-jar</artifactId>
     <version>6.5.19</version>
     <scope>provided</scope>
</dependency>
NOTE
UberJar およびその他の関連アーティファクトは、Adobe のパブリック Maven リポジトリー (repo.adobe.com) ではなく、Maven Central リポジトリーで入手できます。メインの UberJar ファイルの名前は、「uber-jar-<version>.jar」に変更されます。そのため classifier が存在せず、apis が値として dependency タグに使用されます。

廃止される機能および削除された機能 removed-deprecated-features

廃止される機能および削除された機能を参照してください。

既知の問題 known-issues

  • Oak 関連
    サービスパック 13 以降で、永続性キャッシュに影響する次のエラーログが表示されるようになりました。

    code language-shell
    org.h2.mvstore.MVStoreException: The write format 1 is smaller than the supported format 2 [2.0.202/5]
    at org.h2.mvstore.DataUtils.newMVStoreException(DataUtils.java:1004)
        at org.h2.mvstore.MVStore.getUnsupportedWriteFormatException(MVStore.java:1059)
        at org.h2.mvstore.MVStore.readStoreHeader(MVStore.java:878)
        at org.h2.mvstore.MVStore.<init>(MVStore.java:455)
        at org.h2.mvstore.MVStore$Builder.open(MVStore.java:4052)
        at org.h2.mvstore.db.Store.<init>(Store.java:129)
    

    または

    code language-shell
    org.h2.mvstore.MVStoreException: The write format 1 is smaller than the supported format 2 [2.1.214/5].
    

    この例外を解決するには、次の手順を実行します。

    1. 次の 2 つのフォルダーを crx-quickstart/repository/ から削除する

      • cache
      • diff-cache
    2. サービスパックをインストールするか、Experience Manager as a Cloud Serviceを再起動します。
      cache および diff-cache の新しいフォルダーが自動的に作成され、error.log 内で mvstore に関連する例外は発生しなくなりました。

  • コンテンツモデルのカスタム API 名を使用していた可能性のある GraphQL クエリを、代わりにコンテンツモデルのデフォルト名を使用するように更新してください。

  • GraphQL クエリでは、fragments インデックスの代わりに damAssetLucene インデックスを使用する場合があります。このアクションは結果的に、GraphQL クエリが失敗するか、実行に非常に長い時間がかかる可能性があります。

    問題を修正するには、damAssetLucene では、/indexRules/dam:Asset/properties に次の 2 つのプロパティを含むように設定する必要があります。

    • contentFragment

      • jcr:primaryType="nt:unstructured"
      • name="jcr:content/contentFragment"
      • propertyIndex="{Boolean}true"
      • type="Boolean"
    • model

      • jcr:primaryType="nt:unstructured"
      • name="jcr:content/data/cq:model"
      • ordered="{Boolean}true"
      • propertyIndex="{Boolean}true"
      • type="String"

    インデックス定義を変更した後、インデックス再作成が必要です(reindex = true)。

    これらの手順を行うと、GraphQL クエリの実行が高速化されます。

  • コンテンツフラグメント、サイト、ページのいずれかを移動、削除または公開しようとすると、バックグラウンドクエリが失敗したため、コンテンツフラグメント参照が取得される際に問題が発生します。つまり、この機能が動作しなくなります。
    正しく動作させるには、インデックス定義ノード /oak:index/damAssetLucene に次のプロパティを追加する必要があります(インデックスの再作成は不要です)。

    code language-xml
    "tags": [
        "visualSimilaritySearch"
      ]
    "refresh": true
    
  • オプションの変数を使用してGraphQLクエリを実行する場合、特定の値が not オプションの変数に指定された場合、その変数の値は null. つまり、フィルターは一致するのみとなります null 対応するプロパティの値。

    例えば、以下のクエリでは、プロパティの値が指定されていません。 lastName:

    code language-graphql
    query getAuthorsFilteredByLastName($authorLastName: String) {
    authorList(filter:
      {
        lastName: {_expressions: {value: $authorLastName}
        }}) {
      items {
        lastName
        }
      }
    }
    

    次を持つ作成者のみ: lastName プロパティを null に設定すると、次の値が返されます。

    code language-graphql
    {
    "data": {
      "authorList": {
        "items": [
          {
            "lastName": null
          }
        ]
      }
    }
    }
    
  • Experience Manager インスタンスを 6.5.0~6.5.4 から Java™ 11 の最新のサービスパックにアップグレードすると、error.log ファイルに RRD4JReporter 例外が表示されます。例外を停止するには、Experience Manager のインスタンスを再起動します。

  • ユーザーは、Assets の階層内のフォルダーの名前を変更し、ネストされたフォルダーを Brand Portal に公開できます。ただし、ルートフォルダーが再公開されるまで、Brand Portal でフォルダーのタイトルは更新されません。

  • Experience Manager 6.5.x.x のインストール中に、次のエラーや警告メッセージが表示される場合があります。

    • 「Target Standard API(IMS 認証)を使用して Experience Manager に Adobe Target 統合を設定する場合、エクスペリエンスフラグメントを Target に書き出すと、間違ったオファータイプが作成されます。Target では、「エクスペリエンスフラグメント」/ソース「Adobe Experience Manager」タイプではなく、「HTML」/ソース「Adobe Target Classic」タイプのオファーをいくつか作成します。
    • com.adobe.granite.maintenance.impl.TaskScheduler : granite/operations/maintenance にメンテナンスウィンドウが見つかりません。
    • SUM、MAX、MIN などの集計関数が使用される場合、アダプティブフォームのサーバー側検証が失敗します (CQ-4274424)。
    • com.adobe.granite.maintenance.impl.TaskScheduler - granite/operations/maintenance にメンテナンスウィンドウが見つかりません。
    • ショッパブルバナービューアでアセットをプレビューしている間、Dynamic Media インタラクティブ画像のホットスポットは表示されません。
    • com.adobe.cq.social.cq-social-jcr-provider bundle com.adobe.cq.social.cq-social-jcr-provider:1.3.5 (395)[com.adobe.cq.social.provider.jcr.impl.SpiSocialJcrResourceProviderImpl(2302)]:登録状況を未登録に変更する処理が完了するのを待機中にタイムアウトになりました。
  • AEM 6.5.15 以降、org.apache.servicemix.bundles.rhino バンドルで提供される Rhino JavaScript Engine には、新しい巻上げ動作が追加されました。strict モード(use strict;)を使用するスクリプトでは、変数を正しく宣言する必要があります。宣言しない場合、変数は実行されず、代わりにランタイムエラーが発生します。

AEM Forms の既知の問題

サポートされているプラットフォーム

  • JDK 11.0.20 では、AEM Forms on JEE インストーラーのインストールをサポートしていません。AEM Forms on JEE インストーラーのインストールは、JDK 11.0.19 以前のバージョンのみがサポートしています。(FORMS-10659)

インストール

  • JBoss® 7.1.4 プラットフォームで、Experience Manager 6.5.16.0 以降のサービスパックをインストールすると、adobe-livecycle-jboss.ear デプロイメントが失敗します。(CQ-4351522、CQDOC-20159)

サーブレットフラグメント(AEM サービスパック 6.5.14.0 以前)のインストール

  • AEM Service Pack 6.5.15.0以降にアップグレードし、AEMインスタンスが Tomcat 8.5.88 で動作している場合は、サーブレットフラグメントをインストールする必要があります Service Pack 6.5.15.0以降のインストールを続行します。
  • JBoss® EAP 7.4.0 で実行されているものを除き、すべてのアプリケーションサーバーのサーブレットフラグメントをインストールする必要があります。

サーブレットフラグメントをインストールするには:

  1. ソフトウェア配布からサーブレットフラグメントをダウンロードします。
  2. アプリケーションサーバーを起動します。
  3. ログが安定するのを待ってから、バンドルの状態を確認します。
  4. Web コンソールのバンドルを開きます。デフォルトの URL は http://[Server]:[Port]/system/console/bundles です。
  5. インストール」または「更新」を選択します。
  6. ダウンロードしたフラグメントを選択します
    org.apache.felix.http.servlet-api-1.2.0_fragment_full.jar
  7. インストール」または「更新」を選択します。
  8. アプリケーションサーバーが安定するまで待ちます。
  9. アプリケーションサーバーを停止します。

アダプティブフォーム

  • アダプティブフォームを公開すると、変更していない場合でも、ポリシーを含むすべての依存関係が再公開されます。(FORMS-10454)
  • アダプティブフォームでユーザーが初めてフィールドを設定する場合、設定を保存するオプションはプロパティブラウザーに表示されません。同じエディターでアダプティブフォームの他のフィールドを設定するように選択すると、問題が解決します。
  • ユーザーが送信アクションを実行すると、送信は次のエラーで失敗します。
    javax.servlet.ServletException: java.lang.NoSuchMethodError
    問題を解決するには、 JSP、Java™、Sightly などの Sling スクリプトを再コンパイルします。. (FORMS-8542)
  • AEM Service Pack 6.5.14.0以降をインストールした後、に移動したときに、JEE Admin UI からPDFドキュメントのフォントを選択できなくなる Home > Services > PDF Generator > Adobe PDF Settingsフォントリストが空に表示されるので、 (FORMS-12095)
  • アダプティブFormsでは、ECMAScript バージョン 5 以前でカスタム関数を使用できます。 カスタム関数で ECMAScript バージョン 6 以降('let'、'const'、矢印関数など)が使用されている場合、ルールエディタが正しく開かない可能性があります。

JEE 上の AEM Forms

  • Java EE Web アプリケーションを開発するための一般的でオープンソースな Web アプリケーションフレームワークである Struts 2 RCE に対して、重要なセキュリティ脆弱性が報告されています。 Adobeがリリースされました AEM 6.5 サービスパック 19.1(6.5.19.1) :JEE 上のAEM Formsの脆弱性に対処するため。

インタラクティブコミュニケーション

    • 事前入力サービスは、null ポインター例外で失敗します。 (CQDOC-21355)

含まれている OSGi バンドルとコンテンツパッケージ osgi-bundles-and-content-packages-included

次のテキストドキュメントには、Experience Manager 6.5.19.0 に含まれている OSGi バンドルとコンテンツパッケージのリストが記載されています。

制限付き Web サイト restricted-sites

以下の web サイトはお客様のみが参照できます。アクセス権を必要とするお客様は、アドビのアカウントマネージャーにお問い合わせください。

recommendation-more-help
19ffd973-7af2-44d0-84b5-d547b0dffee2