Google Analytics および UTM アトリビューション

~することが極めて重要である ユーザー獲得ソースの追跡 対象: 最もパフォーマンスの高い広告キャンペーンを特定する. このトピックでは、について説明します Google Analytics ソース属性プロセス。 つまり、どの情報がいつ記録されるか。

アトリビューションとは

Attribution は、特定のアクティビティのリファラルソースを指定することを目的としています。 これらのアクティビティは通常、マクロコンバージョンまたはマイクロコンバージョンで、マクロは次のようになります 購入(ミクロは~のようなもの) 登録,メールのサインアップ,ブログコメント, その他。

理想的には、コンバージョンイベントが発生するたびに、リファラルソースが記録されます。 しかし、ソースはどのように決定されますか?

実際には、ユーザーは、マイクロコンバージョンやマクロコンバージョンをヒット/コミットする前に、多くのソースから来ることがよくあります。 例えば、オーガニック経由でサイトにアクセスしてから出発し、有料検索を使用して来て、出発してから、サイト自体に直接来る場合があります。 このソーストラッキング情報は、多くの場合、UTM パラメーターを介してサイトに提供されますが、より高度なシステムも存在します。 目的に応じて、次を重視します UTM.

方法 Google Analytics UTM パラメーターを使用したリファラルソースの属性

UTM パラメーターが URL で指定されると、これらは解析されて、に配置されます。 Google Analytics cookie. Web サイトに次の情報がない場合: Google Analytics、UTM を使用しても意味はありません。 Google Analytics には、有効期間中に UTM で複数の URL にヒットしたユーザーを処理する方法のルールがあります(詳しくは後で説明します)。 Web サイトが UTM パラメーターを外部データベースに取り込むように設定されている場合、ミクロまたはマクロの変換が発生すると、 Google Analytics 変換時の cookie がデータベースにレプリケートされます。

最初のクリックと最後のクリック

最終クリック属性

最終クリック数アトリビューションは、が採用する最も一般的なアトリビューションモデルです Google Analytics. この場合、 Google Analytics cookie は、コンバージョンイベントより前の最新のソースに対する UTM パラメーターを表します。これは データベースに記録される. この Google Analytics cookie は、ユーザーが新しい UTM パラメーターセットを含む新しい URL をクリックした場合にのみ、以前の UTM パラメーターを上書きします。

例えば、最初にを介して web サイトを訪問するユーザーについて考えてみます Google Analytics 有料検索 ​を選択すると、から次の経路で戻ります オーガニック検索 ​最後に、に戻ります web サイトを直接参照 または メールリンク UTM パラメーターなし コンバージョンイベントの前。 この例では、 Google Analytics cookie は、ユーザーのソースが変換前の最後のソースを表すため、ユーザーのソースがオーガニックであると言います。 この パス その最終コンバージョンイベントの前のユーザーのは無視されます。 代わりに、ユーザーが UTM を使用したメールリンクから web サイトにアクセスした場合は、 Google Analytics cookie はソースが「email」と言います。 そのため、Cookie に既存の UTM パラメーターがあり、ユーザーが直接経由でアクセスする場合、 Google Analytics cookie は、「直接」ではなく UTM パラメーターを表示します。

NOTE
特定のユーザーの Google Analytics cookie のパラメーターは次の場合に消去されます expiresまたは、ユーザーがブラウザーで Cookie をクリアした場合に発生します。*

ファーストクリック属性

一部の有料アトリビューションツールでは、ユーザーのパス内のソースの「パンケーキスタック」をキャプチャできます。 この場合、上記の例では、最初のクリック属性は有料検索を示します。 また、一部の web サイトでは、パンケーキスタックをキャプチャして最初のソースをデータベースに保存する独自の Cookie を実装しています。

アトリビューションの分析方法

Google Analytics には、4 つの異なるアトリビューションモデルを実行できる堅牢な機能が web インターフェイスに含まれています。

  1. 最初のクリック
  2. 前回のクリック
  3. 線形(パス内のすべてのソースにわたって売上高を均等に分割)
  4. 重み付け(カスタマイズされた属性)

マイクロコンバージョンまたはマクロコンバージョンごとのアトリビューションモデルを理解できたので、「ユーザーのコンバージョン全体はどうしますか?」という質問になります。 例えば、GA のラストクリックロジックに基づいて記録された UTM を見てみましょう。

  • ユーザーはオーガニックに登録
  • 有料検索でのユーザーの最初の購入$5.00
  • ユーザーの 2 回目の電子メール購入$50.00
  • オーガニック$10.00 未満でのユーザーの 3 回目の購入

「有料検索でどのくらいの売上高を得られましたか? メールから? オーガニックから?」 答えは 5、50、10 (最後のソースが何であれ)と言えます。または、すべての売上高を最初のソースに関連付ける(65 のすべてがオーガニックに分類される)と言うこともできます。 また、一部の重み付け解析を適用したり、線形モデル(つまり、それぞれ約 22 個)を適用することもできます。

関連ドキュメント

recommendation-more-help
e1f8a7e8-8cc7-4c99-9697-b1daa1d66dbc