[オンプレミス/ハイブリッドのみ]{class="badge yellow" title="オンプレミスデプロイメントとハイブリッドデプロイメントにのみ適用されます"}

パフォーマンスとスループットの問題 performance-and-throughput-issues

まず、最新のビルドがインストールされていることを確認する必要があります。 これにより、最新の機能とバグ修正が確実に提供されます。

を参照してください。 リリースノート 各リリースのコンテンツについて詳しくは、こちらを参照してください。

ハードウェアとインフラストラクチャ hardware-and-infrastructure

オンプレミスCampaign Classicのハードウェア要件の一般的なガイドラインについて詳しくは、こちらを参照してください ページ.

コンサルティングチームは、ホスト環境のお客様に、データベース内の様々なタイプのテーブルで使用されているスペースおよび SFTP サイトで使用されているスペースを簡単に確認できるツールを提供できます。 また、不要なデータをクリーンアップできるツールも用意されています。 連絡先 Adobeカスタマーケア このツールを実装する必要がある場合。 このツールを使用して確認すべき重要な事項を次に示します。

  • インデックスサイズがテーブルサイズより大きい場合、バキュームが必要です。
  • 最大の膨張を持つテーブルをチェックしてください。 これらのテーブルを頻繁に使用する場合は、掃除機をかける必要があります。
  • データベースがブロックされると、メールが送信されなくなることがあります。

Adobe Campaignは、次も提供します ツール cpu と RAM の使用状況を確認します。 このツールを使用して、次のような特定の指標を確認します。 メモリ, スワップメモリ, ディスク, アクティブなプロセス. 値が大きすぎる場合は、ワークフローの数を減らすか、異なる時間にワークフローを開始するようにスケジュールすることができます。

データベースチェック database-performances

ほとんどの場合、パフォーマンスの問題はデータベースのメンテナンスに関連しています。 確認する主な項目は次のとおりです。

  • 設定:Adobe Campaignのプラットフォームの初期設定を確認し、完全なハードウェアチェックを実行することをお勧めします。
  • Adobe Campaign プラットフォームのインストールと設定:ネットワーク設定とプラットフォームの配信品質オプションを確認します。
  • データベースのメンテナンス:データベースクリーンアップタスクが操作可能で、データベースのメンテナンスが正しくスケジュールおよび実行されていることを確認します。 ワークテーブルの数とサイズを確認します。
  • リアルタイム診断:プロセスおよびプラットフォームのログファイルを確認し、問題を再現する際にデータベースのアクティビティを監視します。
NOTE
詳しくは、次の節を参照してください。 データベースパフォーマンス.

アプリケーション設定 application-configuration

アプリケーション設定のベストプラクティスに関連する記事のリストを以下に示します。

  • MTA および MTAChild のプロセスとメモリ: mta モジュールがメッセージを配布します mtachild 子モジュール。 Each mtachild メッセージを準備してから、統計サーバーに認証をリクエストして送信します。 こちらを参照してください ページ を参照してください。
  • TLS 設定:TLS をグローバルに有効にすると、スループットが低下する可能性があるので、推奨されません。 代わりに、配信品質チームが管理するドメインごとの TLS 設定は、必要に応じて調整する必要があります。 こちらを参照してください ページ を参照してください。
  • DKIM: DKIM のセキュリティレベルを保証するために、ベストプラクティスの推奨暗号化サイズは 1024b です。 DKIM キーの値を小さくしても、大多数のアクセスプロバイダーは有効と見なしません。 このページを参照してください。

配信品質の問題 deliverability-issues

配信品質に関連するベストプラクティスと記事のリストを以下に示します。

  • IP レピュテーション:IP レピュテーションが十分に適切でない場合、パフォーマンスに影響を与えます。 この 配信品質の監視 モジュールは、プラットフォームの配信品質パフォーマンスを追跡するための様々なツールを提供します。 このページを参照してください。
  • IP ウォームアップ:IP ウォームアップは、配信品質チームが実行します。 これには、数週間かけて新しい IP を通じてメールの数を徐々に増やす必要があります。
  • IP アフィニティの設定:IP アフィニティの設定を誤ると、メールが完全に停止したり(設定でオペレーター/アフィニティ名が正しくありません)、スループットが低下したり(アフィニティに含まれる IP の数が少なくなっています)することがあります。 このページを参照してください。
  • メールサイズ:メールのサイズは、スループットで重要な役割を果たします。 推奨最大メールサイズは 60 KB です。 こちらを参照してください ページ. が含まれる 配信スループット レポートして、時間単位で転送されたバイト数を確認します。
  • 無効な受信者の数が多い:無効な受信者が多数ある場合、スループットに影響する可能性があります。 MTA が無効な受信者へのメールの送信を再試行し続ける。 データベースが適切に維持されていることを確認してください。
  • パーソナライゼーションの量:配信が「パーソナライゼーション中」のままの場合は、パーソナライゼーションブロックで使用されている JavaScript を確認します。
NOTE
関連トピック 配信品質 セクション。 配信品質の詳細については、アドビの配信品質のベストプラクティスガイドを参照してください。
recommendation-more-help
601d79c3-e613-4db3-889a-ae959cd9e3e1