Yahoo! Japan Ads キャンペーン設定

[ キャンペーン作成画面]

Campaign Type: (キャンペーン作成時のみ使用可能)広告の配置場所:唯一のオプションは、 Search Network Only 検索ネットワーク上にテキスト広告を表示する。

Campaign Details

Campaign Name: アカウント内で一意のキャンペーン名。

Start date: キャンペーンまたは広告グループに承認済みの広告が含まれている限り、入札が実施される最初の日付。 新しいキャンペーンおよび広告グループのデフォルトは現在の日です。 キャンペーンまたは広告グループが開始していない日付を変更するには、MM/DD/YYYY の形式で日付を入力するか、 カレンダー 日付を選択します。

キャンペーンまたは広告グループが開始したら、一時停止できますが、開始日は変更できません。

Status: キャンペーンの表示ステータス: アクティブ または 一時停止. 新しい広告キャンペーンのデフォルトは、 アクティブ.

End date: 入札を行う最終日。 デフォルトはです。 終了日なし. 指定した日付まで入札を行うには、MM/DD/YYYY の形式で日付を入力するか、 カレンダー 日付を選択します。

Budget Options

Budget: 予算は、1 日に費やす金額の平均です。 1 日の予算の最小額は 100 円です。

キャンペーン予算の制限が自動的に調整されるポートフォリオにこのキャンペーンを割り当てた場合、検索条件に応じて、指定した期間に指定した予算より多い、または少ない予算を実際に使用する可能性があります。

Delivery Method: (日次予算を含むほとんどのキャンペーンタイプ)キャンペーンの広告を毎日どの程度の速さで表示するかを指定します。

  • Distributed: 広告インプレッションを 1 日を通じて均等に分散する。

  • Accelerated: 広告を可能な限り迅速に表示し、予算に達します。 その結果、広告が日中に表示されない場合があります。 注意: の場合 Google Ads 検索および買い物キャンペーンの場合、このオプションは 2019 年 10 月に廃止されました。

Campaign Targeting

Location Targets: (使用可能な場合)ターゲットとして含めるか除外する特定のユーザー地理的場所。 デフォルトでは、すべての場所がターゲットになります。 任意の場所の組み合わせにユーザーを含めたり、除外したりできます。 除外は、常に包含を上書きします。

  • すべての場所を対象にするには、どの場所も選択しないでください。

  • 位置とその子位置を含めるには、隣の円を 1 回クリックして、青いチェックマーク( 次を含める )が表示されます。 必要に応じて、ターゲットとする場所ごとに指定した割合で入札を増減できます。

  • 位置を除外するには、隣の円を 2 回クリックして、赤いチェックマーク( 除外 )が表示されます。

  • 場所をサブコンポーネント(都道府県、地域、市区町村など)に展開するには、場所の名前をクリックします。

  • 場所を検索するには、入力フィールドに場所の最初の 3 文字以上を入力するか貼り付けます。

URL Options

Tracking Template: (オプション)すべてのオフランディングドメインのリダイレクトとトラッキングパラメーターを指定し、最終/ランディングページの URL をパラメーターに埋め込むトラッキングテンプレートまたはトラッキング URL。 パラメーターの使用 !{lpurl} をクリックして、ランディングページの URL を指定します。 例: {lpurl}?source={network}&id=5 または http://www.trackingservice.example.com/?url={lpurl}?source={network}&id=5 リダイレクトを含める。

オプションで、サードパーティのリダイレクトとトラッキングを追加できます。

Adobe広告コンバージョントラッキングの場合。これは、キャンペーン設定でEF Redirect"および"Auto Upload、「 Search, Social, & Commerce では、レコードを保存する際に、自動的に独自のリダイレクトおよびトラッキングコードがプレフィックスとして付加されます。

NOTE
  • 最も精度の高いレベルのトラッキングテンプレートは、より高いレベルの値よりも優先されます。 例えば、アカウント設定とキーワード設定の両方に値が含まれる場合、そのキーワード値が適用されます。
  • 広告を承認用に再送信することなく、任意のレベルでトラッキングテンプレートを更新できます。

Negative Keywords

Negative Keywords: (オプション)クエリを実行しても広告をトリガーにしないキーワード。 マイナス記号 (-):

  • 負の部分一致: keyword ( ではサポートされていません。 Microsoft Advertising)
  • 否定的なフレーズ一致: "keyword"
  • 負の完全一致: [keyword]

複数の値はコンマで区切るか、別々の行に入力します。 1 回の操作で 2,000 個までの除外キーワードを入力または貼り付けることができます。

NOTE
  • 最大長は、1 つのキーワードにつき 80 文字です。
  • 除外キーワードは、キャンペーンおよび広告グループの設定から、または Keywords > Negatives 表示 キャンペーンレベルの除外は、広告グループレベルで適用されます。

Campaign Tracking

Override Account Tracking: (オプション)このキャンペーンのトラッキングパラメーターを設定できます。 デフォルトでは、このオプションはオフで、キャンペーンはアカウントレベルのトラッキングパラメーターを使用します。

Tracking Type: URL の生成方法:

  • EF Redirect (デフォルト):Advertising コンバージョントラッキングサービスをAdobeするお客様向けです。 このメソッドは、一意のクリック追跡 ID を生成し、追跡のためにAdobe広告サーバーにリダイレクトしてから、クライアントのランディングページに送信します。

    このメソッドには、オプションでカスタマイズ可能なデフォルトのトラッキングオプションと、各 URL に追加するパラメーターを指定することもできます。

  • No EF Redirect: 独自のクリックトラッキングコードのみを使用する顧客の場合。 検索、Social、およびコマースでは、クリック追跡 ID やリダイレクトコードは提供されません。 宛先 URL のアカウントの場合、各宛先 URL はベース URL と同じです。

    メモ:

    • この値を変更できるのは、代理店のアカウントマネージャー、Adobeのアカウントマネージャー、管理者ユーザーのみです。
    • トラッキング方法を変更した場合は、アカウントのトラッキング URL を再生成する必要があります。
    • キャンペーンレベルのトラッキングオプションは、アカウントレベルの設定よりも優先されます。

Redirect Type: ( の EF Redirect (のみ)エンドユーザーを最終的な URL または宛先 URL にリダイレクトする方法。 選択したオプションは、アカウントまたはキャンペーン内のすべての広告、キーワードおよびプレースメントに適用できます。 デフォルトのアカウントレベル設定は広告主のトラッキング設定から継承され、デフォルトのキャンペーンレベル設定はアカウント設定から継承されます。

  • Standard: エンドユーザーを指定した URL にリダイレクトするだけです。

  • Token: エンドユーザーを URL にリダイレクトし、クリックの検索、ソーシャル、コマース ID(ef_id) をクエリ文字列パラメーターとして使用します。これはトークンとして使用されます。 オフライントランザクションをレポートする場合、検索、ソーシャル、コマースでAdobe Analyticsとデータを交換する場合、または内で発生したすべてのコンバージョンを追跡する場合に、このオプションを選択します Apple Safari ブラウザー。

メモ:

  • 次の Standard から Tokenまたはその逆の場合は、アカウントのトラッキング URL を再生成する必要があります。
  • キャンペーンレベルでアカウントレベルの設定を上書きできます。

Auto Upload: (と同期したキャンペーンの場合) EF Redirect ) 次回検索で、Social、&Commerce が広告ネットワークに自動的にアップロードします。(a) トラッキングテンプレートと最終 URL に追加された同じパラメーター、(b) 検索、Social、&Commerce トラッキングコードに埋め込まれた新しい宛先 URL 用の検索、Social、およびコマース。 次の条件を満たす広告主の場合: Adobe AdvertisingとAdobe Analyticsの統合 およびサーバー側 AMO ID(s_kwcid) 設定の場合、アップロードには AMO ID パラメーター の Google Ads および Microsoft Advertising アカウント。 デフォルトのアカウントレベルの設定は、広告主のトラッキング設定から継承されます。 キャンペーンレベルでアカウントレベルの設定を上書きできます。

注意: トラッキング URL は、同期されていないエンティティ(つまり、追加された新しいエンティティや、プロパティが変更された既存のエンティティ)に対してのみ、毎日更新されます。 したがって、この設定を無効から既存の広告主、アカウント、キャンペーンに対して有効に変更した場合、既に同期している既存のエンティティのトラッキング URL は更新されません。 既存の同期内エンティティの URL にトラッキングを追加するには、担当のAdobeアカウントチームに連絡して、1 回限りの手動同期プロセスをリクエストします。 自動アップロードプロセスでは、今後の変更を処理します。

Encode Base URL: (宛先 URL とトラッキングタイプを持つアカウント EF Redirect のみ) エンドユーザーのブラウザーのアドレスバー内の URL に文字エンコーディング(など)が含まれるかどうか %3D の代わりに =):

  • On (デフォルト):URL に文字エンコーディングを表示します。

  • Off: エンコードされていない URL を表示します。

Tracking Level: ( の EF Redirect ただ、アカウントレベルとキャンペーンレベルで使用可能(並列追跡が有効な広告ネットワークに適用できない)リダイレクトを追加し(関連する場合)、関連する URL にパラメーターを追加することで、クリック数と売上高を追跡する必要があるレベル。

  • Keyword: キーワードレベルでのみデータを追跡する。

  • Ad: 広告レベルでのみデータを追跡する場合。

    注意: 既存のキャンペーンをこの設定に変更すると、既存のキーワードトラッキング ID がすべて削除されます。 また、1 つの広告に複数のランディングページを使用して多変量分析テストを実行する場合は、バルクシートファイルを作成し、必要なコンポーネントに対して編集します。

  • Keyword and Ad: キーワードレベルと広告レベルの両方でデータを追跡する。

メモ:

  • 「Keyword」は Naver.
  • 「Ad」は Yandex.

Append Parameters: (オプション)ベース URL に追加する追加のトラッキングパラメーター。. 広告主レベルの追加パラメーターは、デフォルトでアカウントレベルとキャンペーンレベルで含まれますが、どちらかを上書きできます。

サードパーティのトラッキングパラメーターを含む任意の静的テキスト文字列、または任意の サポートされるトラッキングパラメーター:ベース URL に適切なデータ値を挿入します。

複数のパラメーターを使用する場合は、コンマまたはアンパサンド (&) で区切ります。 入れ子になった角括弧はサポートされていません。

メモ:

  • 追加パラメータの変更は、 Auto Upload オプション。 既存のベース URL に追加パラメーターを変更した場合、新しい URL は自動的には生成されません。 アカウントまたはキャンペーンのバルクシートファイルをダウンロードし、 Base URL/Final URL フィールドに貼り付け、バルクシートをアップロードして投稿します。

  • (並列追跡を使用する広告ネットワーク)マクロの使用は避けます。マクロは、並列追跡を有効にするソースからのクリックに置き換えられません。 広告主がマクロを使用する必要がある場合は、Adobeアカウントチームがカスタマーサポートまたは実装チームと連携してマクロを追加する必要があります。

  • (Adobe AdvertisingとAdobe Analyticsの統合を使用する広告主 ) 検索、ソーシャル、コマースのデータをに送信するための AMO ID パラメーターを含めるには Analyticsを参照し、 広告ネットワーク固有の形式. 次のパラメーターを手動で追加する必要はありません。 Google Ads および Microsoft Advertising サーバー側 AMO ID 実装を持つアカウント。

recommendation-more-help
bba95088-f653-468b-a1c0-bd1dbc81025c