Google Ads キャンペーン設定

[ キャンペーン作成画面]

Campaign Type: (キャンペーンの作成時にのみ使用できます)広告の配置場所と、キャンペーンに含めることができる広告タイプは次のとおりです。

  • Search Network Only: 検索ネットワーク上の広告を表示します。次のものが含まれます Google 検索結果と、オプションでパートナーサイトを検索できます。 各広告グループにキーワードを指定する必要があります。

  • Search with Display Select: 検索ネットワーク上の広告を表示します(次を含む) Google 検索結果と(オプションでパートナーサイトを検索)、潜在的に表示ネットワークサイトに広告を表示します。 ディスプレイネットワークで、 Google Ads は、キャンペーンの入札戦略に関係なく、自動入札を使用して広告を選択的に表示します。 検索広告の場合は、広告グループごとにキーワードを指定します。表示広告の場合は、プレースメントを指定し、オプションで広告グループごとにキーワードを指定します。

  • Shopping Network: 製品広告を表示し、 Google では、の製品に基づいて自動的にを生成します Google Merchant Center 日付: Google Shopping、の隣の領域 Google 検索結果(テキスト広告とは別)および(オプションで)パートナー web サイトを検索します。 キャンペーンの広告グループごとに、広告する製品グループを指定できます。

  • Display Network Only: ディスプレイ ネットワーク上の広告を表示します。 広告グループごとに、プレースメントを指定する必要があり、オプションでキーワードを指定することもできます。

  • Performance Max: を使用して、チャネルをまたいだ広告のコンバージョンを表示および最適化します。 Google Ads スマート入札。 キャンペーン設定内で、1 つ以上のアセットグループ(画像、ロゴ、ヘッドライン、説明、オプションビデオ、オーディエンスシグナルを含む)を指定する必要があります。 Google Ads では、アセットを自動的に組み合わせ、チャネルに基づいて広告を提供します(例: YouTube, Gmail、または Search)に設定します。

    メモ:

    • 必要な設定のみ使用できます。 オプションの設定については、にログインしてください Google Ads 編集者。

    • リンク先 Google Merchant Center 製品フィードはサポートされていません。

    • グループの一覧表示はサポートされていません。 グループをリストするデータを管理および表示するには、にログインします Google Ads 編集者。

    • ハイブリッド最適化がサポートされています。 入札戦略のターゲットとキャンペーンの予算は、キャンペーンレベルで設定します。

Campaign Details

Campaign Name: アカウント内で一意のキャンペーン名。

Start date: キャンペーンまたは広告グループに承認済みの広告が含まれている限り、入札が実施される最初の日付。 新しいキャンペーンおよび広告グループのデフォルトは現在の日です。 キャンペーンまたは広告グループが開始していない日付を変更するには、MM/DD/YYYY の形式で日付を入力するか、 カレンダー 日付を選択します。

キャンペーンまたは広告グループが開始したら、一時停止できますが、開始日は変更できません。

Audience Target Method:(既存の読み取り専用 Gmail キャンペーンのみ)次のどちらを実行するか:

  • Target and Bid ターゲットオーディエンスに関連付けられているユーザーで、その広告グループに対する他のターゲットも満たしているユーザーにのみ広告を表示する。

  • Bid Only: ターゲットオーディエンスに関連付けられていない人物であっても、他の広告グループレベルのターゲットを満たす限り、広告を表示する。 ただし、特定のオーディエンスに対してより高い入札を設定すると、それらのオーディエンスに広告が表示される可能性が高くなります。

Status: キャンペーンの表示ステータス: アクティブ または 一時停止. 新規広告キャンペーンのデフォルトはです。 アクティブ.

End date: 入札を行う最終日。 デフォルトはです。 終了日なし. 指定した日付まで入札を行うには、MM/DD/YYYY の形式で日付を入力するか、 カレンダー 日付を選択します。

Search Partners: (ショッピングキャンペーンを含む、検索ネットワークのみをターゲットとするキャンペーン)広告ネットワークの検索パートナーネットワーク上の広告を表示します。 デフォルトでは、このオプションは Off.

Budget Options

Budget: 予算(毎日の支出を平均した金額)。

このキャンペーンを、キャンペーン予算の上限が自動的に調整されるポートフォリオに割り当てると、検索条件によっては、特定の期間に指定した予算よりも多く、または少ない費用を実際に費やすことができます。 また、検索、ソーシャル、Commerce、広告ネットワーク内からキャンペーンバジェットに手動で加えた変更が、最適化機能によって上書きされる場合があります。

Delivery Method: (日次予算を含むほとんどのキャンペーンタイプ)キャンペーンの広告を毎日どの程度の速さで表示するかを指定します。

  • Distributed: 広告インプレッションを 1 日を通じて均等に分散する。

  • Accelerated: 広告を可能な限り迅速に表示し、予算に達します。 その結果、広告が日中に表示されない場合があります。 注意: の場合 Google Ads 検索および買い物キャンペーンの場合、このオプションは 2019 年 10 月に廃止されました。

Bid strategy: キャンペーンの入札戦略:

  • Enhanced CPC: (Performance max または既存では使用できません。読み取り専用です Gmail キャンペーン)広告ネットワークの拡張コストパークリック(eCPC)モデルを使用します。これにより、広告ネットワークは、平均 CPC を最大 CPC 未満に保ちながら、広告ネットワーク(検索、ソーシャル、Commerceではない)内で指定されたコンバージョンを使用して、コンバージョンを最大化するために、各オークションのコストパークリック(CPC)入札を自動的に変更できます。

eCPC を使用してキャンペーンを最適化された検索、ソーシャル、Commerce ポートフォリオに追加すると、検索、ソーシャル、Commerceによってベース入札が最適化され、「Auto adjust campaign budget limits「」オプションが有効になっています – キャンペーンの予算。 アドネットワークは、すべての入札調整を最適化し、独自のデータとインサイトに基づいて、ユーザークエリ時に検索、ソーシャル、Commerceで生成された入札を変更する可能性があります。 注意: ポートフォリオで eCPC キャンペーンを使用するのは、広告ネットワークで追跡されるコンバージョンの合計がポートフォリオの目的と合致する場合のみです。

  • Manual CPC (デフォルト): (パフォーマンス最大化キャンペーンでは使用できません)クリック単価(CPC)モデルを使用します。 オプションで、広告ネットワークにキャンペーンの入札の変更を許可できます。

    • Enable Enhanced CPC (デフォルトでは無効):これは「」の使用と同じですEnhanced CPC」オプションを選択します。
  • Maximize Clicks: (検索、ディスプレイ、ショッピングキャンペーン)検索、ソーシャル、Commerceではなく、広告ネットワークが、クリック数を最大化するように入札を最適化します。 オプションで、 Max CPC (クリックあたりのコスト)広告ネットワークがクリックごとに特定の金額以上を支払わないようにします。 注意: この戦略を使用してキャンペーンをポートフォリオに追加すると、入札はポートフォリオの目的ではなく、クリックの重み付けで決まります。

  • Maximize Conversion Value: (検索、パフォーマンス最大化、スマートショッピングキャンペーン)検索、ソーシャル、Commerceではなく、広告ネットワークが、コンバージョン値を最大化するように入札を最適化します。 必要に応じて、 Target Return on Ad Spend (ROAS)をパーセンテージで表示します。 注意: このオプションは、ハイブリッドポートフォリオのキャンペーンに使用しますが、標準ポートフォリオでは使用しません。

  • Maximize Conversions: (検索、ディスプレイ、Performance MAX キャンペーン)検索、ソーシャル、Commerceではなく、広告ネットワークが、コンバージョンを最大化するように入札を最適化します。 必要に応じて、 Target CPA (取得あたりのコスト)。 注意: このオプションは、ハイブリッドポートフォリオのキャンペーンに使用しますが、標準ポートフォリオでは使用しません。

  • Target CPA: (ディスプレイキャンペーン、既存の検索キャンペーン)検索、ソーシャル、Commerceではなく、広告ネットワークが、オプションに基づいて入札を最適化します Target CPA (1 購入あたりのコスト)獲得(コンバージョン)の支払いに対して支払う 30 日間の平均金額。 注意: このオプションは、次を除く任意の支出戦略を持つハイブリッドポートフォリオ(ただし、標準ポートフォリオは除く)のキャンペーンに使用します Weekly または Google Target CPA.

    この入札戦略を使用するキャンペーンでは、平均順位と CPC 入札データは利用できません。

    新しい検索キャンペーンの場合、 Google Ads 様はこの入札戦略をに置き換えました Maximize Conversions を使用した戦略 Target CPA の値。 この戦略を使用している既存の検索キャンペーンの場合は、ターゲット値のみを編集でき、編集すると戦略がに変更されます。 Maximize Conversions 指定されたを使用した戦略 Target CPA の値。

  • Target Impression Share: (検索キャンペーン)検索、ソーシャル、Commerceではなく、広告ネットワークを使用すると、ターゲットインプレッションシェアと広告掲載順位を達成するように入札を最適化できます。 オプションで、 Target Impression Share 割合で、 Target Ad Position、および Max CPC (クリック単価)。 注意: このオプションは、ポートフォリオではサポートされていません。

  • Target Return on Ad Spend: (ディスプレイおよびショッピングキャンペーン、既存の検索キャンペーン)広告ネットワーク(検索、ソーシャル、Commerceではない)は、指定されたに基づいて入札を最適化します Target ROAS (広告費用対効果)。パーセンテージで指定します。 注意: このオプションは、次を除く任意の支出戦略を持つハイブリッドポートフォリオ(ただし、標準ポートフォリオは除く)のキャンペーンに使用します Weekly または Google Target ROAS.

    この入札戦略を使用するキャンペーンでは、平均順位と CPC 入札データは利用できません。

    新しい検索キャンペーンの場合、 Google Ads 様はこの入札戦略をに置き換えました Maximize Conversion Value を使用した戦略 Target Return on Ad Spend value. この戦略を使用している既存の検索キャンペーンの場合は、ターゲット値のみを編集でき、編集すると戦略がに変更されます。 Maximize Conversion Value 指定されたを使用した戦略 Target Return on Ad Spend の値。

  • Viewable CPM: (Existing, read-only Gmail キャンペーンのみ)広告ネットワーク(検索、ソーシャル、Commerceは除く)は、ビューアブルとして測定された広告のみを入札します。 注意: この戦略の最適化は、どのタイプのポートフォリオでもサポートされていません。

Shopping Settings

Sales Country: (ショッピングキャンペーンのみ。既存のキャンペーンの場合は読み取り専用)キャンペーンの商品が販売される国。 製品はターゲット国に関連付けられているので、この設定によってキャンペーンで広告する製品が決まります。

Campaign Priority: ( 買い物キャンペーンのみ、既存のキャンペーンの読み取り専用 ) 複数のキャンペーンが同じ製品を宣伝する場合に、キャンペーンが使用される優先順位。 Low (新しいキャンペーンのデフォルト) Medium ​または High.

同じ製品が複数のキャンペーンに含まれる場合、広告ネットワークは、まずキャンペーンの優先順位を使用して、広告オークションに適格なキャンペーン(および関連する入札)を決定します。 すべてのキャンペーンが同じ優先順位の場合、最も入札額の高いキャンペーンが適格になります。

Merchant ID: (マーチャントフィードにリンクされたショッピングキャンペーンおよびオーディエンスキャンペーンのみ)商品がキャンペーンに使用されるマーチャントアカウントの顧客 ID。

の場合 Microsoft Advertising マーチャントセンターのストアにリンクされているオーディエンスキャンペーンを選択し、 Merchant ID を検索アカウントにリンクされているすべてのストアのリストから削除します。 キャンペーンをストアにリンクし、設定を保存した後は、このオプションを変更できません。

Local Inventory Ads: (ショッピングキャンペーンのみ。既にローカルショッピングプログラムに参加している広告主 Google Merchant Center 米国、英国、DE、FR、JP、AU の店舗(オプション) Google Ads でローカルの在庫情報をショッピング広告に自動的に追加するにはGoogle.com。

ヒント: この設定を使用する場合は、でローカル広告を除外しないでください Inventory Filter の設定値。

注意: ローカルの在庫広告には、に 2 つの追加フィードが必要です。 Google Merchant Center — 1 つはローカルの製品データを使用し、もう 1 つはローカルの製品インベントリを使用します。 を参照してください。 Google Ads の詳細情報に関するドキュメント ローカルショッピング広告.

Inventory Filter: ( 買い物キャンペーンのみ、(オプション)キャンペーン用に広告を提供する特定の属性を持つ製品。 在庫フィルターを指定しない場合、広告ネットワークはストア内の製品を宣伝する可能性があります。

フォーマットを使用して、製品をフィルタリングする製品次元と属性の組み合わせを 7 つまで入力できます dimension=attribute. 複数のフィルターを「>>"区切り文字。 使用可能な製品ディメンションのリストについては、買い物キャンペーンの製品フィルター."

次の例は、Acme のペット用品の広告を示しています。

CategoryL1=animals>>CategoryL2=pet supplies>>Brand=Acme Pet Supplies

Campaign Targeting

Languages: (ネットワークの検索と表示のみ) キャンペーンの広告の 1 つ以上のターゲット言語。

Google Ads ユーザーの言語をユーザーの言語から決定します Google 検索クエリ、現在のページ、または最近表示されたページの言語設定または言語 Google Display Network.

Location Targets: ターゲットとして含めるか除外する特定のユーザー地理的ロケーション。 デフォルトでは、すべての場所がターゲットになります。 任意の場所の組み合わせにユーザーを含めたり、除外したりできます。 除外は、常に包含を上書きします。

  • すべての場所を対象にするには、どの場所も選択しないでください。

  • 特定の場所をターゲットまたは除外するには:

    • (国、都道府県、大都市圏、または市区町村)をクリックします。 Location Target 場所のターゲット )を選択し、含める場所と除外する場所を見つけます。

      • 位置とその子位置を含めるには、隣の円を 1 回クリックして、青いチェックマーク( 次を含める )が表示されます。

      • 位置を除外するには、隣の円を 2 回クリックして、赤いチェックマーク( 除外 )が表示されます。

      • 場所をサブコンポーネント(米国の州、大都市圏、都市など)に展開するには、場所名をクリックします。

      • 場所を検索するには、入力フィールドに場所の最初の 3 文字以上を入力するか貼り付けます。 検索結果で、 Include 含める場所または含める場所の横 Exclude 除外する場所の横。

    • (所在地に近い場所。ターゲットのみ含む)クリック Radius Target 半径ターゲット )を選択し、 Address. ターゲットとするアドレスとその周囲の半径(マイルまたはキロメートル)を入力し、 Add.

    • (地理的座標に近い場所。含まれるターゲットのみ)をクリック Radius Target 半径ターゲット )を選択し、 Coordinate. ターゲットとする位置の周りの緯度と経度、および半径(マイルまたはキロメートル単位)を入力し、 Add.

  • (組み込み対象事業所に対する入札調整を追加する手順は、次のとおりです)入札調整値を入力します。

  • 0%:この場所の広告の入札を調整しません。

  • [Other values from -90% to 300%]:この場所の広告の入札額を増減させます。

注意:

  • 検索、ソーシャル、Commerceでは、データに制限があるため、次の場所目標に対して自動調整された入札調整を提供しません Google Ads では、サーファーの場所を場所ターゲットにマッピングできます。

    • 半径ターゲット。

    • 州/都道府県/地域/郡/県レベルの下に次の一部の場所があります Google Ads は、空港や米国議会選挙区を含め、サーファーの URL に親の場所を送信しません。

Devices: ( オプション。次の場合は使用できません: Google Ads 最大のキャンペーンまたは Microsoft Advertising ビデオまたは CTV ビデオ広告 ) 様々なデバイスタイプに対する入札調整を、キーワードレベルの入札の割合として設定します。 例えば、キーワードレベルの入札が 1 USD で、スマートフォンの入札調整が 50%の場合、スマートフォンの入札額は 1.50 USD になります。 デフォルトでは、値は入力されず(入札の調整= 0)、すべてのデバイスはキーワードレベルの入札で入札されます。

の場合 Google Adsの場合、有効な割合には、スマートフォンおよびタブレットの場合は —100(デバイスタイプに対して入札しない)、すべてのデバイスタイプの場合は —90 ~ 900 を含めることができます。

の場合 Microsoft Advertising有効な割合は次のとおりです。

  • スマートフォンおよびタブレット: -100(デバイスタイプに対する入札をしない)、-90 ~ 900
  • デスクトップ:0 ~ 900
NOTE
  • 広告グループレベルの設定は、キャンペーンレベルの設定よりも優先されます。 ただし、キャンペーンレベルでデバイスを除外する場合、広告グループレベルで除外を上書きすることはできません。
  • このキャンペーンを標準的に最適化されたポートフォリオに割り当てると、検索、ソーシャル、コマースで、ポートフォリオの目的を満たすのに役立つ基本キーワードレベルの入札が自動的に決定されます。 次に、広告ネットワークは、異なるデバイスタイプに対して指定されたとおりに入札を調整します。
  • ( 以下を除くすべてのキャンペーン/広告グループ Microsoft Advertising Audience Network の広告グループ ) このキャンペーンを、「Auto-optimize Bid Adjustment Values」が表示された場合、最適化機能は、ポートフォリオ設定で指定された最小値と最大値に該当し、広告グループがデバイスタイプの入札を除外しない限り、広告グループレベルで指定されたデバイス入札調整を変更します。

Advanced Device Options

Mobile Carriers: (ディスプレイネットワークのみ)ターゲットとする特定の携帯電話会社。通信会社は国別に分類されます。 何も選択しない場合は、すべてがターゲットになります。

Mobile Carriers: (ネットワークのみを表示)ターゲットにする特定のオペレーティングシステム。 何も選択しない場合は、すべてがターゲットになります。

URL Options

Tracking Template: (オプション)すべてのオフランディングドメインのリダイレクトとトラッキングパラメーターを指定し、最終/ランディングページの URL を ValueTrack パラメーター。 例: {lpurl}?source={network}&id=5 または http://www.trackingservice.example.com/?url={lpurl}?source={network}&id=5 リダイレクトを含める。

Adobe広告コンバージョントラッキングの場合。これは、キャンペーン設定でEF Redirect"および"Auto Upload、「 Search, Social, & Commerce では、レコードを保存する際に、自動的に独自のリダイレクトおよびトラッキングコードがプレフィックスとして付加されます。

  • 最終的な URL を埋め込むためにサポートされているパラメーターについては、 Google Ads documentation for the supported ValueTrack 形式. (「利用可能」のセクションの「トラッキングテンプレートのみ」パラメーターに移動します) ValueTrack パラメーター」)

  • オプションとして、URL パラメーターと、キャンペーンに定義されているカスタムパラメーターを、アンパサンド (&) で区切って含めることができます。例えば、 {lpurl}?matchtype={matchtype}&device={device}.

  • オプションで、サードパーティのリダイレクトとトラッキングを追加できます。

NOTE
  • 並列追跡を有効にするソースからのクリック数に代わられないマクロの使用は避けてください。 広告主がマクロを使用する必要がある場合は、Adobeアカウントチームがカスタマーサポートまたは実装チームと連携してマクロを追加する必要があります。
  • 最も精度の高いレベルのトラッキングテンプレートは、より高いレベルの値よりも優先されます。 例えば、アカウント設定とキーワード設定の両方に値が含まれる場合、そのキーワード値が適用されます。
  • 広告、サイトリンク、またはキーワードレベルでトラッキングテンプレートを更新すると、関連する広告が再送信され、レビューが必要になります。 広告を承認用に再送信しなくても、アカウント、キャンペーンまたは広告グループレベルでトラッキングテンプレートを更新できます。

Custom Parameters: ( オプション、次の場合にのみオーディエンスキャンペーンに適用 Microsoft Advertising) 最大 3 つのカスタムパラメーターの名前と値のペア。 名前の最大長は 16 文字の英数字です。値の最大長は、埋め込みパラメーターを含む 200 文字です。

エンティティとその子エンティティの追跡テンプレートに、カスタムパラメーター名を含めることができます。 ユーザーが関連する広告をクリックすると、広告ネットワークはパラメーター名を定義済みのパラメーター値に置き換えます。 例えば、顧客パラメーター {_color}=red また、トラッキングテンプレートには以下が含まれます。 http://tracker.example.com/?color={_color}&u={lpurl}を指定した場合、ユーザーが広告をクリックすると、「赤」がカラーパラメーターに挿入されます。

広告グループまたは (Microsoft Advertising (のみ)広告レベルは、同じ名前のキャンペーンレベルのカスタムパラメーターを上書きします。

Landing Page Suffix: (Google Ads および Microsoft Advertising アカウントのみ、オプション ) 情報を追跡するために最終的な URL の末尾に追加するパラメーター。ビジネスで追跡する必要のあるすべてのパラメーターが含まれます。 例: param1=value1&param2=value2

Adobe Advertisingコンバージョントラッキングを使用するアカウントには、広告ネットワークのクリック識別子 (gclid 対象: Google Ads または msclkid 対象: Microsoft Advertising) をサフィックスに追加します。

Adobe Analytics統合のアカウントでは、 s_kwcid パラメーターを使用する必要があります。 アカウントにサーバー側の s_kwcid 実装がある場合、ユーザーが広告をクリックすると、パラメーターが自動的に追加されます。それ以外の場合は、ここに手動で追加する必要があります。 詳しくは、 Google Ads に必要なサフィックス形式 および Microsoft Advertising に必要なサフィックス形式.

メモ:

  • このフィールドは、 Auto Upload トラッキング設定。

  • 下位レベルでのランディングページのサフィックスは、アカウントレベルのサフィックスよりも優先されます。 メンテナンスを容易にするために、個々のアカウントコンポーネントに対して別々の追跡が必要でない限り、アカウントレベルのサフィックスのみを使用します。 広告グループレベル以下でサフィックスを設定するには、広告ネットワークのエディターを使用します。

DSA Options

Website Domain: (検索ネットワークのみ。拡張された動的検索広告にのみ適用されます)。広告ネットワークが動的検索広告のターゲットとして使用するコンテンツを持つ web サイトのルートドメイン(example.comなど)またはサブドメイン(shoes.example.comなど)。

メモ:

  • 動的検索広告をキーワードではなく web サイトコンテンツをターゲットに拡張しました。

  • ターゲットにするドメインは、広告ネットワークのオーガニック検索インデックスでインデックス化する必要があります。

  • ドメインを指定しない場合は、動的な検索ターゲットを作成する必要があります。これは、すべての web サイトページまたはページのサブセットをターゲットとし、広告グループごとに作成します。

DSA Language: ( 検索ネットワークのみ、拡張された動的検索広告のみに適用 ) 指定された Web サイトドメインの言語。

ドメインに複数の言語のページが含まれ、すべてをターゲットにする場合は、言語ごとに個別のキャンペーンを作成します。

Negative Keywords

Negative Keywords: (オプション)クエリを実行しても広告をトリガーにしないキーワード。 マイナス記号 (-):

  • 負の部分一致: keyword ( ではサポートされていません。 Microsoft Advertising)
  • 否定的なフレーズ一致: "keyword"
  • 負の完全一致: [keyword]

複数の値はコンマで区切るか、別々の行に入力します。 1 回の操作で 2,000 個までの除外キーワードを入力または貼り付けることができます。

NOTE
  • 1 つのキーワードの最大長は 80 文字で、10 語以下です。 キーワードに含めることができるのは、文字、数字、および次の特殊文字のみです。space # $ & _ - " [ ] ' + . / :
  • 除外キーワードは、キャンペーンおよび広告グループの設定から、または Keywords > Negatives 表示 キャンペーンレベルの除外は、広告グループレベルで適用されます。
  • の変更 Google Ads キーワードまたは一致タイプは、既存のキーワードを削除し、新しいキーワードを作成します。

Negative Websites

Negative Websites: ( ディスプレイ/ネイティブネットワーク上のキャンペーンのみ。(オプション)広告を表示したくないディスプレイネットワーク内のサイト。 複数の文字列を指定するには、コンマで区切るか、複数の文字列を別々の行に入力します。 有効な形式は次のとおりです。

キャンペーンおよび広告グループレベルでネガティブな Web サイトを設定できます。 キャンペーンレベルの除外は、広告グループレベルで適用されます。

Campaign Tracking

Override Account Tracking: (オプション)このキャンペーンのトラッキングパラメーターを設定できます。 デフォルトでは、このオプションはオフで、キャンペーンはアカウントレベルのトラッキングパラメーターを使用します。

Tracking Type: URL の生成方法:

  • EF Redirect (デフォルト):Advertising コンバージョントラッキングサービスをAdobeするお客様向けです。 このメソッドは、一意のクリック追跡 ID を生成し、追跡のためにAdobe広告サーバーにリダイレクトしてから、クライアントのランディングページに送信します。

    このメソッドには、オプションでカスタマイズ可能なデフォルトのトラッキングオプションと、各 URL に追加するパラメーターを指定することもできます。

  • No EF Redirect: 独自のクリックトラッキングコードのみを使用する顧客の場合。 検索、Social、およびコマースでは、クリック追跡 ID やリダイレクトコードは提供されません。 宛先 URL のアカウントの場合、各宛先 URL はベース URL と同じです。

    メモ:

    • この値を変更できるのは、代理店のアカウントマネージャー、Adobeのアカウントマネージャー、管理者ユーザーのみです。
    • トラッキング方法を変更した場合は、アカウントのトラッキング URL を再生成する必要があります。
    • キャンペーンレベルのトラッキングオプションは、アカウントレベルの設定よりも優先されます。

Redirect Type: ( の EF Redirect (のみ)エンドユーザーを最終的な URL または宛先 URL にリダイレクトする方法。 選択したオプションは、アカウントまたはキャンペーン内のすべての広告、キーワードおよびプレースメントに適用できます。 デフォルトのアカウントレベル設定は広告主のトラッキング設定から継承され、デフォルトのキャンペーンレベル設定はアカウント設定から継承されます。

  • Standard: エンドユーザーを指定した URL にリダイレクトするだけです。

  • Token: エンドユーザーを URL にリダイレクトし、クリックの検索、ソーシャル、コマース ID(ef_id) をクエリ文字列パラメーターとして使用します。これはトークンとして使用されます。 オフライントランザクションをレポートする場合、検索、ソーシャル、コマースでAdobe Analyticsとデータを交換する場合、または内で発生したすべてのコンバージョンを追跡する場合に、このオプションを選択します Apple Safari ブラウザー。

メモ:

  • 次の Standard から Tokenまたはその逆の場合は、アカウントのトラッキング URL を再生成する必要があります。
  • キャンペーンレベルでアカウントレベルの設定を上書きできます。

Auto Upload: (と同期したキャンペーンの場合) EF Redirect ) 次回検索で、Social、&Commerce が広告ネットワークに自動的にアップロードします。(a) トラッキングテンプレートと最終 URL に追加された同じパラメーター、(b) 検索、Social、&Commerce トラッキングコードに埋め込まれた新しい宛先 URL 用の検索、Social、およびコマース。 次の条件を満たす広告主の場合: Adobe AdvertisingとAdobe Analyticsの統合 およびサーバー側 AMO ID(s_kwcid) 設定の場合、アップロードには AMO ID パラメーター の Google Ads および Microsoft Advertising アカウント。 デフォルトのアカウントレベルの設定は、広告主のトラッキング設定から継承されます。 キャンペーンレベルでアカウントレベルの設定を上書きできます。

注意: トラッキング URL は、同期されていないエンティティ(つまり、追加された新しいエンティティや、プロパティが変更された既存のエンティティ)に対してのみ、毎日更新されます。 したがって、この設定を無効から既存の広告主、アカウント、キャンペーンに対して有効に変更した場合、既に同期している既存のエンティティのトラッキング URL は更新されません。 既存の同期内エンティティの URL にトラッキングを追加するには、担当のAdobeアカウントチームに連絡して、1 回限りの手動同期プロセスをリクエストします。 自動アップロードプロセスでは、今後の変更を処理します。

Encode Base URL: (宛先 URL とトラッキングタイプを持つアカウント EF Redirect のみ) エンドユーザーのブラウザーのアドレスバー内の URL に文字エンコーディング(など)が含まれるかどうか %3D の代わりに =):

  • On (デフォルト):URL に文字エンコーディングを表示します。

  • Off: エンコードされていない URL を表示します。

Tracking Level: ( の EF Redirect ただ、アカウントレベルとキャンペーンレベルで使用可能(並列追跡が有効な広告ネットワークに適用できない)リダイレクトを追加し(関連する場合)、関連する URL にパラメーターを追加することで、クリック数と売上高を追跡する必要があるレベル。

  • Keyword: キーワードレベルでのみデータを追跡する。

  • Ad: 広告レベルでのみデータを追跡する場合。

    注意: 既存のキャンペーンをこの設定に変更すると、既存のキーワードトラッキング ID がすべて削除されます。 また、1 つの広告に複数のランディングページを使用して多変量分析テストを実行する場合は、バルクシートファイルを作成し、必要なコンポーネントに対して編集します。

  • Keyword and Ad: キーワードレベルと広告レベルの両方でデータを追跡する。

メモ:

  • 「Keyword」は Naver.
  • 「Ad」は Yandex.

Track Product Group: (用 EF Redirect のみ)実装されていません

Append Parameters: (オプション)ベース URL に追加する追加のトラッキングパラメーター。. 広告主レベルの追加パラメーターは、デフォルトでアカウントレベルとキャンペーンレベルで含まれますが、どちらかを上書きできます。

サードパーティのトラッキングパラメーターを含む任意の静的テキスト文字列、または任意の サポートされるトラッキングパラメーター:ベース URL に適切なデータ値を挿入します。

複数のパラメーターを使用する場合は、コンマまたはアンパサンド (&) で区切ります。 入れ子になった角括弧はサポートされていません。

メモ:

  • 追加パラメータの変更は、 Auto Upload オプション。 既存のベース URL に追加パラメーターを変更した場合、新しい URL は自動的には生成されません。 アカウントまたはキャンペーンのバルクシートファイルをダウンロードし、 Base URL/Final URL フィールドに貼り付け、バルクシートをアップロードして投稿します。

  • (並列追跡を使用する広告ネットワーク)マクロの使用は避けます。マクロは、並列追跡を有効にするソースからのクリックに置き換えられません。 広告主がマクロを使用する必要がある場合は、Adobeアカウントチームがカスタマーサポートまたは実装チームと連携してマクロを追加する必要があります。

  • (Adobe AdvertisingとAdobe Analyticsの統合を使用する広告主 ) 検索、ソーシャル、コマースのデータをに送信するための AMO ID パラメーターを含めるには Analyticsを参照し、 広告ネットワーク固有の形式. 次のパラメーターを手動で追加する必要はありません。 Google Ads および Microsoft Advertising サーバー側 AMO ID 実装を持つアカウント。

Asset Groups (アセットグループあたり)

Asset Group Name: アセットグループの名前。 リンク先 Google Merchant Center 製品フィードはサポートされていません。

Asset Group Status: アセットグループのステータス: Active または Paused.

Final URL: アセットグループから作成されたすべての広告の最終的な URL。

Images: 広告の最大 15 枚の画像(次のサイズを含む): 1) 3 つ以上の正方形画像、2) 3 つ以上の横長画像、3) 1 つ以上の縦長画像。 を参照してください。 Google Ads 画像仕様. 画像をアップロードするか、から選択できます Asset Library – ただし、同じ操作で両方が同時に実行されるわけではありません。

  • 画像をアップロードするには:

    1. 日 Upload from Device タブ、クリック + さらに、デバイスまたはネットワークから画像を選択します。

    2. 各画像に対して、次の手順を実行します。

      1. アスペクト比を選択します。

      2. 必要に応じて切り抜きボックスをドラッグして配置し、画像の表示可能部分を選択します。また、可能な場合は、画像の表示可能部分のサイズを必要に応じて変更します。

      3. (オプション)追加の縦横比を選択し、オプションで、選択した縦横比ごとに必要に応じて画像の位置とサイズを変更します。

        選択した縦横比ごとに 1 つのアセットが作成されます。

      4. クリック Proceed.

    3. 画像の指定が終了したら、 Upload.

  • から画像を選択するには Asset Libraryを選択し、 Asset Library 画像を選択します。

Logos: 正方形(1:1)のロゴと横(4:1)のロゴが 1 つ以上。 各サイズを最大 5 つ含めることができます。 を参照してください。 Google Ads ロゴの仕様. 画像をアップロードするか、から選択できます Asset Library – ただし、同じ操作で両方が同時に実行されるわけではありません。

  • 画像をアップロードするには:

    1. 日 Upload from Device タブ、クリック + さらに、デバイスまたはネットワークから画像を選択します。

    2. 各画像に対して、次の手順を実行します。

      1. アスペクト比を選択します。

      2. 必要に応じて切り抜きボックスをドラッグして配置し、画像の表示可能部分を選択します。また、可能な場合は、画像の表示可能部分のサイズを必要に応じて変更します。

      3. (オプション)追加の縦横比を選択し、オプションで、選択した縦横比ごとに必要に応じて画像の位置とサイズを変更します。

        選択した縦横比ごとに 1 つのアセットが作成されます。

      4. クリック Proceed.

    3. 画像の指定が終了したら、 Upload.

  • から画像を選択するには Asset Libraryを選択し、 Asset Library 画像を選択します。

Videos: (オプション)少なくとも 1 つ、最大 5 つ YouTube 10 秒以上の長さのビデオ。 URL を入力するか、 Asset Library – ただし、同じ操作で両方が同時に実行されるわけではありません。

  • URL を入力するには:

    1. 日 Enter Video Url タブで、URL を入力します。

    2. (任意)別の URL を追加するには、次をクリックします: + Add URL を入力します。

  • からビデオを選択するには Asset Libraryを選択し、 Asset Library ビデオを選択します。

Headlines: 少なくとも 3 つの最大 5 つの短いヘッドライン(それぞれ最大 30 文字)。 少なくとも 1 つのヘッドラインは 15 文字以下である必要があります。 最終的な URL 拡張を有効にするキャンペーンレベルのオプションが内で設定されている場合 Google Ads、次に Google Ads は、この値を、ランディングページのコンテンツに基づくカスタムのヘッドラインに置き換えます。

テキストを入力するか、からアセットを選択できます Asset Library – ただし、同じ操作で両方が同時に実行されるわけではありません。

  • テキストを入力するには:

    1. 日 Enter Text タブで、テキストを入力します。

    2. (オプション)別のテキスト文字列を追加するには、 + Add と文字列を入力します。

  • からアセットを選択するには Asset Libraryを選択し、 Asset Library アセットを選択します。

Long Headlines: それぞれ最大 90 文字の長い見出しを 1 つ以上、最大 5 つ含める。 テキストを入力するか、からアセットを選択できます Asset Library – ただし、同じ操作で両方が同時に実行されるわけではありません。

  • テキストを入力するには:

    1. 日 Enter Text タブで、テキストを入力します。

    2. (オプション)別のテキスト文字列を追加するには、 + Add と文字列を入力します。

  • からアセットを選択するには Asset Libraryを選択し、 Asset Library アセットを選択します。

Descriptions: 少なくとも 2 つ、最大 4 つの説明(それぞれ最大 90 文字)。 少なくとも 1 つの説明は、30 文字以下にする必要があります。 テキストを入力するか、からアセットを選択できます Asset Library – ただし、同じ操作で両方が同時に実行されるわけではありません。

  • テキストを入力するには:

    1. 日 Enter Text タブで、テキストを入力します。

    2. (オプション)別のテキスト文字列を追加するには、 + Add と文字列を入力します。

  • からアセットを選択するには Asset Libraryを選択し、 Asset Library アセットを選択します。

Call to Action: 広告に含めるコールトゥアクション。 デフォルトでは Automated が選択され、 Google Ads コールトゥアクションを選択します。 オプションで、別のアクションを選択できます。

Business Name: ビジネス名(最大 25 文字)。

Audience Signal: (オプション) Google Ads キャンペーンのオーディエンスシグナルとして使用するオーディエンス。 Google Ads 機械学習モデルでは、オーディエンスを使用して、ターゲットとする類似の web サーファーを見つけます。また、パフォーマンス目標の達成に役立つシグナルとして指定されていないオーディエンスに広告を表示することもできます。 コンバージョンする可能性が最も高いオーディエンスを選択します。

NOTE
オーディエンスシグナルは、とは異なります キャンペーンレベルおよび広告グループレベルのオーディエンスターゲット.

Add new asset group: 別のアセットグループを指定できます。

Conversion Goals

Conversion Goal: 対象 Use account conversion goals for this campaign (デフォルト)または Use campaign specific conversion goals. キャンペーンのコンバージョン目標を指定する場合は、「標準目標」を選択するか、キャンペーンのカスタム目標を作成します。

目標は毎日同期されるので、過去 24 時間に作成された既存の目標はリストされない場合があります。 リストを更新するには、 広告ネットワークデータを手動で同期.

カスタムコンバージョン目標を作成するには、をクリックします。 + Add custom goal ​を入力し、カスタム目標名を入力して、 コンバージョンアクション をカスタム目標に含めて、 Save. 注意: 各キャンペーンには、1 つのカスタム目標のみを設定できます。

TIP
キャンペーンがハイブリッドポートフォリオの一部である場合は、ポートフォリオの目的のコンバージョン目標に一致するキャンペーンレベルの目標を使用することがベストプラクティスです。追加のコンバージョン目標を含めると、ポートフォリオのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。
ただし、次の条件を満たすハイブリッドポートフォリオ内のキャンペーンの場合: 広告ネットワークへの目標のアップロードa) アップロードした検索、ソーシャル、Commerceの各ポートフォリオの目標指標(「O_ACS_OBJ」で始まる)をキャンペーンのコンバージョンアクションとして追加し、b)以下を含むキャンペーン目標を追加します Google – 広告ネットワークで追跡される指標は目的と共に広告ネットワークにアップロードされないので、で追跡されるコンバージョン。
recommendation-more-help
bba95088-f653-468b-a1c0-bd1dbc81025c