Simple Ad Serving 契約設定

新規 Simple Ad Serving 契約

Select Ad Source

パラメータ
説明
Serving Type
この契約のメディアタイプ: Video, Display, または Audio.
Publisher Site Served On
この在庫を販売している発行者の名前。 名前の最初の 2 文字以上を入力して、投稿者を検索します。 一覧に表示されていない投稿者を追加するには、担当のAdobeアカウントチームにお問い合わせください。
Advertiser
この契約にアクセスできる、アカウント内の 1 人の広告主。 また、キャンペーンと、その契約が使用可能なパッケージ(オプション)も選択します。
Media Quality Assessment?
(一部のユーザー)サードパーティの検証のために、別のDSPで広告を実行できるようにします。
Ad Source
唯一のオプションは Site Serve (Event Pixels).
Ad Creation

(新規契約のみ)次のいずれを実行するかを選択します。

  • Create New: この契約の広告を作成するには、以下を実行します。
  • Select Ads: この契約に既存の広告を使用するには、以下を実行します。
Ad Type
この契約の広告タイプ。 契約の広告を作成する場合は、リクエストに応じて、広告のサイズまたは期間を含めます。 使用可能なオプションは、メディアタイプによって異なります。

Select Ad(s)

(既存の広告を使用している場合)契約に含める広告。 含める各広告の横にあるチェックボックスを選択します。

Select & Upload [Media Type]

(新しい広告のみ)新しい サードパーティ広告.

Feed Details

パラメータ
説明
Media CPM
1,000 インプレッションあたりのコスト (CPM)。契約の料金カードに反映されます。 この値については、Adobeアカウントチームにお問い合わせください。

契約の通貨も指定します。 すべてのユーザーが USD を選択できます。SSP が追加の通貨をサポートしている場合は、DSPアカウントの通貨を選択できます。
Third Party Billed Fees
(オプション)請求不可コストとして追跡される静的なサードパーティ料金と、契約の通貨。

すべてのユーザーが USD を選択できます。SSP が追加の通貨をサポートしている場合は、DSPアカウントの通貨を選択できます。 注意: 請求可能な料金は、 Net CPM 指標。
Third Party Fee Description
(オプション)サードパーティの料金の説明。
Flight Dates
この契約を使用するトラフィックの開始日と終了日。 フライト日は、キャンペーンのフライト日に含める必要があります。 広告タグは、指定されたフライト中にのみ応答を返します。

1 年間の期間を持つ個別のシンプルな広告配信キャンペーンを作成し、その中にトラッキングピクセルを作成することをお勧めします。
Impressions
(オプション)この契約を使用して実行すると予想されるインプレッション数。 この値は、トラッキング目的でのみ使用され、配信の目標を満たしたときにフラグを設定します。パブリッシャーは、実際の広告配信を制御します。 ベストプラクティスは、DSP内でタグをアクティブにしておくインプレッション数を多く入力し、必要に応じて更新または拡張できるようにすることです。
Deal Name
契約名。 名前を入力するか、 Auto Generate Deal Name 契約の詳細に基づいてDSPが名前を生成できるようにします。

自動生成された名前の例: Campaign-desktop_video_preroll_15-24Kitchen-$10_USD-jdoe-SAS
Attached Ads
(読み取り専用)契約に含まれる広告。 広告を編集するには、広告名をクリックします。 契約から広告を削除するには、 X 広告名の横に表示されます。
recommendation-more-help
9ff4800f-94be-45f0-a5bf-09d0d7e96baa