について CCPA Opt-out-of-Sale セグメントとレポート

カリフォルニア消費者プライバシー法(CCPA)に従い、次の方法で、web サイト上の消費者の販売オプトアウトリクエストからユーザー ID を追跡できます ccpa の販売オプトアウトセグメントの作成と実装. ユーザーは、CCPA の販売のオプトアウトセグメントに無期限に残ります。

セグメントピクセルタグが実装されると、Adobe Advertisingは、広告主に代わって ID のプールの収集を開始します。

消費者の販売オプトアウトレポート

Adobe Advertisingは、アカウントの販売オプトアウトリクエスト用に顧客が送信した ID の月間レポートを生成します。 データは、DSPで作成された CCPA の販売のオプトアウトセグメントと、Privacy ServiceAPI を介して行われた送信を使用してキャプチャされたリクエストを統合します。 レポートは、前月の各月の最初に生成されます。 例えば、6 月の月次ユーザーリストは 7 月 1 日に利用できます。

各レポートは、タブ区切りのテキストファイルとして、GZIP 形式に圧縮して利用できます。 CCPA の販売オプトアウトセグメントで取得されたユーザー ID は、セグメント別および広告主別に識別されます。

次のことができます 月次レポートへのリンクの取得 過去 3 か月以内に、DSP内から、またはDSPを使用して作成された Trafficking API. 各リンクは 7 日間有効ですが、顧客がリンクを取得しようとするたびに更新されます。

recommendation-more-help
9ff4800f-94be-45f0-a5bf-09d0d7e96baa