レポートでの複数の指標の表示

Adobe Targetレポートで表示する複数の指標を選択できます。

複数の指標をレポートに表示する際は、次の点に注意してください。

  • 複数の指標を表示する機能は、A/Bテスト自動配分自動ターゲットエクスペリエンスのターゲット設定(XT)アクティビティでのみ使用できます。
  • ターゲット(A4T)用のAnalyticsを使用するアクティビティのレポートには、20を超える指標を追加できません。 A4Tを使用​しない​アクティビティのレポートに、アクティビティ内の指標をいくつでも追加できます。
  • 複数の指標を選択した場合は、「🔗ダウンロード」オプションを使用して CSV 形式でレポートをダウンロードすることはできません。「ダウンロード」オプションを利用するには、指標を 1 つだけ選択する必要があります。
  • 2015年7月Targetリリース(2015年7月30日)より前に作成されたアクティビティに対しては、複数の指標を表示できません。

複数の指標を選択してレポートに表示する方法は次のとおりです。

  1. レポートをを表示するには、「アクティビティ」をクリックし、リストから目的のアクティビティをクリックして、「レポート」タブをクリックします。

  2. レポート指標​ドロップダウンリストをクリックし、「表示されている指標」と「非表示の指標」リストを表示します。

    検索ボックスを使用すると、利用できる指標をすばやく検索し、「表示されている指標」リストに追加できます。

    レポートのテーブル表示とグラフ表示モードの両方で複数の指標を選択できます。

  3. 「非表示の指標」リストの目的の指標にマウスポインターを置いて「選択」をクリックすると、「表示されている指標」リストに移動できます。

    または

    「非表示の指標」リストの目的の指標を「表示されている指標」リストにドラッグ&ドロップします。

    「表示されている指標」リストには、1 つ以上の指標を選択する必要があります。

    「表示されている指標」リストでは、ドラッグ&ドロップで指標の順番を自由に並べ替えることができます。選択した順序がテーブル表示とグラフ表示に反映されます。 「表示されている指標」リストから指標を削除するには、該当の指標にマウスポインターを置いて X アイコンをクリックします。

  4. 終了したら「保存」をクリックします。

  5. (条件付き)テーブル表示でレポートを表示中に、指標の列見出しにマウスポインターを置くと、青い矢印が表示されます。 この矢印をクリックして表を展開すると、対象の指標の「上昇率」と「信頼性」が表示されます。

    指標と列は、一度に 1 つのみ展開できます。再度矢印をクリックすると、列が折りたたまれます。

  6. (条件付き)グラフ表示でレポートを表示中に、ドロップダウンリストから表示する指標を個別に選択できます。

このページ