Target リリースノート(現行)

これらのリリースノートは、Adobe Target Standard と Target Premium の各リリースの機能、機能強化および修正点について説明します。また、該当する場合は、Target API、SDK、Adobe Experience Platform Web SDK、JavaScript ライブラリ(at.js)およびその他のプラットフォームの変更に関するリリースノートも含まれます。

重要

mbox.js のサポート終了:2021 年 3 月 31 日(PT)をもって、Adobe Targetmbox.js ライブラリのサポートは終了しました。 2021 年 3 月 31 日(PT)以降、mbox.js からのすべての呼び出しは失敗し、デフォルトのコンテンツを表示して Target アクティビティを実行しているページには影響があります。

サイトに起こりうる問題を回避するため、新しい Adobe Experience Platform Web SDK の最新バージョンまたは at.js JavaScript ライブラリの最新バージョンに移行してください。詳しくは、概要:クライアントサイド web に対する Target の実装を参照してください。

(括弧内の問題番号は Adobe 内部で使用されます。)

Target Standard/Premium 21.9.1(2021年9月15日)

このメンテナンスリリースには、以下の機能強化、修正および変更が含まれています。

  • 一部のWebブラウザーで、サードパーティCookieのセキュリティポリシーが新しく設定されたため、お客様がVisual Experience Composer (VEC)にログインできなかった問題を修正しました。 この問題は、Visual Experience Composerと拡張Experience Composerに関連する問題のトラブルシューティング🔗の「Google Chromeバージョン80以降を使用する場合のVisual Experience Composer(VEC)または拡張Experience Composer(EC)での読み込まれないページ」で説明されました。
  • VECのオファー名に、オファーのわかりやすい名前ではなくオファーのパスが表示される問題を修正しました。 (TGT-41300)
  • エクスペリエンス名がA4TアクティビティのAnalysis Workspaceに反映されるようになりました(TGT-38674)
  • 元のアクティビティに複製されたアクティビティのプロモーションで、誤って適用されたエンティティIDの変更が発生する問題をRecommendationsで修正しました。 (TGT-41482)
  • VECのRecommendationsアクティビティのエクスペリエンスページに「条件を編集」ボタンが正しく表示されない問題を修正しました。 (TGT-39512)
  • 複製してテストワークスペースにコピーした場合に、アクティビティの同期ができない問題を修正しました。 (TGT-40686)
  • VECで「後に挿入」を使用している場合に、エクスペリエンスフラグメントでセレクターを変更できなかった問題を修正しました。 (TGT-41802)
  • オファー内の空のJSONコンテンツがバックエンドに送信されない問題を修正しました。 Target は、空の場合でもJSONオブジェクトを送信するようになりました。(TGT-41555)
  • レポートの表示中に「Analyticsで表示」をクリックすると、従来のAnalyticsレポートがAnalysis Workspaceではなく開く問題を修正しました。 (TGT-41867)
  • 顧客がAutomated PersonalizationアクティビティのレポートソースとしてAnalyticsを選択(A4T)しようとした場合に表示されるUIメッセージに明確な説明を追加しました。 メッセージには、「TargetはAutomated Personalizationアクティビティでサポートされている唯一のソースです」と記載されています。 (TGT-41954)
  • お客様がホストをコンマではなく「改行」で区切る場合のエラーメッセージに説明を追加しました。 (TGT-40671)
  • 一部のアクティビティの「最終更新日」の日付が、スペイン語および日本語のお客様の英語のUIと異なる問題を修正しました。 (TGT-38980)

その他のリリースノートとバージョンの詳細

リソース 詳細
リリースノート:Adobe Target Platform Experience Web SDK Platform Web SDK の各バージョンの変更点に関する詳細です。
at.js のバージョンの詳細 Adobe Target at. js JavaScript ライブラリの各バージョンの変更点についての詳細です。

ドキュメントの変更、過去のリリースノートおよび Experience Cloud リリースノート

追加情報については、各リリースのリリースノートに加えて、以下のリソースを参照してください。

リソース 詳細
ドキュメントの変更点 リリースノートに含まれない可能性のある、このガイドの更新点に関する詳細情報を表示します。
詳しくは、「ドキュメントの変更」を参照してください。
以前のリリースのリリースノート 以前のリリースの Target Standard および Target Premium の新機能および機能拡張に関する情報を確認してください。
詳しくは、「以前のリリースのドキュメントの変更」を参照してください。
Adobe Experience Cloud リリースノート Adobe Experience Cloud ソリューションの最新のリリースノートが表示されます。
詳しくは、Experience Cloud リリースノートを参照してください。

プレリリース情報

次のリソースでは、次の Target リリースの内容を確認できます。

リソース 詳細
Adobe 優先製品のアップデート Target およびその他の Adobe Experience Cloud ソリューションの今後の製品強化に関する事前通知を受信するには、Adobe Priority Product Update にサインアップします。
https://www.adobe.com/subscription/priority-product-update.html
今後のリリースノート プレリリース情報など今月の Target リリースについては、Target リリースノート - プレリリースページを参照してください。

このページ