Targetリリースノート(現行)

これらのリリースノートは、Adobe Target Standard と Target Premium の各リリースの機能、機能強化および修正点について説明します。また、該当する場合は、Target API、SDK、Adobe Experience Platform Web SDK、JavaScript ライブラリ(at.js)およびその他のプラットフォームの変更に関するリリースノートも含まれます。

(括弧内の問題番号は Adobe 内部で使用するためのものです。)

モデル API リリース(2022 年 11 月 24 日)

新しい Adobe Target モデル API(ブロックリストAPI とも呼ばれます ) を使用すると、の機械学習モデルで使用される機能のリストを表示および管理できます。 Automated Personalization (AP) および 自動ターゲット (AT) アクティビティ

詳しくは、 モデル API の概要 Adobe Target Developer Guide.

Target Standard/Premium 22.10.3(時差リリース 2022年10月25~27日(PT))

このリリースは、以下の時差スケジュールに従って利用できるようになります。

  • 10月25日(PT):ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)地域
  • 10月26日(PT):アジア太平洋(APAC)地域
  • 10月27日(PT):アメリカ地域

このリリースには、以下の新機能、拡張機能および修正が含まれています。

機能 詳細
自動配分および自動ターゲット
用に最適化された A4T 指標(一部のお客様がテストを利用できます。 今後のリリースで、すべてのお客様が利用できるようになります。)
次の変更点に注意してください。
  • Analytics for Target A4T レポートで、自動配分および自動ターゲットアクティビティの非バイナリ指標と最大化指標のサポートを追加
  • 2023年2月(PT)まで、既存のアクティビティの動作が維持されます。この日以降、既存のアクティビティを新しい動作に強制的に移行するため、アクティビティは廃止されます
  • 2023年2月20日以降(PT)、Target アクティビティの averagetimespentonsitebouncerateおよび  entries 指標のサポートは廃止されます。
  • Target UI にツールチップを追加して、顧客がオーディエンスビルダーをより効率的にナビゲートし、なじみのない機能の使用方法を学習できるようにしました。(TGT-44139)

  • サポートされていない指標を使用しているために Target で無効にされたアクティビティを、顧客が編集できないようにする機能を追加しました。UI のメッセージは、顧客にアクティビティを複製してコンバージョン指標を更新するように指示します。

    このリリースでは、Target アクティビティの averagetimespentonsitebouncerate、および entries 指標は新しいアクティビティに対して非推奨になります。 既存のアクティビティでは、2023年5月までこれらの指標を引き続き使用できます。

  • Target UI にツールチップを追加しました。これにより、A4T を使用する自動ターゲットアクティビティの作成または編集中に顧客が最適化条件を選択できるようにします。

Target Standard/Premium 22.10.1(時差リリース 2022年10月10~13日(PT))

このリリースは、以下の時差スケジュールに従って利用できるようになります。

  • 10月10日(PT):アジア太平洋(APAC)地域
  • 10月12日(PT):アメリカ地域
  • 10月13日(PT):ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)地域

このリリースには、以下の新機能、拡張機能および修正が含まれています。

機能 詳細
Adobe Experience Manager(AEM)エクスペリエンスフラグメント AEM エクスペリエンスフラグメント機能の更新内容は次のとおりです。
  • オファーリストでタイプ(HTML または JSON)別に AEM エクスペリエンスフラグメントをフィルタリングできる機能が追加されました。(TGT-43121)
  • 未対応の VEC の使用時に、顧客が JSON エクスペリエンスフラグメントオファーを挿入できる問題を修正しました。JSON オファーは、フォームベースの Experience Composer を使用する場合にのみ挿入できます。(TGT-43846)
詳しくは、AEM エクスペリエンスフラグメントを参照してください。
Google Chrome 用の新しい Visual Experience Composer 拡張機能 Chrome 用の新しい Adobe Target Visual Experience Composer(VEC)拡張機能は、Chrome web ストアで入手できます。
2023年1月以降、Google Chrome では、現在の Target VEC Helper 拡張機能が動作しなくなります。これは、Google がManifest V2 を使用した拡張機能を許可しないためです。新しい拡張機能をダウンロードすれば、新年から引き続き Target で web サイトを視覚的に作成できます。
以下のリンクは、Chrome web ストアの 2 つの拡張機能を示しています。詳しくは、Visual Editing Helper 拡張機能を参照してください。
ドキュメントの更新 ドキュメントの主な更新内容は次のとおりです。
  • 新規および更新済みの Adobe Target 管理 API およびレポート API ドキュメントでは、プロパティ、オファー、ホスト、環境、クライアント、オーディエンス、アクティビティなどの、管理 API エンドポイントとレポート API エンドポイントについて包括的に説明しています。
    この開発者向けコンテンツとその追加コンテンツについては、Adobe Target 開発者ガイドを参照してください。
  • A/Bn テストの統計計算
    この記事では、Adobe Target の手動 A/Bn テストで使用される統計計算を詳しく説明しています。
    この記事の情報は、このサイトで以前にダウンロード可能だった Adobe Target A/B テストの計算​の PDF ファイルに代わるものです。
  • オーディエンスルールの情報がオーディエンスの絞り込み情報ウィンドウに正しく表示されない問題を修正しました。(TGT-43917)
  • ターゲティングルールの推奨制限に近づくオーディエンスを読み込む際の Target UI のパフォーマンスを改善しました。(TGT-43675)
  • 作成モードから参照モードに切り替えた後、VEC でアクティビティを作成または編集する際に、一部のコンポーネントがエクスペリエンスページの変更パネルに正しく表示されない問題を修正しました。 (TGT-43300)
  • 一部の顧客が「自動ターゲット」を使用する A/B テストアクティビティをアーカイブできない問題を修正しました。(TGT-40978)
  • 1 つのレポートグループ内の複数の場所で 1 つのオファーを自動的に使用する機能が追加されました。 (TGT-40689)

その他のリリースノートとバージョンの詳細

リソース 詳細
リリースノート:Adobe Target Platform Experience Web SDK Platform Web SDK の各バージョンの変更点に関する詳細です。
at.js のバージョンの詳細 Adobe Target at. js JavaScript ライブラリの各バージョンの変更点についての詳細です。

ドキュメントの変更、過去のリリースノートおよび Experience Cloud リリースノート

追加情報については、各リリースのリリースノートに加えて、以下のリソースを参照してください。

リソース 詳細
ドキュメントの変更点 リリースノートに含まれない可能性のある、このガイドの更新点に関する詳細情報を表示します。
詳しくは、ドキュメントの変更を参照してください。
以前のリリースのリリースノート 以前のリリースの Target Standard および Target Premium の新機能および機能拡張に関する情報を確認してください。
詳しくは、「以前のリリースのドキュメントの変更」を参照してください。
Adobe Experience Cloud リリースノート Adobe Experience Cloud ソリューションの最新のリリースノートが表示されます。
詳しくは、Experience Cloud リリースノートを参照してください。

プレリリース情報

以下のリソースでは、以下の Target リリースの内容を確認できます。

リソース 詳細
Adobe Priority Product Update Target およびその他の Adobe Experience Cloud ソリューションの今後の製品強化に関する事前通知を受信するには、Adobe Priority Product Update にサインアップします。
https://www.adobe.com/subscription/priority-product-update.html
今後のリリースノート プレリリース情報など今月の Target リリースについては、Target リリースノート - プレリリースページを参照してください。

このページ