目標と設定 (多変量分析テスト)

最終更新日: 2023-09-27

The 目標と設定 ページ内 Adobe Target は、目標に関する情報を入力する場所です 多変量分析テスト (MVT) アクティビティ

次のセクションを使用できます。

  • アクティビティの設定
  • レポート設定
  • その他のメタデータ

各セクションで使用できる設定は、 Target または Analytics を使用します。

アクティビティの設定

以下の設定を使用できます。

目的

目的を入力します(オプション)。目的には、ユーザーやチームメンバーがキャンペーンを特定するのに役立つ任意の情報を指定できます。

優先度

設定に応じて、 Target の UI とオプション 優先度 変化する。 従来の設定の 低, 中または 高または、0 ~ 999 の詳細な優先度を有効にすることもできます。

優先度は、同じロケーションの同じオーディエンスに複数のアクティビティが割り当てられた場合に使用されます。ロケーションに 2 つ以上のアクティビティが割り当てられている場合、優先度の最も高いものが表示されます。

このオプションが 管理 > レポート (デフォルト)次の優先度を指定します。 低, 中または 高.

優先度の詳細設定を有効にするには、 管理 > レポート、次に 詳細な優先度の有効化 オプションを「オン」位置に設定します。

このオプションを有効にした場合は、0 ~ 999 の値を指定します。

  • 0 = 低
  • 999 = 高

以前のバージョンので作成されたアクティビティの場合 Target, 低 優先度は 0 に変換され、 中 優先度は 5 に変換され、 高 優先度が 10 に変換されます。 これらの値は必要に応じて調整できます。

メモ

優先度の詳細設定を使用した後でこのオプションを無効にするには、すべての優先度を 0、5、10 に戻す必要があります。

期間

アクティビティは、承認されたときに開始させたり、特定の日時を設定したりできます。同様に、非アクティブ化されたときに終了させたり、日時を設定したりできます。タイムピッカーは 24 時間の時計を使用します。00:00 は真夜中です。タイムゾーンはブラウザーで設定されたタイムゾーンに設定されます。別のタイムゾーンを使用するには、ブラウザーのタイムゾーンを変更してからブラウザーを再起動します。

レポート設定

以下の設定を使用できます。

レポートソース

データを収集する元にするかどうかを指定 Adobe Target またはから Adobe Analytics. 詳しくは、 Target のレポートソースとしてのAdobe Analytics (A4T) を参照してください。

選択時 Analytics レポートソースとして Targetを選択した場合、 Analytics 受信するレポートスイート Target アクティビティデータ。 これをおこなうには、まず、次のいずれかの Analytics アカウントに結び付けられた会社を選択し、アクティビティに適したレポートスイートを選択します。 接続するようにプロビジョニングされたレポートスイートのみ Target は選択可能です。 対象のレポートスイートが表示されない場合は、まず、ログアウトしてから、 Adobe Experience Cloud 再度お試しください。 それでもレポートスイートがリストに表示されない場合は、 カスタマーケア.

Analytics for Target (A4T) 結果を正しくレポートするには、トラッキングサーバーが必要です。 デフォルトのトラッキングサーバーが トラッキングサーバー フィールドに入力します。 複数のトラッキングサーバーを使用する場合は、このフィールドに正しいトラッキングサーバーが含まれていることを確認してください。 詳しくは、 Analytics トラッキングサーバーの使用 を参照してください。

アカウント設定でレポートソリューションが指定されている場合は、指定されたソリューションが使用され、この設定は表示されません。

メモ

レポートの一貫性を維持するため、アクティビティが実行された後はレポートソースを変更できません。

目標指標

目標達成の基準となる、訪問者の行動を選択します。例えば、 コンバージョン 指標を設定し、成功の基準となるパラメーターを設定します。

メモ

レポートソリューションが Analyticsに設定されている場合、利用できる目標指標は コンバージョン. Analytics 指標は目標として選択できません。

成功指標を選択したら、セレクターが表示されます。このセレクターを使用して、成功指標の具体的な内容を選択します。

有効にした場合、 コンバージョンの推定値 フィールド ( ページスコア 指標 ) は、他の指標ではなく、目標に関する値を提供します。 この値を使用することで、Target は売上の推定上昇率を計算できます。このフィールドはオプションですが、このオプションがないと売上高以外の指標に関する売上の増分は計算できません。すべての売上高指標(訪問者あたり売上高、平均注文額、合計販売額および注文)について、予測には訪問者あたり売上高が使用されます。データタイプは通貨です。

アクティビティの目標を達成した後も、訪問者がより優先度の高いアクティビティに該当しない限り、その訪問者には引き続きそのアクティビティのコンテンツが表示されます。 訪問者が再度目標を達成した場合は、追加のコンバージョンとしてカウントされます。この動作は、 Target Classic:訪問者が再度テストを表示した場合、新規としてカウントされます。

追加の指標

追加の成功指標を作成します。

この設定は、レポートソリューションが Analytics. この場合、 Analytics レポートスイートが適用されます。

レポート対象のオーディエンス

デフォルトでは、資格を満たすすべての訪問者の結果がレポートに表示されます。レポート対象のオーディエンスを追加して、特定のオーディエンスに関する情報のみを表示できます。

詳細設定

では詳細設定を使用できます。 多変量分析テスト 目標指標を使用します。

詳細設定メニュー

メモ

Adobe Analytics をレポートソースとして使用する場合、設定は Analytics サーバーによって管理されます。「詳細設定」オプションは使用できません。

この指標を増分する前に達成する必要がある成功指標はどれですか?

このオプションを使用すると、以前に別の成功指標に到達したことがあるユーザーのみが成功指標に到達したとしてカウントされます。 例えば、訪問者が特定のオファーをクリックした場合、または、コンバートする前に特定のページに到達した場合にのみ、テストコンバージョンが有効になる場合があります。

複数の指標の依存関係を指定したり、指標に到達したらカウントを増分するか、指標に到達しなかったらカウントを増分するかを柔軟に選択したりできます。

成功指標の依存関係を設定する前に、両方(または複数)の成功指標を定義します。

「依存関係を追加」オプションを利用すると、ある成功指標に到達した場合、または到達しなかった場合に別の成功指標を増分するよう設定できます。

依存関係を追加する手順は次のとおりです。

  1. 指標を追加したら、「詳細設定」をクリックします。

  2. 依存関係を追加」オプションをクリックします。

    依存関係を追加

  3. 目的の指標を左側のパネルから右側のパネルにドラッグ&ドロップしてから、「到達」をクリックし、「到達」と「未到達」を切り替えて設定します。

    依存関係に達する

追加した依存関係は後で編集または削除できます。

ユーザーがこの目標指標に達した後、どうなりますか?

ユーザーが目標指標に到達した後の動作には、3 つのオプションがあります。

  • 「カウントを増分、アクティビティでユーザーを保持」を選択して、カウントの増分方法を指定します。
  • 「カウントを増分、ユーザーをリリース、再入場を許可」を選択して、ユーザーがアクティビティに再度入ったときに表示されるエクスペリエンスを指定します。
  • 「カウントを増分、ユーザーをリリース、再入場を許可しない」を選択して、アクティビティのコンテンツの代わりにユーザーに表示する内容を指定します。

詳細設定について詳しくは、「成功指標」を参照してください。

その他のメタデータ

以下の設定を使用できます。

メモ

自分や他のチームメンバーに役立つ、アクティビティに関する情報を入力します。 The メモ ウィンドウはサイズ変更可能です。

トレーニングビデオ

以下のビデオは、この記事で説明した概念についてさらに詳しく説明しています。

アクティビティ設定(3:02)

このビデオでは、アクティビティの設定について説明します。

  • アクティビティの目的の入力
  • アクティビティの優先度の設定
  • アクティビティの開始時刻と停止時刻の設定
  • レポートフィルター作成とレポートのためのオーディエンス追加
  • アクティビティのメモの入力

多変量分析テストの作成(9:25)

このビデオでは、 Target 3 ステップのガイドによるワークフロー 目標と設定に関する説明は 7:00 から始まります。

  • 多変量分析テストの定義と設計
  • 多変量分析テストの作成

このページ