このたびは、アドビの Real-time Customer Data Platform ( Real-time CDP)製品および技術ドキュメントのホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。ここでは、セルフヘルプおよびサポート情報を確認できます。

ガイド

複数のエンタープライズソースから既知のデータや匿名データをまとめて顧客プロファイルを作成、それらのプロファイルからオーディエンスセグメントを作成し、それらのセグメントをサードパーティの宛先に活用します。

リアルタイム顧客データプラットフォームの実装を設定する際の例として、次のシナリオをサンプルとして使用します。

Adobe Experience Platform のダッシュボード、ホームページ、初回ユーザーエクスペリエンス

Real-time Customer Data Platform B2B Edition アカウントの概要

このサンプルシナリオは、Real-time Customer Data Platform B2B Edition の実装の構成例を示します。

Real-time Customer Data Platform B2B Edition でアカウントプロファイルを使用して、複数のソースからアカウント情報を統合する方法について説明します。

チュートリアル

Real-time CDP について

Adobe Real-time Customer Data Platform(CDP) が既知の顧客データと不明な顧客データを統合し、信頼できる顧客プロファイルを作成してアクティブ化する方法を説明します。

Real-time CDP デモ

リアルタイム CDP を使用して複数のソースからデータを収集、そのデータを統合して単一のリアルタイム顧客プロファイルを作成し、そのデータを活用してパーソナライズされた顧客体験を創出する方法を示すデモを視聴します。

RTCDP ユーザーインターフェイスとワークフローについて

Real-time Customer Data Platform(CDP) のユーザーインターフェイスを操作して、デジタルカスタマージャーニーをまたいでリアルタイムにアクティベーションを提供する機能を組み合わせる方法を説明します。

ブループリント:オーディエンスアクティベーションとプロファイルアクティベーション

リアルタイムの顧客データプラットフォームを使用して、オーディエンスがアクティブでプロファイル中心の顧客エクスペリエンスを提供します。

ブループリント:Journey Optimizer

ストリーミングデータ、顧客プロファイル、セグメント化の中央ハブとして Adobe Experience Platform を使用して、トリガーされるメッセージとエクスペリエンスを実行します。

ブループリント:Web とモバイルのパーソナライゼーション

リアルタイム顧客プロファイルでパーソナライズされた Web およびモバイルコンテンツを配信します。

すべてのチュートリアルを見る

Adobe Real-time Customer Data Platform(CDP) が既知の顧客データと不明な顧客データを統合し、信頼できる顧客プロファイルを作成してアクティブ化する方法を説明します。

このページ