リアルタイムでの顧客プロファイルの有効化

このレッスンでは、リアルタイムのユーザープロファイル用に、スキーマとデータセットを有効にします。

このチュートリアルでは、データセットのレッスンが最短のレッスンだと言ったので、そのためには、これにより短い時間がかかるようになりました。 これにより、文字どおり一連のトグルを反転することができます。 ただし、このような切り替えを実行すると、ページ全体を作成することが必要になり __ ます。

リアルタイムのカスタマー・プロファイルにより、オンライン、オフライン、CRM、サードパーティのデータなど、複数のチャネルのデータを組み合わせた各顧客の全体像を把握することができます。 プロファイルを使用すると、個別の顧客データを統合ビューに統合し、顧客のやり取りごとに実用的なタイムスタンプ付きの説明を提供できます。

これまでのように、 プロファイルのすべてのデータを有効にする必要はありません 。 実際には、ライセンス認証を実行する場合にのみ必要なデータを有効にする必要があります。 マーケティングのユースケース、コールセンターの統合などに使用するデータを有効にします。これは、堅牢な顧客のプロファイルにすばやくアクセスする必要がある場合に使用します。 解析用にのみデータをアップロードする場合は、プロファイルに対して有効にする必要はありません。

🔗 プロファイルに対してどのデータを有効にする必要があるかを判断するために、リアルタイムのユーザープロファイルデータを確認する必要があります。

データアーキテクト は、このチュートリアル外でリアルタイムのユーザープロファイルを有効にする必要があります。

練習を開始する前に、この短いビデオで、リアルタイムのカスタマープロファイルについて詳しく知ることができます。

必要な権限

「権限の設定」のレッスンでは、 🔗 このレッスンを完了するために必要なすべてのアクセス制御を設定します。

プラットフォームのユーザーインターフェイスを使用した、リアルタイムのユーザープロファイルに関するスキーマの有効化

次に、スキーマを有効にする単純なタスクについて説明します。

  1. プラットフォームのユーザーインターフェイスで、 ルミナンスロイヤルティスキーマを開きます。

  2. スキーマのプロパティでプロファイルの切り替えを切り替えます。

  3. 確認モーダルで、「 有効」ボタンをクリックして確認します。

  4. 保存」ボタンを選択し て、変更を保存します。

    重要

    プロファイルに対して有効になったスキーマは、無効化または削除することはできません。 また、この時点以降は、フィールドをスキーマから削除することはできません。 この点については、実働環境で独自のデータを使用する場合に、後で考慮しておくことが重要です。 このチュートリアルでは、開発サンドボックスを使用する必要があります。これは、いつでも削除することができます。

    このチュートリアルの制御された環境では、 データを ingesting する前に、プロファイル用のスキーマおよびデータセットを有効にし ます。 データを使用して作業する場合は、次の順序で実行することをお勧めします。

    1. 最初に、データをデータセットに取り込みます。
    2. データの取り込み処理中に発生したすべての問題に対処します (例、データの入力検証、マッピングの問題)。
    3. プロファイルのデータセットとスキーマの有効化
    4. データの再取り込み

    プロファイルの切り替え

容易に行うことができます。 上記の他のスキーマについても、上記の手順を繰り返します。

  1. ルミナンス製品カタログスキーマ
  2. ルミナンスオフライン購入イベントスキーマ
  3. ルミナンス Web Events スキーマ (「モーダル」チェックボックスの「このスキーマのデータには、「アイデンティティマップ」フィールドに primary identity が含まれています。)」と入力します。

Platform API を使用した、リアルタイムのカスタマープロファイルに関するスキーマの有効化

次に、API を使用してを有効にし Luma CRM Schema ます。 この練習を省略し、ユーザーインターフェイスで有効にするだけで済むようにする場合は、すぐに進んでください。

スキーマの meta: altId を取得します。

最初に、次のの情報を取得し meta:altId Luma CRM Schema ます。

  1. オープン Postman
  2. ここでは、24時間以内に要求されていない場合、認証トークンの有効期限が切れている可能性があります。 要求を開き、 Adobe I/O Access Token Generation > Local Signing (Non-production use-only) > IMS: JWT Generate + Auth via User Token 「送信」を選択して ​新しい JWT およびアクセストークンを要求します (レッスン中の場合と同様) Postman 。
  3. 要求を開きます。 Schema Registry API > Schemas > Retrieve a list of schemas within the specified container.
  4. 送信 」ボタンを選択します。
  5. 200応答が表示されるはずです。
  6. アイテムの応答を検索 Luma CRM Schema して、値をコピーします。 meta:altId
    Meta: altIid をコピーします。

スキーマの有効化

これで、スキーマの meta: altId ができたので、プロファイルに対して有効にすることができます。

  1. 要求を開きます。 Schema Registry API > Schemas > Update one or more attributes of a custom schema specified by ID.

  2. パラメーターでは、 ​値を meta:altId SCHEMA_ID パラメーター値としてペーストします。

  3. ​「Body」タブで、次のコードをペーストします。

    [{
        "op": "add",
        "path": "/meta:immutableTags",
        "value": ["union"]
    }]
    
  4. 送信 」ボタンを選択します。

  5. 200応答が表示されるはずです。

    カスタム meta: altIid として使用されるプロファイルの CRM スキーマを SCHEMA_ID パラメーターとして使用できるようにします。

ユーザーインターフェイスでは、すべてのスキーマがプロファイルに対して有効になっていることを確認できます (有効にするには、SHIFT キーを押しながらリロードする必要があり Luma CRM Schema ます)。
すべてのスキーマが有効

プラットフォームのユーザーインターフェイスを使用した、リアルタイムのユーザープロファイル用のデータセットの有効化

データセットは、プロファイルに対しても有効にする必要があります。また、プロセスもより単純になります。

  1. プラットフォームのユーザーインターフェイスで、 Luma Loyalty Dataset

  2. プロファイルの ​切り替え

  3. 確認モーダルで、「 有効」ボタンをクリックして確認します。

     プロファイルの切り替え

上記の他のデータセットについても、上記の手順を繰り返します。

  1. ルミナンス製品カタログデータセット
  2. ルミナンスオフライン購入イベントデータセット
  3. ルミナンス Web イベントデータセット
メモ

スキーマとは異なり、データセットのプロファイルは無効にすることもできますが、以前の ingested データはすべてプロファイルに残ります。

Platform API を使用して、リアルタイムのユーザープロファイルの設定を有効にします。

次に、API を使用してプロファイルのデータセットを有効にします。 上記のメソッドを使用して、ユーザーインターフェイスを使用してこの機能を有効にする必要がある場合は、それでもかまいません。

データセットの id を取得します。

最初に、次のを取得する必要があり id Luma CRM Dataset ます。

  1. オープン Postman
  2. ここでは、24時間以内に要求されていない場合、認証トークンの有効期限が切れている可能性があります。 要求を開き、 Adobe I/O Access Token Generation > Local Signing (Non-production use-only) > IMS: JWT Generate + Auth via User Token 「送信」を選択して ​新しい JWT およびアクセストークンを要求します (レッスン中の場合と同様) Postman 。
  3. 要求を開きます。 Catalog Service API > Datasets > Retrieve a list of datasets.
  4. 送信 」ボタンを選択します。
  5. 200応答が表示されるはずです。
  6. アイテムの応答を検索 Luma CRM Dataset して、id をコピーします。
    Id をコピーします。

データセットの有効化

データセットの id が取得されたので、プロファイルに対して有効にすることができます。

  1. 要求を開きます。 Catalog Service API > Datasets > Update one or more attributes of a dataset specified by ID.

  2. パラメーターを使用して、その DATASET_ID 値を独自に更新します

  3. ​「Body」タブで、次のコードをペーストします。最初の2つの値は、前の応答で表示されている既存のタグを示しています。 これは、次の2つの新しいタグを追加するだけでなく、本文にも含まれている必要があります。

    {
        "tags":{
            "adobe/pqs/table":["luma_crm_dataset"],
            "adobe/siphon/table/format":["parquet"],
            "unifiedProfile":["enabled:true"],
            "unifiedIdentity":["enabled:true"]
            }
    }
    
  4. 送信 」ボタンを選択します。

  5. 200応答が表示されるはずです。

    プロファイルの CRM データセットを有効にし、カスタムデータセット id を使用して DATASET_ID param であることを確認します。

また、ユーザーインターフェイスではデータセットが有効になっていることを確認することもできます。
確認

重要

プロファイルのスキーマおよびデータセットを有効にする前にデータを取り込み、その後、そのデータを再取り込む必要があります。

その他のリソース

データエンジニアは 、「 データ取り込みイベントの受信」レッスンに進んでください データアーキテクト は、前の手順を省略 して、batch インジェストレッスンに移動することができ 🔗 ます。

このページ