Data ガバナンスフレームワークの適用

このレッスンでは、サンドボックスに ingested したデータに、データガバナンスフレームワークを適用します。

Adobe Experience Platform データガバナンスを使用すると、顧客データを管理し、データの使用に適した規制、制限、ポリシーへのコンプライアンスを確保できます。これは、データの使用を制御するなど、様々なレベルにおいて、経験のあるプラットフォーム内の重要な役割を果たします。

練習を開始する前に、データガバナンスについて以下の短いビデオを確認してください。

業務シナリオ

ルミナンスは、ロイヤルティプログラムのメンバーには約束されますが、そのロイヤルティデータはいかなる第三者とも共有されることはありません。 このシナリオは、この後のレッスンで実装します。

データのガバナンスラベルの適用

データガバナンスプロセスの最初のステップは、データにガバナンスラベルを適用することです。 これを行う前に、使用可能なラベルについて簡単に説明します。

  1. プラットフォームのユーザーインターフェイスで、 左側の ナビゲーションでポリシーを選択します。
  2. 「ラベル」タブに移動し て、取引先企業のすべてのラベルを表示します。

その他にも多くのラベルが用意されています。また、「ラベルを作成」ボタンを使用して独自のラベルを作成することもでき ます。 主なタイプには ​ 、コントラクトラベル ​ 、 ​ id ラベル ​ 、および 一般的な理由データに対応する機密ラベルの3つがあります。 各ラベルには、 ​ わかりやすい名前 ​ と短い ​ 名前が付いてい ​ ます。これは、単にタイプと数の略称です。 例えば、 C1 label は「サードパーティのエクスポートなし」を対象としています。これは、当社のロイヤルティポリシーに必要な機能です。

データガバナンスラベル

ここで、使用を制限するデータにラベルを付けます。

  1. プラットフォームのユーザーインターフェイスで、 左側の ナビゲーションにある「データセット」を選択します。
  2. 開くには、 Luma Loyalty Dataset
  3. データガバナンス 」タブに移動します。
  4. 個々のフィールドにラベルを適用することも、データセット全体に個別に適用することもできます。 Label はデータセット全体に適用されます。 鉛筆アイコンをクリックします。 アイコンが表示されていない場合は、ブラウザーの幅を拡大するか、中央のパネルを右にスクロールします。
    データガバナンス
  5. モーダルで、 「コントラクトラベル 」セクションを展開して、 c2 ラベルを確認 してください。
  6. 変更を保存 」ボタンをクリックします。
    データガバナンス
  7. メインデータガバナンス画面に戻る「継承された ラベルを表示」の切り替えは、 ​データセットのすべてのフィールドにラベルがどのように適用されたかを示しています。
    データガバナンス

データガバナンスポリシーの作成

これで、データにラベルが付けられたので、ポリシーを作成することができます。

  1. プラットフォームのユーザーインターフェイスで、 左側の ナビゲーションでポリシーを選択します。
  2. 「参照」タブには、既に「サードパーティの書き出しの制限」というポリシーがあり、このポリシーは、マーケティングアクションの書き出しに関する C2 ラベルを ​ サードパーティに関連付け ​ ます。
  3. ポリシーを選択し、ポリシーの状態を 切り替えて有効にします。
    データガバナンス

「ポリシーの作成」ボタンを選択すると、独自のポリシーを作成でき ​ます。 これにより、複数のラベルとマーケティングアクションの制限を組み合わせることができるウィザードが開きます。

ガバナンスポリシーの適用

管理ポリシーの適用は、当然ながらフレームワークにとって重要なコンポーネントです。 データがアクティブになり、プラットフォームから送信されたときに強制されることはありません。特に、ライセンスに含まれているかどうかは関係ありません。 どちらの場合も、このチュートリアルの範疇にはありません。 ただし、一度もぶら下げされていないので、このビデオでポリシーがどのように適用されるかについて詳しく知ることができます。これにより、関連する部分が追加されました。 また、ポリシーに違反した場合の動作についても説明します。

その他のリソース

次に、 クエリサービスに移り ます。

このページ