Microsoft Dynamics 同期について

Marketo と Microsoft Dynamics は適切に連携して、お客様の販売データとマーケティングデータの同期を維持します。

メモ

Marketo は、現時点では、Java 7 と互換性のある SSL 証明書のみをサポートしています。

注意

現在、Marketo Dynamics Sync のサンドボックス更新はサポートされていません。Dynamics CRM サンドボックスを更新する必要がある場合は、新しい Marketo サンドボックスが必要です。詳しくは、カスタマーサクセスマネージャーにお問い合わせください。

同期の仕組み

Marketo は、毎日、1 日中、Microsoft Dynamics と継続的にデータを同期します。バックグラウンド同期が使用され、リアルタイムではなくバッチで行われます。

メモ

サブスクリプションの最初の同期には、データベースのサイズに応じて、数分から数時間かかります。Marketo は、Dynamics からデータベース全体をコピーします。その後、各同期には、通常、数秒または数分かかり、変更されたデータのみが同期されます。

Marketo と Dynamics の間の同期は、リードと連絡先が双方向です。Marketo または Dynamics で変更を加えると、更新内容が両方のシステムに反映されます。その他のすべてのフィールド(アカウントや商談など)は、Dynamics から Marketo への一方行でのみ同期されます。

Marketo と Microsoft Dynamics の間で同期されるもの

Dynamics 用に Marketo で入力した認証情報は、データの同期に使用されます。

メモ

ソースインスタンスが Microsoft Dynamics と統合されている場合、インスタンスコピーはサポートされません。

このページ