キャンペーンの基本を学ぶ

最終更新日: 2023-12-29
  • トピック:
  • Campaigns
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Beginner
    User

Journey Optimizer キャンペーンを使用すると、様々なチャネルを使用して、特定のオーディエンスに 1 回限りのコンテンツを配信できます。ジャーニーを使用する場合、アクションは順番に実行されます。キャンペーンでは、アクションは指定したスケジュールに基づいて同時にまたは即時に実行されます。

2 種類のキャンペーンを作成できます。

  • スケジュール済みキャンペーン​を使用すると、プロモーションオファー、エンゲージメントキャンペーン、お知らせ、法律上の注意、ポリシーの更新など、マーケティングのユースケースに対するシンプルなアドホックバッチ通信が可能になります。
  • API トリガーキャンペーン​を使用すると、適切なタイミングでオーディエンスにリーチするマーケティング通信や、パスワードのリセットなどの個人に対するトランザクション/運用メッセージが可能になります。これらの場合、プロファイル属性だけでなく、REST API ペイロードであるトリガー内のリアルタイムコンテキストデータも使用したパーソナライゼーションが必要になる可能性があります。

キャンペーンを作成するための主な手順は次のとおりです。

➡️ この機能をビデオで確認

開始する前に

Journey Optimizer で最初のキャンペーンの作成を開始する前に、次の前提条件を確認してください。

  1. 適切な権限が必要です。キャンペーンは、Campaign 管理者、Campaign 承認者、Campaign マネージャー、Campaign ビューアなど、キャンペーンに関係する​製品プロファイル​へのアクセス権を持つユーザーのみが使用できます。

    キャンペーンにアクセスできない場合は、権限を拡張する必要があります。組織の Adobe Admin Console へのアクセス権を持っている場合は、次の手順に従います。そうでない場合は、Journey Optimizer 管理者に問い合わせてください。

    キャンペーン権限の割り当て方法を説明します

    対応する​製品プロファイル​をユーザーに割り当てるには、次の手順を実行します。

    1. Adobe Admin Console で、Adobe Experience Platform 製品を選択します。

    2. 製品プロファイル」タブを参照し、組み込みのキャンペーン関連の​製品プロファイル​である Campaign 管理者、Campaign 承認者、Campaign マネージャー、Campaign ビューアのいずれかを選択します。

      Journey Optimizer キャンペーンの​製品プロファイル​と​権限​について詳しくは、こちらのページを参照してください

    3. ユーザーを追加」をクリックし、選択した​製品プロファイル​をユーザーに割り当てます。

    4. ユーザーの名前、グループまたはメールアドレスを入力し、「保存」をクリックします。

    これで、ユーザーが​キャンペーン​にアクセスできるようになりました。

+++

  1. オーディエンスが必要です。キャンペーンを作成するには、まずオーディエンスを使用可能にする必要があります。オーディエンスについて詳しくは、このページを参照してください。
  2. チャネルサーフェスが必要です。チャネルを選択するには、対応するチャネルサーフェス(例:プリセット)を作成し、使用可能にする必要があります。チャネルサーフェスについて詳しくは、こちらのページを参照してください。

チュートリアルビデオ

最初のキャンペーンの作成方法について説明します。

このページ