オブジェクトレベルのアクセス制御

最終更新日: 2023-12-29
  • 作成対象:
  • Experienced
    Admin
    Developer

オブジェクトレベルのアクセス制御(OLAC)を使用すると、次のように選択したオブジェクトへのデータアクセスを管理する権限を定義できます。

  • ジャーニー
  • キャンペーン
  • テンプレート
  • フラグメント
  • ランディングページ
  • オファー
  • 静的なオファーコレクション
  • オファーの決定

機密性の高いデジタルアセットを権限のないユーザーから保護し、個人データの保護を向上させることを目的としています。

Adobe Journey Optimizer では、OLAC を使用して、データを保護し、特定のオブジェクトに対して特定のアクセス権を付与できます。

ラベルの作成

重要

ラベルを作成するには、使用状況ラベルの管理​権限を持つ役割に属している必要があります。

ラベル​を使用すると、データに適用される使用ポリシーに従ってデータセットとフィールドを分類できます。ラベル​はいつでも適用でき、データの管理方法を柔軟に選択できます。

Permissions 製品でラベルを作成できます。詳しくは、このページを参照してください。

ラベル​は、Journey Optimizer で直接作成することもできます。

  1. Adobe Journey Optimizer オブジェクトから、新しく作成された Campaign で、「アクセスを管理」ボタンをクリックします。

  2. アクセスを管理​ウィンドウから、「ラベルを作成」をクリックします。

  3. ラベルを設定するには、次を指定する必要があります。

    • 名前
    • わかりやすい名前
    • 説明

  4. 作成」をクリックして、ラベル​を保存します。

新しく作成された​ラベル​がリストで利用できるようになりました。必要に応じて、Permissions 製品で変更できます。

ラベルの割り当て

重要

ラベルを割り当てるには、Manage journeys、Manage Campaigns または Manage decisions などの管理権限を持つ役割に属している必要があります。この権限がない場合は、「アクセスを管理」ボタンが灰色表示になります。

カスタムラベルまたはコアデータ使用ラベルを Journey Optimizer オブジェクトに割り当てる方法は次の通りです。

  1. Adobe Journey Optimizer オブジェクトから、新しく作成された Campaign で、「アクセスを管理」ボタンをクリックします。

  2. アクセスを管理​ウィンドウで、このオブジェクトへのアクセスを管理するカスタムラベルまたはコアデータ使用ラベルを選択します。

    コアデータ使用ラベルについて詳しくは、このページを参照してください。

  3. 保存」をクリックして、このラベルの制限を適用します。

このオブジェクトにアクセスするには、ユーザーは特定の​ラベル​を​役割​に含める必要があります。
例えば、C1 ラベルを持つユーザーは、C1 ラベル付きオブジェクトまたはラベル付けされていないオブジェクトにのみアクセスできます。

ラベル​を​役割​に割り当てる方法の詳細については、このページを参照してください。

このページ