業界データモデルの概要

エクスペリエンスデータモデル (XDM) を使用すると、高度にカスタマイズ可能なスキーマを作成して、ビジネスに関連する主要な顧客体験データを取り込むことができます。 XDM に準拠するようにデータをモデリングするプロセスを合理化するために、Adobe Experience Platformは汎用の標準 XDM コンポーネントスイートを提供し、複数の業界で一般的に使用される概念を把握します。

メモ

最適な消費者ニーズに合わせて、新しい標準 XDM コンポーネントが継続的にリリースされています。 最新のコンポーネントのリストについては、UI🔗 で既存のリソースを調べるか、GitHub の 公式の XDM リポジトリ を参照してください。

ビジネスが稼働する業界に応じて、一部の XDM コンポーネントは他の XDM コンポーネントよりもニーズに関連します。 さらに、XDM スキーマ間で確立する関係は、業界によって異なります。

特定の業界に基づいてデータモデリング戦略を導くのに役立つように、このガイドでは、サポートされる複数の業界向けのエンティティ関係図 (ERD) のリファレンスを提供します。

前提条件

このガイドで参照する ERD を読むには、XDM コンポーネントがフォームスキーマとどのようにやり取りするか、および XDM スキーマ全体がExperience Platformでどのように動作するかを実際に理解しておく必要があります。 先に進む前に、次の概要ドキュメントを必ずお読みください。

  • XDM システムの概要:Platform エコシステムでの XDM の動作について説明します。
  • スキーマ構成の基本:XDM コンポーネント(スキーマフィールドグループ、クラス、データ型など)がスキーマの構造にどのように貢献するか、および ID フィールドの役割について説明します。

また、データを XDM にマッピングする方法に関する一般的なガイドラインについては、 データモデリングのベストプラクティスガイド を参照することをお勧めします。

業界データモデル ERD

ERD は次の業種向けに提供されています。

次の手順

このドキュメントでは、業界データモデルの ERD の概要と、その解釈方法を示しました。 ERD を表示するには、上のリストから 1 つを選択します。

このページ