UI でのデータフローの更新

このチュートリアルでは、Sources ワークスペースを使用したデータフロースケジュールの編集やマッピングの情報など、既存のソースデータフローを更新する手順を説明します。

はじめに

このチュートリアルは、Adobe Experience Platform の次のコンポーネントを実際に利用および理解しているユーザーを対象としています。

  • ソース:Experience Platformを使用すると、様々なソースからデータを取り込みながら、Platform サービスを使用して、受信データの構造化、ラベル付け、拡張をおこなうことができます。
  • サンドボックス:Experience Platform は、単一の Platform インスタンスを別々の仮想環境に分割して、デジタルエクスペリエンスアプリケーションの開発と発展を支援する仮想サンドボックスを提供します。

マッピングの編集

メモ

次のソースでは、マッピング編集機能は現在サポートされていません。Adobe Analytics、Adobe Audience Manager、HTTP API、および Marketo Engage。

Platform UI で、左のナビゲーションから「 ソース 」を選択して、「 ソース 」ワークスペースにアクセスします。 上部のヘッダーから Dataflows を選択して、既存のデータフローのリストを表示します。

カタログ

データフロー ページには、実行ステータス、最終実行日、アカウント名に関する情報を含む、既存のすべてのデータフローのリストが含まれます。

左上のフィルターアイコン  フィルター を選択して、並べ替えパネルを起動します。

filter-dataflows

並べ替えパネルには、使用可能なすべてのソースのリストが表示されます。 リストから複数のソースを選択して、異なるソースに属するデータフローのフィルタ選択にアクセスできます。

既存のデータフローのリストを表示するために使用するソースを選択します。 更新するデータフローを特定したら、アカウント名の横にある省略記号 (...) を選択します。

edit-source

ドロップダウンメニューが表示され、選択したデータフローを更新するオプションが表示されます。 ここから、データフローのマッピングセットおよび取得スケジュールを更新できます。 また、監視ダッシュボードでデータフローを調べたり、データフローを無効または削除したりするオプションを選択することもできます。

ソースを編集」を選択して、マッピングを更新します。

edit-dataflow

「データ追加」手順が表示されます。適切なデータ形式を選択して選択したデータの内容を確認し、「次へ」を選択して次に進みます。

add-data

マッピング ページには、データセットに関連付けられたマッピングセットを追加および削除できるインターフェイスが用意されています。

ヒント

マッピング更新は、将来スケジュールされたデータフロー実行にのみ適用されます。

新しいマッピングを追加」を選択して、新しいマッピングセットを追加します。

add-new-mapping

次に、適切なソースフィールド属性とターゲット XDM フィールド値を入力して、追加のマッピングセットを完了します。 「次へ」を選択して次に進みます。

new-mapping-added

「スケジュール」手順が表示され、データフローの取り込みスケジュールを更新し、選択したソースデータを更新したマッピングで自動的に取り込むことができます。

メモ

1 回限りの取り込みと開始時間が過去のデータフローのマッピングセットは更新できません。

スケジューリング

データフローの詳細 ページで、データフローの更新された名前と説明を指定し、データフローのエラーしきい値を再設定できます。

更新した値を指定したら、「次へ」を選択します。

データフローの詳細

レビュー 手順が表示され、更新前にデータフローを確認できます。

データフローをレビューしたら、「Finish」を選択し、新しいマッピングセットを作成してデータフローを作成する時間を設定します。

レビュー

スケジュールを編集

既存のデータフローの取り込みスケジュールを編集するには、データフロー名の横にある省略記号 (...) を選択し、ドロップダウンメニューから「スケジュールを編集」を選択します。

スケジュールを編集

スケジュールを編集」ダイアログ・ボックスには、データフローの取得頻度と間隔率を更新するオプションが表示されます。 更新した頻度と間隔の値を設定したら、「保存」を選択します。

メモ

1 回限りの取り込み用にスケジュールされたデータフローを再スケジュールすることはできません。

schedule-dialog-box

スケジュール設定 説明
頻度 データフローがデータを収集する頻度。 既存のデータフローの頻度スケジュールを編集する際に指定できる値は次のとおりです。minutehourday、または week
間隔 この間隔は、2 つの連続したフロー実行の間隔を指定します。 間隔の値はゼロ以外の整数で、15 以上である必要があります。

しばらくすると、更新が正常に完了したことを確認する確認ボックスが画面の下部に表示されます。

schedule-confirm

次の手順

このチュートリアルでは、Sources ワークスペースを使用して、データフローの取り込みスケジュールとマッピングセットを更新しました。

Flow Service API を使用してこれらの操作をプログラムで実行する手順については、 フローサービス API を使用したデータフローの更新に関するチュートリアルを参照してください。

このページ