(ベータ版) Google BigQuery コネクタ

メモ

Google BigQuery はベータ版です。 ベータラベルのコネクタの使用について詳しくは、「 ソースの概要 」を参照してください。

Adobe Experience Platform を使用すると、データを外部ソースから取得しながら、Platform サービスを使用して受信データの構造化、ラベル付け、拡張をおこなうことができます。アドビのアプリケーション、クラウドベースのストレージ、データベースなど、様々なソースからデータを取得することができます。

Experience Platform は、サードパーティのデータベースからデータを取得する機能を備えています。Platform は、リレーショナル、NoSQL、データウェアハウスなど、様々なタイプのデータベースに接続できます。 データベースプロバイダのサポートは Google BigQuery です。

IP アドレス許可リスト

ソースコネクタを操作する前に、IP アドレスのリストを許可リストに追加する必要があります。 地域固有の IP アドレスを許可リストに追加しないと、ソースを使用する際にエラーが発生したり、パフォーマンスが低下する可能性があります。 詳しくは、IP アドレスの許可リスト ページを参照してください。

前提条件

次の節では、Google BigQuery ソース接続を作成する前に必要な前提条件の設定に関する詳細を説明します。

Google BigQuery 資格情報を生成する

Google BigQuery を Platform に接続するには、次の資格情報の値を生成する必要があります。

資格情報 説明
project プロジェクトは、Google BigQuery を含む Google Cloud リソースの基本レベルの組織エンティティです。
clientID クライアント ID は、Google BigQuery OAuth 2.0 資格情報の半分です。
clientSecret クライアントシークレットは、Google BigQuery OAuth 2.0 資格情報の残りの半分です。
refreshToken 更新トークンを使用すると、API 用の新しいアクセストークンを取得できます。 アクセストークンの有効期間は限られており、プロジェクトの期間中に期限切れになる場合があります。 更新トークンを使用して、必要に応じて、プロジェクトの認証と後続のアクセストークンのリクエストをおこなうことができます。

Google API の OAuth 2.0 資格情報を生成する方法について詳しくは、次の Google OAuth 2.0 認証ガイド を参照してください。

Google BigQuery を Platform に接続

以下のドキュメントでは、API またはユーザーインターフェイスを使用して Google BigQuery を Platform に接続する方法について説明します。

API の使用

UI の使用

このページ