(ベータ版) Google PubSubコネクタ

メモ

Google PubSubコネクタはベータ版です。 ベータラベル付きコネクタの使用方法の詳細については、ソースの概要を参照してください。

Adobe Experience Platformは、AWS、Google Cloud Platform、Azureなどのクラウドプロバイダーに対してネイティブの接続を提供し、これらのシステムのデータをプラットフォームに取り込み、ダウンストリームのサービスや宛先で使用できます。

クラウドストレージソースを使用すると、ダウンロード、フォーマット、アップロードを行う必要なく、プラットフォームにデータを取り込むことができます。 取り込んだデータは、XDM JSON、XDM Parket、または区切り形式で形式設定できます。 プロセスのすべての手順がソースワークフローに統合されます。 プラットフォームでは、Azure Event Hubsからデータをリアルタイムで取り込むことができます。

IPアドレス許可リスト

IPアドレスのリストは、ソースコネクタを使用する前に許可リストに追加する必要があります。 地域固有のIPアドレスを許可リストに追加できないと、ソースを使用する際にエラーが発生したり、パフォーマンスが低下したりする可能性があります。 詳しくは、IPアドレスの許可リストページを参照してください。

Google PubSubをプラットフォームに接続

以下のドキュメントは、APIまたはユーザーインターフェイスを使用してGoogle PubSubをプラットフォームに接続する方法に関する情報を提供しています。

APIの使用

UI の使用

このページ