(ベータ版) Marketo Engage名前空間とスキーマ

重要

Marketo Engageソースは現在ベータ版です。 この機能とドキュメントは、変更される場合があります。

このドキュメントは、Marketo Engageで使用されるB2B名前空間とスキーマ(以下「Marketo」と呼ばれる)の基になる設定に関する情報を提供します。 このドキュメントでは、Marketo B2B名前空間とスキーマの生成に必要なPostmanオートメーションユーティリティの設定に関する詳細も説明します。

Marketo名前空間およびスキーマ自動生成ユーティリティの設定

Marketo名前空間とスキーマ自動生成ユーティリティを使用する最初の手順は、プラットフォーム開発者コンソールとPostman環境を設定することです。

  • このGitHubリポジトリから、名前空間とスキーマの自動生成ユーティリティの収集と環境をダウンロードできます。
  • 必要なヘッダーの値の収集方法やサンプルAPI呼び出しを読む方法など、プラットフォームAPIの使用に関する詳細は、プラットフォームAPIの使用の手引きのガイドを参照してください。
  • プラットフォームAPI用の資格情報を生成する方法について詳しくは、Experience PlatformAPIの認証とアクセスのチュートリアルを参照してください。
  • プラットフォームAPI用にPostmanを設定する方法について詳しくは、開発者コンソールと Postmanの設定に関するチュートリアルを参照してください。

プラットフォーム開発者コンソールとPostmanの設定により、適切な環境値をPostman環境に適用する開始が可能になりました。

次の表に、値の例と、Postman環境の入力に関する追加情報を示します。

変数 説明
CLIENT_SECRET {ACCESS_TOKEN}の生成に使用される一意の識別子。 {CLIENT_SECRET}を取得する方法については、Experience PlatformAPIの認証とアクセスのチュートリアルを参照してください。 {CLIENT_SECRET}
JWT_TOKEN JSON Web Token(JWT)は、{ACCESS_TOKEN}の生成に使用する認証資格情報です。 {JWT_TOKEN}を生成する方法については、Experience PlatformAPIの認証とアクセスのチュートリアルを参照してください。 {JWT_TOKEN}
API_KEY Experience PlatformAPIへの呼び出しを認証するために使用される一意の識別子。 {API_KEY}を取得する方法については、Experience PlatformAPIの認証とアクセスのチュートリアルを参照してください。 c8d9a2f5c1e03789bd22e8efdd1bdc1b
ACCESS_TOKEN Experience PlatformAPIへの呼び出しを完了するのに必要な認証トークン。 {ACCESS_TOKEN}を取得する方法については、Experience PlatformAPIの認証とアクセスのチュートリアルを参照してください。 Bearer {ACCESS_TOKEN}
META_SCOPE Marketoに関しては、この値は固定値で、常に次に設定されます。ent_dataservices_sdk. ent_dataservices_sdk
CONTAINER_ID globalコンテナは、標準AdobeとExperience Platformパートナーが提供するクラス、スキーマフィールドグループ、データ型、スキーマをすべて保持します。 Marketoに関しては、この値は固定値で、常にglobalに設定されます。 global
PRIVATE_KEY PostmanインスタンスをExperience PlatformAPIに対して認証するために使用する秘密鍵証明書です。 {PRIVATE_KEY}の取得方法については、開発者コンソールの設定のチュートリアルと開発者コンソールと Postmanの設定のチュートリアルを参照してください。 {PRIVATE_KEY}
TECHNICAL_ACCOUNT_ID Adobe I/Oへの統合に使用する秘密鍵証明書です。 D42AEVJZTTJC6LZADUBVPA15@techacct.adobe.com
IMS Identity Managementシステム(IMS)は、Adobeサービスに対する認証のフレームワークを提供します。 Marketoに関しては、この値は固定値で、常に次に設定されます。ims-na1.adobelogin.com. ims-na1.adobelogin.com
IMS_ORG 製品やサービスを所有またはライセンスし、そのメンバーにアクセスを許可できる企業体。 {IMS_ORG}情報を取得する方法については、開発者コンソールの設定と Postmanのチュートリアルを参照してください。 ABCEH0D9KX6A7WA7ATQE0TE@adobeOrg
SANDBOX_NAME 使用している仮想サンドボックスパーティションの名前です。 prod
TENANT_ID 作成するリソースの名前が正しく指定され、IMS組織内に含まれていることを確認するために使用されるID。 b2bcdpproductiontest
PLATFORM_URL API呼び出しを行うURLエンドポイント。 この値は固定値で、常に次の値に設定されます。http://platform.adobe.io/. http://platform.adobe.io/
munchkinId Marketoアカウントの一意のID。 munchkinIdを取得する方法については、 Marketo インスタンスの認証のチュートリアルを参照してください。 123-ABC-456
sfdc_org_id Salesforceアカウントの組織ID。 Salesforce組織IDの取得について詳しくは、次のSalesforce ガイドを参照してください。 00D4W000000FgYJUA0
msd_org_id Dynamicsアカウントの組織ID。 Dynamics組織IDの取得について詳しくは、次のMicrosoft Dynamics ガイドを参照してください。 f6438fab-67e8-4814-a6b5-8c8dcdf7a98f
has_abm Marketo Account-Based Marketingをサブスクライブしているかどうかを示すboolean値です。 false
has_msi Marketo Sales Insightにサブスクライブされているかどうかを示すboolean値です。 false

スクリプトの実行

Postmanコレクションと環境を設定すると、Postmanインターフェイスを通じてスクリプトを実行できるようになります。

Postmanインターフェイスで、auto-generatorユーティリティのルートフォルダを選択し、一番上のヘッダから​Run​を選択します。

root-folder

Runnerインターフェイスが表示されます。 ここから、すべてのチェックボックスが選択されていることを確認し、Run Adobe I/O Access Token Generation + Automate Namespace creation​を選択します。

ランジェネレータ

リクエストが成功すると、ベータ仕様に従ってB2B名前空間とスキーマが作成されます。

Marketo 名前空間

ID名前空間は、IDが関連付けられるコンテキストのインジケーターとして機能するIdentity Serviceのコンポーネントです。

完全修飾 ID には、ID 値と名前空間が含まれます。新しいMarketoインスタンスとデータセットの組み合わせのそれぞれに対して、新しいカスタム名前空間が必要です。 例えば、programsデータセットを取り込むMarketoソースコネクタには独自のカスタム名前空間が必要で、同じデータセットを取り込む別のMarketoソースコネクタにも独自の新しいカスタム名前空間が必要です。 詳しくは、名前空間の概要を参照してください。

Marketo名前空間は、エンティティのプライマリIDで使用されます。

次の表に、Marketo名前空間の基本的な設定に関する情報を示します。

メモ

テーブルのコンテンツをすべて表示するには、左右にスクロールしてください。

表示名 識別記号 ID タイプ 発行者のタイプ 発行者のエンティティタイプ Munchkin IDの例
marketo_person_{MUNCHKIN_ID} 自動生成された CROSS_DEVICE Marketo person 123-ABC-789
marketo_company_{MUNCHKIN_ID} 自動生成された B2B_ACCOUNT Marketo company 123-ABC-789
marketo_opportunity_{MUNCHKIN_ID} 自動生成された B2B_OPPORTUNITY Marketo opportunity 123-ABC-789
marketo_opportunity_contact_role_{MUNCHKIN_ID} 自動生成された B2B_OPPORTUNITY_PERSON Marketo opportunity contact role 123-ABC-789
marketo_program_{MUNCHKIN_ID} 自動生成された B2B_CAMPAIGN Marketo program 123-ABC-789
marketo_program_member_{MUNCHKIN_ID} 自動生成された B2B_CAMPAIGN_MEMBER Marketo program member 123-ABC-789
marketo_static_list_{MUNCHKIN_ID} 自動生成された B2B_MARKETING_LIST Marketo static list 123-ABC-789
marketo_static_list_member_{MUNCHKIN_ID} 自動生成された B2B_MARKETING_LIST_MEMBER Marketo static list member 123-ABC-789
marketo_named_account_{MUNCHKIN_ID} 自動生成された B2B_ACCOUNT Marketo named account 123-ABC-789

Salesforce 名前空間

Salesforce統合をサブスクライブしている場合、Salesforce名前空間はエンティティのセカンダリIDで使用されます。

次の表に、Salesforce名前空間の基本的な設定に関する情報を示します。

メモ

テーブルのコンテンツをすべて表示するには、左右にスクロールしてください。

表示名 識別記号 ID タイプ 発行者のタイプ 発行者のエンティティタイプ Salesforce 購読組織IDの例
salesforce_lead_{SALESFORCE_ORGANIZATION_ID} 自動生成された CROSS_DEVICE Salesforce lead 00DA0000000Hz79
salesforce_account_{SALESFORCE_ORGANIZATION_ID} 自動生成された B2B_ACCOUNT Salesforce account 00DA0000000Hz79
salesforce_opportunity_{SALESFORCE_ORGANIZATION_ID} 自動生成された B2B_OPPORTUNITY Salesforce opportunity 00DA0000000Hz79
salesforce_opportunity_contact_role_{SALESFORCE_ORGANIZATION_ID} 自動生成された B2B_OPPORTUNITY_PERSON Salesforce opportunity contact role 00DA0000000Hz79
salesforce_campaign_{SALESFORCE_ORGANIZATION_ID} 自動生成された B2B_CAMPAIGN Salesforce campaign 00DA0000000Hz79
salesforce_campaign_member_{SALESFORCE_ORGANIZATION_ID} 自動生成された B2B_CAMPAIGN_MEMBER Salesforce campaign member 00DA0000000Hz79

Microsoft Dynamics 名前空間

Dynamics統合をサブスクライブしている場合、Dynamics名前空間はエンティティのセカンダリIDとして使用されます。

次の表に、Dynamics名前空間の基本的な設定に関する情報を示します。

メモ

テーブルのコンテンツをすべて表示するには、左右にスクロールしてください。

表示名 識別記号 ID タイプ 発行者のタイプ 発行者のエンティティタイプ Dynamics 購読組織IDの例
microsoft_person_{DYNAMICS_ID} 自動生成された CROSS_DEVICE Microsoft person 94cahe38-e51h-3d57-a9c6-2edklb7184mh
microsoft_account_{DYNAMICS_ID} 自動生成された B2B_ACCOUNT Microsoft account 94cahe38-e51h-3d57-a9c6-2edklb7184mh
microsoft_opportunity_{DYNAMICS_ID} 自動生成された B2B_OPPORTUNITY Microsoft opportunity 94cahe38-e51h-3d57-a9c6-2edklb7184mh
microsoft_opportunity_contact_connection_{DYNAMICS_ID} 自動生成された B2B_OPPORTUNITY_PERSON Microsoft opportunity relationship 94cahe38-e51h-3d57-a9c6-2edklb7184mh
microsoft_campaign_{DYNAMICS_ID} 自動生成された B2B_CAMPAIGN Microsoft campaign 94cahe38-e51h-3d57-a9c6-2edklb7184mh
microsoft_campaign_member_{DYNAMICS_ID} 自動生成された B2B_CAMPAIGN_MEMBER Microsoft campaign member 94cahe38-e51h-3d57-a9c6-2edklb7184mh

Marketo スキーマ

Experience Platform では、スキーマを使用して、一貫性のある再利用可能な方法でデータの構造を記述します。システムをまたいで一貫したデータを定義することで、意味を保有しやすくなり、データから価値を得ることができます。

データを Platform に取り込む前に、スキーマを構成して、データの構造を記述し、各フィールドに含めることができるデータの種類を制限する必要があります。スキーマは、基本クラスと、0個以上のスキーマフィールドグループで構成されます。

デザインの原則やベストプラクティスなど、スキーマ構成モデルについて詳しくは、スキーマ構成の基本を参照してください。

次の表に、Marketoスキーマの基本的な設定に関する情報を示します。

メモ

テーブルのコンテンツをすべて表示するには、左右にスクロールしてください。

スキーマ名 基本クラス フィールドグループ Profile スキーマで プライマリ同一性 プライマリ同一性名前空間 セカンダリ同一性 セカンダリ同一性名前空間 Relationship 備考
Marketo Company {MUNCHKIN_ID} XDMビジネスアカウント XDMビジネスアカウントの詳細 有効 accountID 基本クラスで marketo_company_{MUNCHKIN_ID} extSourceSystemAudit.externalID 基本クラスで salesforce_account_{SALESFORCE_ORGANIZATION_ID}
  • accountParentID (XDM Business Account Detailsフィールドグループ内)
  • タイプ:1対1
  • 参照スキーマ:Marketo Company {MUNCHKIN_ID}
  • 名前空間: marketo_company_{MUNCHKIN_ID}
Marketo Person {MUNCHKIN_ID} XDM 個人プロファイル
  • XDMビジネス・パーソンの詳細
  • XDM Business Personコンポーネント
  • IdentityMap
有効 personID 基本クラスで marketo_person_{MUNCHKIN_ID}
  1. extSourceSystemAudit.externalID (XDM Business Person Detailsフィールドグループ)
  2. workEmail.address (XDM Business Person Detailsフィールドグループ)
  3. identityMap 「IDマップ」フィールドグループの
  1. salesforce_lead_{SALESFORCE_ORGANIZATION_ID}
  2. Email
  3. ECID
  • personComponents.sourceAccountID (XDM Business Person Componentsフィールドグループ)
  • タイプ:多対1
  • 参照スキーマ:Marketo Company {MUNCHKIN_ID}
  • 名前空間: marketo_company_{MUNCHKIN_ID}
  • Destinationプロパティ:accountID
  • 現在のスキーマからの関係名:アカウント
  • 参照スキーマからの関係名:ユーザー
Marketo Opportunity {MUNCHKIN_ID} XDMビジネス・オポチュニティ XDMビジネス・オポチュニティの詳細 有効 opportunityID 基本クラスで marketo_opportunity_{MUNCHKIN_ID} extSourceSystemAudit.externalID 基本クラスで salesforce_opportunity_{SALESFORCE_ORGANIZATION_ID}
  • accountID 基本クラスで
  • タイプ:多対1
  • 参照スキーマ:Marketo Company {MUNCHKIN_ID}
  • 名前空間: marketo_company_{MUNCHKIN_ID}
  • Destinationプロパティ:accountID
  • 現在のスキーマからの関係名:アカウント
  • 参照スキーマからの関係名:オポチュニティ
Marketo Opportunity Contact Role {MUNCHKIN_ID} XDM Business Opportunity Person関係 なし 有効 opportunityPersonID 基本クラスで marketo_opportunity_contact_role_{MUNCHKIN_ID} extSourceSystemAudit.externalID 基本クラスで salesforce_opportunity_contact_role_{SALESFORCE_ORGANIZATION_ID} 最初の関係
  • personID 基本クラスで
  • タイプ:多対1
  • 参照スキーマ:Marketo Person {MUNCHKIN_ID}
  • 名前空間: marketo_person_{MUNCHKIN_ID}
  • Destinationプロパティ:personID
  • 現在のスキーマからの関係名:人
  • 参照スキーマからの関係名:オポチュニティ
第2の関係
  • opportunityID 基本クラスで
  • タイプ:多対1
  • 参照スキーマ:Marketo Opportunity {MUNCHKIN_ID}
  • 名前空間: marketo_opportunity_{MUNCHKIN_ID}
  • Destinationプロパティ:opportunityID
  • 現在のスキーマからの関係名:オポチュニティ
  • 参照スキーマからの関係名:ユーザー
Marketo Program {MUNCHKIN_ID} XDMビジネスキャンペーン XDMビジネスキャンペーンの詳細 有効 campaignID 基本クラスで marketo_program_{MUNCHKIN_ID} extSourceSystemAudit.externalID 基本クラスで salesforce_campaign_{SALESFORCE_ORGANIZATION_ID}
Marketo Program Member {MUNCHKIN_ID} XDMビジネスキャンペーンメンバ XDMビジネスキャンペーンメンバの詳細 有効 campaignMemberID 基本クラスで marketo_program_member_{MUNCHKIN_ID} なし なし 最初の関係
  • personID 基本クラスで
  • タイプ:多対1
  • 参照スキーマ:Marketoの人{MUNCHKIN_ID}
  • 名前空間: marketo_person_{MUNCHKIN_ID}
  • Destinationプロパティ:personID
  • 現在のスキーマからの関係名:人
  • 参照スキーマからの関係名:プログラム
第2の関係
  • campaignID 基本クラスで
  • タイプ:多対1
  • 参照スキーマ:Marketo Program {MUNCHKIN_ID}
  • 名前空間: marketo_program_{MUNCHKIN_ID}
  • Destinationプロパティ:campaignID
  • 現在のスキーマからの関係名:プログラム
  • 参照スキーマからの関係名:ユーザー
Marketo Static List {MUNCHKIN_ID} XDMビジネスマーケティングリスト なし 有効 marketingListID 基本クラスで marketo_static_list_{MUNCHKIN_ID} なし なし なし 静的なリストはSalesforceと同期されないため、セカンダリIDを持ちません。
Marketo Static List Member {MUNCHKIN_ID} XDMビジネスマーケティングリストメンバー なし 有効 marketingListMemberID 基本クラスで marketo_static_list_member_{MUNCHKIN_ID} なし なし 最初の関係
  • personID 基本クラスで
  • タイプ:多対1
  • 参照スキーマ:Marketo Person {MUNCHKIN_ID}
  • 名前空間: marketo_person_{MUNCHKIN_ID}
  • Destinationプロパティ:personID
  • 現在のスキーマからの関係名:人
  • 参照スキーマからの関係名:リスト
第2の関係
  • marketingListID 基本クラスで
  • タイプ:多対1
  • 参照スキーマ:Marketo Static List {MUNCHKIN_ID}
  • 名前空間: marketo_static_list_{MUNCHKIN_ID}
  • Destinationプロパティ:marketingListID
  • 現在のスキーマからの関係名:リスト
  • 参照スキーマからの関係名:ユーザー
静的なリストメンバはSalesforceと同期されないため、セカンダリIDを持ちません。
Marketo Named Account {MUNCHKIN_ID} XDMビジネスアカウント XDMビジネスアカウントの詳細 有効 accountID 基本クラスで marketo_named_account_{MUNCHKIN_ID} extSourceSystemAudit.externalID 基本クラスで salesforce_account_{SALESFORCE_ORGANIZATION_ID}
  • accountParentID (XDM Business Account Detailsフィールドグループ内)
  • タイプ:1対1
  • 参照スキーマ:Marketo Named Account {MUNCHKIN_ID}
  • 名前空間: marketo_named_account_{MUNCHKIN_ID}
Marketo アクティビティ {MUNCHKIN ID} XDM ExperienceEvent
  • Webページにアクセス
  • 新しいリード
  • リードの変換
  • リスト追加へ
  • リストから削除
  • To Opportunity
  • オポチュニティから削除
  • 入力済みのフォーム
  • リンククリック数
  • 電子メール配信
  • 開封済み電子メール
  • 電子メールがクリックされました
  • 電子メールのバウンス
  • 電子メールのバウンス(ソフト)
  • Email Unsubscribed
  • スコアの変更
  • オポチュニティの更新
  • キャンペーンの進行状況の変更
  • 個人ID
  • MarketoウェブURL
有効 personID (Person Identifierフィールドグループ) marketo_person_{MUNCHKIN_ID} なし なし 最初の関係
  • listOperations.listID field
  • タイプ:1対1
  • 参照スキーマ:Marketo Static List {MUNCHKIN_ID}
  • 名前空間: marketo_static_list_{MUNCHKIN_ID}
第2の関係
  • opportunityEvent.opportunityID field
  • タイプ:1対1
  • 参照スキーマ:Marketo Opportunity {MUNCHKIN_ID}
  • 名前空間: marketo_opportunity_{MUNCHKIN_ID}
3番目の関係
  • leadOperation.campaignProgression.campaignID field
  • タイプ:1対1
  • 参照スキーマ:Marketo Program {MUNCHKIN_ID}
  • 名前空間: marketo_program_{MUNCHKIN_ID}
Marketo Activity {MUNCHKIN_ID}スキーマの主IDはpersonIDです。これは[!DNL Marketo] Person {MUNCHKIN_ID}スキーマの主IDと同じです。

次の手順

Marketoデータをプラットフォームに接続する方法については、UIでのMarketoソースコネクタの作成に関するチュートリアルを参照してください。

このページ