B2B 名前空間とスキーマ

このドキュメントでは、B2B ソースで使用する名前空間とスキーマの基になる設定に関する情報を提供します。 このドキュメントでは、B2B 名前空間とスキーマの生成に必要な Postman 自動化ユーティリティの設定に関する詳細も説明します。

重要

次へのアクセス権が必要です: Real-time Customer Data Platform B2B エディション B2B スキーマがに参加するために リアルタイム顧客プロファイル.

B2B 名前空間とスキーマ自動生成ユーティリティの設定

B2B 名前空間とスキーマ自動生成ユーティリティを使用する最初の手順は、Platform デベロッパーコンソールを設定し、 Postman 環境。

Platform デベロッパーコンソールと Postman を設定すると、適切な環境値を Postman 環境。

次の表に、値の例と、 Postman 環境:

変数 説明
CLIENT_SECRET の生成に使用される一意の ID {ACCESS_TOKEN}. に関するチュートリアルを参照してください。 Experience PlatformAPI の認証とアクセス 」を参照してください。 {CLIENT_SECRET}. {CLIENT_SECRET}
JWT_TOKEN JSON Web トークン (JWT) は、{ACCESS_TOKEN} の生成に使用される認証資格情報です。 に関するチュートリアルを参照してください。 Experience PlatformAPI の認証とアクセス 」を参照してください。 {JWT_TOKEN}. {JWT_TOKEN}
API_KEY Experience PlatformAPI の呼び出しを認証するために使用される一意の識別子。 に関するチュートリアルを参照してください。 Experience PlatformAPI の認証とアクセス 」を参照してください。 {API_KEY}. c8d9a2f5c1e03789bd22e8efdd1bdc1b
ACCESS_TOKEN Experience PlatformAPI の呼び出しを完了するために必要な認証トークン。 に関するチュートリアルを参照してください。 Experience PlatformAPI の認証とアクセス 」を参照してください。 {ACCESS_TOKEN}. Bearer {ACCESS_TOKEN}
META_SCOPE 次に関して: Marketoの場合、この値は固定で、常に次の値に設定されます。 ent_dataservices_sdk. ent_dataservices_sdk
CONTAINER_ID この global コンテナには、すべての標準AdobeおよびExperience Platformパートナーが提供するクラス、スキーマフィールドグループ、データ型、スキーマが格納されます。 次に関して: Marketoの場合、この値は固定値で、常に global. global
PRIVATE_KEY 認証に使用する資格情報 Postman インスタンスからExperience PlatformAPI へ 開発者コンソールの設定に関するチュートリアルと 開発者コンソールの設定および Postman を参照してください。 {PRIVATE_KEY}
TECHNICAL_ACCOUNT_ID Adobe I/Oへの統合に使用する資格情報。 D42AEVJZTTJC6LZADUBVPA15@techacct.adobe.com
IMS Identity Management System(IMS) は、Adobe サービスに対する認証のフレームワークを提供します。 次に関して: Marketoの場合、この値は固定で、常に次の値に設定されます。 ims-na1.adobelogin.com. ims-na1.adobelogin.com
IMS_ORG 製品やサービスを所有またはライセンスし、そのメンバーへのアクセスを許可できる企業エンティティ。 に関するチュートリアルを参照してください。 開発者コンソールの設定および Postman を参照してください。 {IMS_ORG} 情報。 ABCEH0D9KX6A7WA7ATQE0TE@adobeOrg
SANDBOX_NAME 使用している仮想サンドボックスパーティションの名前です。 prod
TENANT_ID 作成するリソースの名前空間が適切に付けられ、IMS 組織内に含まれるようにするために使用される ID。 b2bcdpproductiontest
PLATFORM_URL API 呼び出しをおこなう URL エンドポイント。 この値は固定で、常に次の値に設定されます。 http://platform.adobe.io/. http://platform.adobe.io/

スクリプトの実行

を Postman コレクションと環境の設定時に、 Postman インターフェイス。

内 Postman インタフェースで、auto-generator ユーティリティのルートフォルダを選択し、 Run を上部のヘッダーから削除します。

root-folder

この Runner インターフェイスが表示されます。 ここから、すべてのチェックボックスが選択されていることを確認してから、「 」を選択します。 Run Namespaces and Schemas Autogeneration Utility.

ランジェネレーター

リクエストが成功すると、B2B に必要な名前空間とスキーマが作成されます。

B2B 名前空間

ID 名前空間は、 Identity Service id のコンテキストまたはタイプを区別するために役立つ 完全修飾 ID には、ID 値と名前空間が含まれます。詳しくは、 名前空間の概要 を参照してください。

B2B 名前空間は、エンティティのプライマリ ID で使用されます。

次の表に、B2B 名前空間の基になる設定に関する情報を示します。

メモ

テーブルのコンテンツをすべて表示するには、左右にスクロールしてください。

表示名 ID シンボル ID タイプ
B2B 担当者 b2b_person CROSS_DEVICE
B2B アカウント b2b_account B2B_ACCOUNT
B2B 商談 b2b_opportunity B2B_OPPORTUNITY
B2B 商談人物関係 b2b_opportunity_person_relation B2B_OPPORTUNITY_PERSON
B2B キャンペーン b2b_campaign B2B_CAMPAIGN
B2B キャンペーンメンバー b2b_campaign_member B2B_CAMPAIGN_MEMBER
B2B マーケティングリスト b2b_marketing_list B2B_MARKETING_LIST
B2B マーケティングリストメンバー b2b_marketing_list_member B2B_MARKETING_LIST_MEMBER
B2B アカウント人物関係 b2b_account_person_relation B2B_ACCOUNT_PERSON

B2B スキーマ

Experience Platform では、スキーマを使用して、一貫性のある再利用可能な方法でデータの構造を記述します。システムをまたいで一貫したデータを定義することで、意味を保有しやすくなり、データから価値を得ることができます。

データを Platform に取り込む前に、スキーマを構成して、データの構造を記述し、各フィールドに含めることができるデータの種類を制限する必要があります。スキーマは、基本クラスと 0 個以上のスキーマフィールドグループで構成されます。

デザインの原則やベストプラクティスなど、スキーマ構成モデルについて詳しくは、スキーマ構成の基本を参照してください。

次の表に、B2B スキーマの基礎となる設定に関する情報を示します。

メモ

テーブルのコンテンツをすべて表示するには、左右にスクロールしてください。

スキーマ名 基本クラス フィールドグループ Profile スキーマ内 プライマリID プライマリID 名前空間 セカンダリ セカンダリid 名前空間 関係 備考
B2B アカウント XDM ビジネスアカウント XDM ビジネスアカウントの詳細 有効 accountKey.sourceKey 基本クラスで B2B アカウント extSourceSystemAudit.externalKey.sourceKey 基本クラスで B2B アカウント
  • accountParentKey.sourceKey 「 XDM Business Account Details 」フィールドグループ
  • 宛先プロパティ: /accountKey/sourceKey
  • タイプ:1 対 1
  • 参照スキーマ:B2B アカウント
  • 名前空間:B2B アカウント
B2B 担当者 XDM 個人プロファイル
  • XDM ビジネス人物の詳細
  • XDM ビジネス人物コンポーネント
  • IdentityMap
  • 同意および環境設定の詳細
有効 b2b.personKey.sourceKey (XDM ビジネス人物詳細フィールドグループ) B2B 担当者
  1. extSourceSystemAudit.externalKey.sourceKey (XDM ビジネス人物詳細フィールドグループ)
  2. workEmail.address (XDM ビジネス人物詳細フィールドグループ)
  1. B2B 担当者
  2. メール
  • personComponents.sourceAccountKey.sourceKey (XDM ビジネス人物コンポーネントフィールドグループ)
  • タイプ:多対 1
  • 参照スキーマ:B2B アカウント
  • 名前空間:B2B アカウント
  • 宛先プロパティ:accountKey.sourceKey
  • 現在のスキーマからの関係名:アカウント
  • 参照スキーマからの関係名:人
B2B 商談 XDM ビジネスオポチュニティ XDM ビジネスオポチュニティの詳細 有効 opportunityKey.sourceKey 基本クラスで B2B 商談 extSourceSystemAudit.externalKey.sourceKey 基本クラスで B2B 商談
  • accountKey.sourceKey 基本クラスで
  • タイプ:多対 1
  • 参照スキーマ:B2B アカウント
  • 名前空間:B2B アカウント
  • 宛先プロパティ: accountKey.sourceKey
  • 現在のスキーマからの関係名:アカウント
  • 参照スキーマからの関係名:商談
B2B 商談人物関係 XDM ビジネスオポチュニティ人物関係 なし 有効 opportunityPersonKey.sourceKey 基本クラスで B2B 商談人物関係 extSourceSystemAudit.externalKey.sourceKey 基本クラスで B2B 商談人物関係 最初の関係
  • personKey.sourceKey 基本クラスで
  • タイプ:多対 1
  • 参照スキーマ:B2B 担当者
  • 名前空間:B2B 担当者
  • 宛先プロパティ:b2b.personKey.sourceKey
  • 現在のスキーマからの関係名:人物
  • 参照スキーマからの関係名:商談
2 番目の関係
  • opportunityKey.sourceKey 基本クラスで
  • タイプ:多対 1
  • 参照スキーマ:B2B 商談
  • 名前空間:B2B 商談
  • 宛先プロパティ: opportunityKey.sourceKey
  • 現在のスキーマからの関係名:商談
  • 参照スキーマからの関係名:人
B2B キャンペーン XDM ビジネスキャンペーン XDM ビジネスキャンペーンの詳細 有効 campaignKey.sourceKey 基本クラスで B2B キャンペーン extSourceSystemAudit.externalKey.sourceKey 基本クラスで B2B キャンペーン
B2B キャンペーンメンバー XDM ビジネスキャンペーンメンバー XDM ビジネスキャンペーンメンバーの詳細 有効 ccampaignMemberKey.sourceKey 基本クラスで B2B キャンペーンメンバー extSourceSystemAudit.externalKey.sourceKey 基本クラスで B2B キャンペーンメンバー 最初の関係
  • personKey.sourceKey 基本クラスで
  • タイプ:多対 1
  • 参照スキーマ:B2B 担当者
  • 名前空間:B2B 担当者
  • 宛先プロパティ: b2b.personKey.sourceKey
  • 現在のスキーマからの関係名:人物
  • 参照スキーマからの関係名:キャンペーン
2 番目の関係
  • campaignKey.sourceKey 基本クラスで
  • タイプ:多対 1
  • 参照スキーマ:B2B キャンペーン
  • 名前空間:B2B キャンペーン
  • 宛先プロパティ: campaignKey.sourceKey
  • 現在のスキーマからの関係名:Campaign
  • 参照スキーマからの関係名:人
B2B マーケティングリスト XDM ビジネスマーケティングリスト なし 有効 marketingListKey.sourceKey 基本クラスで B2B マーケティングリスト なし なし なし 静的リストはから同期されていません Salesforce したがって、セカンダリ ID を持ちません。
B2B マーケティングリストメンバー XDM ビジネスマーケティングリストメンバー なし 有効 marketingListMemberKey.sourceKey 基本クラスで B2B マーケティングリストメンバー なし なし 最初の関係
  • PersonKey.sourceKey 基本クラスで
  • タイプ:多対 1
  • 参照スキーマ:B2B 担当者
  • 名前空間:B2B 担当者
  • 宛先プロパティ: b2b.personKey.sourceKey
  • 現在のスキーマからの関係名:人物
  • 参照スキーマからの関係名:マーケティングリスト
2 番目の関係
  • marketingListKey.sourceKey 基本クラスで
  • タイプ:多対 1
  • 参照スキーマ:B2B マーケティングリスト
  • 名前空間:B2B マーケティングリスト
  • 宛先プロパティ: marketingListKey.sourceKey
  • 現在のスキーマからの関係名:マーケティングリスト
  • 参照スキーマからの関係名:人
静的リストメンバーはから同期されていません Salesforce したがって、セカンダリ ID を持ちません。
B2B アクティビティ XDM ExperienceEvent
  • Web ページにアクセス
  • 新規リード
  • リードの変換
  • リストに追加
  • リストから削除
  • 商談に追加
  • 商談から削除
  • フォーム入力済み
  • リンククリック数
  • メール配信済み
  • メール開封済み
  • メールのクリック
  • バウンスメール
  • ソフトバウンスメール
  • メール配信停止済み
  • 変更されたスコア
  • 更新された商談
  • キャンペーン進行のステータス変更済み
  • 人物識別子
  • Marketo Web URL
  • 注目のアクション
有効 personKey.sourceKey 担当者識別子フィールドグループの B2B 担当者 なし なし 最初の関係
  • listOperations.listKey.sourceKey フィールド
  • タイプ:1 対 1
  • 参照スキーマ:B2B マーケティングリスト
  • 名前空間:B2B マーケティングリスト
2 番目の関係
  • opportunityEvent.opportunityKey.sourceKey フィールド
  • タイプ:1 対 1
  • 参照スキーマ:B2B 商談
  • 名前空間:B2B 商談
第 3 の関係
  • leadOperation.campaignProgression.campaignKey.sourceKey フィールド
  • タイプ:1 対 1
  • 参照スキーマ:B2B キャンペーン
  • 名前空間:B2B キャンペーン
ExperienceEvent はエンティティとは異なります。 エクスペリエンスイベントの ID は、アクティビティを実行した人です。
B2B アカウント人物関係 XDM ビジネスアカウント人物関係 ID マップ 有効 accountPersonKey.sourceKey 基本クラスで B2B アカウント人物関係 なし なし 最初の関係
  • personKey.sourceKey 基本クラスで
  • タイプ:多対 1
  • 参照スキーマ:B2B 担当者
  • 名前空間:B2B 担当者
  • 宛先プロパティ: b2b.personKey.SourceKey
  • 現在のスキーマからの関係名:人
  • 参照スキーマからの関係名:アカウント
2 番目の関係
  • accountKey.sourceKey 基本クラスで
  • タイプ:多対 1
  • 参照スキーマ:B2B アカウント
  • 名前空間:B2B アカウント
  • 宛先プロパティ: accountKey.sourceKey
  • 現在のスキーマからの関係名:アカウント
  • 参照スキーマからの関係名:人

次の手順

次の手順で Marketo データを Platform に送信する場合は、 UI でのMarketoソースコネクタの作成.

このページ