顧客属性コネクタ

Adobe Experience Platform を使用すると、データを外部ソースから取得しながら、Platform サービスを使用して受信データの構造化、ラベル付け、拡張をおこなうことができます。アドビのアプリケーション、クラウドベースのストレージ、データベースなど、様々なソースからデータを取得することができます。

Customer Attributes 「Experience Cloud」では、顧客関係管理 (CRM) データベースから取り込んだ企業データをアップロードできます。データを Experience Cloud の顧客属性データソースにアップロードすると、そのデータを Adobe Analytics および Adobe Target で使用できます。

Experience Platformは、Customer Attributes プロファイルデータをAdobe Experience Platformに取り込む機能を提供しています。

データセットとスキーマ

Customer Attributes ソースは、宛先となるデータのデータセットを自動的に作成します。 この自動作成されたデータセットは修正されており、手動で選択することはできません。 また、入力データソースに基づいて、データセットのスキーマも自動作成されます。 このプロセスでは、スキーマとソースデータの間の必要なマッピングの自動作成も行われます。

ID

データセットのプライマリ ID は、ソースデータの CSV ファイルの最初の列に含まれます。 Customer Attributes ソースは、ID が常に CORE 名前空間 Identity Service でサポートされるシステム生成名前空間)にマッピングされていると想定します。

Customer Attributes ソースを使用する場合は、ID の既存の名前空間を選択できません。Customer Attributes は、スキーマのプライマリ ID が常に ID マップにあると仮定します。 Customer Attributes 次に、ソース ID と id マップ UUID のマッピングを自動的に作成します。

Customer Attributes データを他の Profile データセットと結び付けるには、そのデータと ID がExperience CloudID と一致する必要があります。

CORE 名前空間を設定するには、Web SDKMobile SDK または Experience CloudID サービス API を使用して、訪問者のExperience CloudID を設定します。

Customer Attributes ファイルは、他の ID 関係をさらに設定しません。 例えば、Customer Attributes ソースデータセットに EmailLoyalty ID フィールドが含まれる場合、Identity Service に処理するには、それらのフィールドをスキーマ内の ID フィールドとしてラベル付けする必要があります。

詳しくは、UI での Customer Attributes ソース接続の作成 に関するチュートリアルを参照してください。

このページ