顧客属性コネクタ

Adobe Experience Platform を使用すると、データを外部ソースから取得しながら、Platform サービスを使用して受信データの構造化、ラベル付け、拡張をおこなうことができます。アドビのアプリケーション、クラウドベースのストレージ、データベースなど、様々なソースからデータを取得することができます。

Customer Attributes 「 」Experience Cloudでは、顧客関係管理(CRM)データベースから取り込んだ企業データをアップロードできます。データをExperience Cloudの顧客属性データソースにアップロードし、Adobe AnalyticsとAdobe Targetで使用できます。

Experience Platformは、Customer AttributesプロファイルデータをAdobe Experience Platformに取り込む機能を提供しています。

データセットとスキーマ

Customer Attributesソースは、宛先となるデータのデータセットを自動的に作成します。 この自動作成されたデータセットは固定されており、手動で選択することはできません。 また、入力データソースに基づいて、データセットのスキーマも自動作成されます。 また、このプロセスでは、スキーマとソースデータの間の必要なマッピングの自動作成もおこないます。

ID

データセットのプライマリIDは、ソースデータのCSVファイルの最初の列に含まれます。 Customer Attributesソースは、IDが常にCORE名前空間Identity Serviceでサポートされるシステム生成名前空間)にマッピングされることを前提としています。

Customer Attributesソースを使用する場合、IDの既存の名前空間を選択できません。Customer Attributesは、スキーマのプライマリIDが常にIDマップにあると仮定します。 Customer Attributes 次に、ソースIDとidマップUUIDのマッピングを自動的に作成します。

Customer Attributesデータを他のProfileデータセットと結び付けるには、そのデータとIDをExperience CloudIDと照合できる必要があります。

CORE名前空間を確立するには、Web SDKMobile SDKまたはExperience CloudIDサービスAPIを使用して、訪問者のExperience CloudIDを設定します。

Customer Attributesファイルは、その他のID関係をさらに設定しません。 例えば、Customer Attributesソースデータセットに​Email​と​Loyalty ID​フィールドが含まれる場合、Identity Serviceに処理するには、それらのフィールドをスキーマ内のIDフィールドとしてラベル付けする必要があります。

詳しくは、UIでの Customer Attributes ソース接続の作成に関するチュートリアルを参照してください。

このページ